青森県黒石市で葛西りまが写っていた作品が【黒石市長賞】が取り消しになった。

 

夏祭りをテーマにした写真コンテストで入賞が決まっていた作品を取り消した理由について、波紋を呼んでいます。

 

Sponsored Link

青森県・写真コンテスト

問題の青森県の写真コンテストは、今年8月に行われた黒石市内の【黒石よされ】の夏祭りの実行委員会が発案したものです。

 

祭りの最中や関連するものを被写体に撮影された応募作品の中から、厳選して賞を贈るというものでしたが、この写真コンテストは信じられない方向へと向かいました。

 

黒石市長賞の葛西りまの写真

8月15日に行われた祭りで、葛西りまが祭りに出ていたところを見たカメラマンが、彼女の表情の明るさや楽しむ姿に惹かれて一枚の写真を撮りました。

 

それを写真コンテストに応募したところ、10月11日に黒石市長賞の入賞が内定しました。

 

しかし、この写真の被写体である葛西りまは、いじめを苦に自ら命を断っていました。

 

黒石市長は応募したカメラマンに入賞の辞退を進めて、無かったことにしようという画策をしたというのです。

 

黒石市長賞の取り消し理由

黒石市長が葛西りまの写った写真の賞を取り消しにした理由として。

 

・被写体が既に亡くなっている少女だったのが問題。

・亡くなっている少女がいじめを苦にしていたこと。

 

その様な理由から黒石市長はカメラマンに辞退を要請していたのです。

 

しかし、いじめを苦にした葛西りまと、夏祭りの写真コンテストの写真の被写体が同一人物であるだけで、二つの事柄は関係はないと感じます。

 

ならば、多くの写真コンテストの作品で亡くなった人間が被写体ならば、それは黒石市長からすると、作品にふさわしくないということになります。

 

この問題に対するネットの反応

 

 

 

この写真コンテストの入賞取り消しの理不尽さには、非常に解せないというのが大多数の様です。

 

いじめによって自らの命を断った写真にうつる葛西りまには何ら落ち度もありません。

 

この黒石市長の対応の撤回が、果たしてあるのかどうかが、今後、注目するところです。

 

追記

コメントの方、ありがとうございます。

中には情報提供もあり、いじめグループの詳細が書かれたリストもありましたが、それらの掲載は不適切と判断し、修正させてもらいました。

 

あくまで黒石市長の対応の疑問をテーマにした記事であるので、いじめグループの糾弾や特定を目的とはしていません。

 

が、個人的な感情としては、提供されたリストを公開したい気持ちになったのは事実であります。

 

追記の追記・葛西りまが写真コンテストの最高賞に!

本日(2016年10月19日)16時過ぎに黒石市は問題の葛西りまの写った写真を、写真コンテストの最高賞である【市長賞】にするという報道がありました。

 

つまり、これは黒石市長が前言を撤回したと思って、相違ないと思います。

 

個人的には最初っからそうしてろよと言いたいわけですが、これも葛西りまへの不当な扱いに心を熱くさせて声や言葉を外に出した多くの方達の力によるものです。

 

大きな権力の決定を覆すのは、やはりいつの時代も世論ということの証明にもなったと思います。

 

葛西りまちゃんの遺族の方々も、多少は救われた想いを抱いているのならば良いのですが。

 

ともかく彼女のご冥福を改めてお祈り申し上げます。

 

関連記事

↳ 高樋憲・黒石市長の写真コンテストの取り消し撤回で更なる炎上騒ぎに!

 

Sponsored Link