田村愛子さんの実名が報道される前から、
座間9人事件のキーとなっていたのが八王子23歳の女性の情報だ。

 

ツイッター上では【ひない】という名前で、
自分と同じ様な願望を持つ人間と繋がり、思いを遂げようとしていた。

 

座間9人事件の犯人である白石隆浩を突き止めたのは、
何を隠そう田村愛子さんの兄であることも分かっている。

 

ここでは田村愛子さんと彼女の兄について、
判明している情報を記していきましょうか。

 

Sponsored Link

田村愛子がツイッターひないであった

白石隆浩が接触をもっていた被害者の一人『ひない』については、
報道メディアやその詳細を突き止める以前に既にツイッター上や
2ちゃんねる内で様々な情報が錯綜していた。

 

ひない』がツイッター上で23歳の東京在住であると明かしていたことで、
座間事件の23歳の八王子の女性が犠牲になっているという
報道メディアの情報と一致。

 

そのことから、白石隆浩の手にかかった
八王子の女性が『ひない』であることが判明したのだった。

 

そして、現在、『ひない』の名前が
田村愛子さんであると報じられており、多くの人間が注目をしているという状況だ。

 

田村愛子について

田村愛子さんの小学生時代の顔写真画像

田村愛子さんは元々は山梨県在住の女性であり、
進んだ小学校は、山梨県甲州市内の小学校に在学していた。

 

小学生時代はリレーやバドミントンなどのスポーツに勤しむ活発な子であり、
ウサギなどをあやす飼育委員としての活動もしていた。

 

また鼓笛行進の副指揮者などを務めたりして、
明らかに他の生徒よりも目立っていた一面もあったという。

 

同級生は『大人しい子だったけど、話すといつも笑顔で優しかった。』と証言しているという。

 

しかし、中学生時代から不登校を繰り返すようになり、
精神を患うようになっていったという。

 

中学1年生のころに、学校内で
トラブルにあったことが切欠であるという。

 

そして引きこもり状態となり、
以降、ずっとネット上で自分の命を軽ろんじる情報発信をしていた。

 

2017年6月に田村愛子さんの母親が他界してからは、
既に独立している兄の元に頻繁に連絡してくるようになったという。

 

9月には適応障害を患ったことで、
精神疾患者などをケアして支援するホームグループに入り、
八王子市内のマンションに一人暮らしするようになった。

 

田村愛子さんをよく知る人物の証言で
(田村愛子は)悩みを周りに離さずに、ため込む性格だった。』としている。

 

心優しい性格でありながら、
人に自分の気持ちを打ち明けることが出来ない
内向的な性格であったといえる。

 

だからこそ、白石隆浩の様な男の毒牙にかかってしまったという
皮肉な顛末を辿ったという風にも思える。

 

田村愛子の兄がツイッターで事件を!

田村愛子さんは9月末には既に白石隆浩と
ツイッター上のDMなどを通して、
連絡を取り合っていたことが判明している。

画像引用:NNNニュースより 田村愛子さんと白石隆浩が行動を供にしている写真画像

行方不明になった日には、
白石隆浩と田村愛子さんが供に歩いている
写真画像が記録に残っている。

 

2017年10月23日に田村愛子さんの兄が彼女と連絡をとれなくなったことから、
兄がツイッター上で『ひない』のアカウントで必死に情報提供を呼びかけた。

スポイラーのタイトル

兄が田村愛子さんの『ひない』アカウントで必死に呼びかけたことで、
白石隆浩を知っているユーザーとコンタクトがとれたことで、
ここから事件解決に向かうことになったのだ。

 

田村愛子さんの兄は警察に妹が
行方不明になっていることを届を出すと供に、
白石隆浩の情報も警察に告げた。

 

その結果、警視庁も動き出して、
白石隆浩の自宅に踏み込むと、
そこにはとんでもない状況があったというわけだ。

 

 

田村愛子の兄は現在、沈黙を守っているが・・・

結果的には田村愛子さんを守ってやれなかった
兄の心中はいたたまれない気持ちであることは明白だ。

 

しかし、被害者は田村愛子さんだけではなく、8人の人間が他にもいる。

 

日本史上類を見ない事件の解決に尽力したのは、
間違いなく田村愛子さんの兄であることは確実である。

 

もしも、兄がツイッター上で
情報提供を呼びかけて行動しなかったとしたら、
現在も白石隆浩は犠牲者を増やし続けていたのは、想像に難くない。

 

田村愛子さんの顔写真画像の公開や、
実名報道などに関しては、おそらくは
兄の了承を得ているとは思われる。

 

さもなくば、事件の真相究明は滞るからだ。

 

こうした事実に対して、ネット上などでは
警察や報道メディアに対しての非難が集中している現在。

 

だが、事件解決の為に、勇気ある行動と
今後、暫くあらゆる声が集中していき生き辛い人生を踏む
覚悟を決めた兄の心意気は素直に賞賛に値するといえる。

 

田村愛子さんの兄の心の全てを汲むことは誰にも出来やしない。

 

だが、その行動が無ければ座間事件は
解決していなかったのは間違いがないからだ。

 

Sponsored Link