安室奈美恵を語る上で外せないのは母親の事件である。

 

犯人は安室奈美恵の叔父にあたる人物であり、事件後に自死を遂げた為に犯行動機は不明のままだ。

 

果たして安室奈美恵の母親は何故、事件の犠牲者になってしまったのか?

 

その真相を考察してみようと思う。

 

Sponsored Link

安室奈美恵の母親について

画像引用:平良恵美子・著【約束-わが娘・安室奈美恵へ-】より

安室奈美恵の母親は平良恵美子さんといい、1998年9月には扶桑社から【約束-わが娘・安室奈美恵へ-】を発刊し、大きな反響を呼んだ。

 

この著書の中で自らの生い立ちなどをつづっており、それによると安室奈美恵の祖母にあたる平良恵美子の母親・清子さんは地元・沖縄の歯科医師と結婚していた。

 

ところが子供に恵まれずにそれが原因で離婚したのだという。

 

子供が出来なかった安室奈美恵の祖母・清子さんが軍で働いていた時にイギリス人の軍人と関係を持ちできたのが、安室奈美恵の母親・平良恵美子さん。

 

沖縄・北谷町(ちゃたんちょう)で生まれた平良恵美子さんは生後間もなく、那覇へ移り住むことになる。

 

著書の中でつづられているのは、父親が白人であったことしか分からなかったという。

 

ハーフであったことから、差別されて子供の頃はかなりつらい体験をしていたという。

 

祖母の清子さんは昼間に米軍基地で働いて、夜はスナックで働くというハードワークをしながら、平良恵美子さんを育てたという。

 

そんな安室奈美恵の母親・平良恵美子さんは高校を卒業後、バス会社に就職するも途中で退職して、祖母の清子さんに内緒で上京。

 

埼玉県の工場に勤めて、1年後には沖縄出身の会社経営者の甥と結婚し、一旦、沖縄に帰郷。

 

安室恵美子となり、安室奈美恵の兄と姉、そして安室奈美恵を産んだものの、自身の生い立ちが原因で結婚生活は徐々に破綻していった。

 

離婚後、子供3人を安室奈美恵の母親・平良恵美子さんが育てることになった。

 

自身の母親である清子さんと同じ道を歩むかのように、昼間は保母さんとして働いて、夜はスナックでの仕事をし、過労になりながらも懸命に子供たちを育てた。

 

そんな状態であった若い頃も、安室奈美恵が芸能界で一躍、トップスターになったことに感激し、出版社のすすめもあって自伝的著書ともいえる【約束】を書いたのだった。

 

しかし、その半年後に、誰もが予想しなかった事件の犠牲者となった安室奈美恵の母親。

 

安室奈美恵の母親の事件の概要とは?

1999年3月17日に安室奈美恵の母親・平良恵美子さんは義理の弟によって命を奪われた。

 

事件の概要は極めて凄惨なものであり、想像を絶する程のショッキングな展開を見せていた。

 

事件現場は沖縄県国頭郡大宜味村。

 

自宅から外に出た恵美子さんと夫の辰信氏が横断歩道を渡っていた際、突然に車が突進してきた。

 

恵美子さんは車にはねられてしまい、夫の辰信氏が助けに駆け寄ったところ、車はUターンをして戻って来て、今度は夫の辰信氏がはねられてしまった。

 

ボンネットに押し上げられ地面に叩きつけられた夫の辰信氏は恵美子さんを車から引きはがそうと、近くの電柱にまで引っ張っていったという。

 

すると、車に乗っていた義理の弟が下りてきた。

 

その手にはナタが握られており、恵美子さんと辰信氏に襲い掛かって来たのだという。

 

恵美子さんは顔を中心に何度も傷つけられてしまう。

 

夫の辰信氏が落ちていた鉄パイプで応戦していたが、近所の住民や身内の人間が集まりだしてきたという。

 

義理の弟は車で現場から逃走を図り、事件から4時間後に山中で農薬を飲み自死をしていたのだ。

 

安室奈美恵の母親事件の犯人とは?

画像引用:YouTubeより

安室奈美恵の母親の命を奪った犯人は義理の弟にあたる平良謙二。

 

母親の平良恵美子さんは1993年にスナックのお客であった平良辰信氏と再婚を果たしている。

 

再婚を果たした夫の平良辰信氏の実の弟が犯人の平良謙二であり、事件の際に執拗に恵美子さんを襲っていることから、相当な恨みを持っていたと容易に推測できる。

 

しかし、何故、そこまでして安室奈美恵の母親・平良恵美子さんを恨んでいたのだろうか?

 

犯人の平良謙二が逮捕される前に自死をしている為に、真相は現在に至るまで謎であるのだが・・・。

 

安室奈美恵の母親事件の犯人の動機とは何だったのか?

事件当時、マスコミはこぞって日本女性のカリスマである安室奈美恵の親族間で起きた凄惨な事件として、大々的に報道された犯人が自死を遂げて動機が不明だったこともあり、あらゆる推測と推理を展開し、報道した。

 

それによると恵美子さん、夫の辰信氏、そして犯人の平良謙二の三角関係のもつれというゴシップや、金銭を巡るトラブルであったというものが噂された。

 

また夫の平良辰信氏の実家に当時は移り住んでいた恵美子さんは、血縁や土地柄で固まった周囲から白い目で見られていたとも囁かれていた。

 

夫婦喧嘩も実は激しく、パトカーが駆けつけることもあったという証言も出ていたのだという。

 

ところが後にそんなマスコミや芸能通の噂を覆す証言が、夫の平良辰信氏からもたらされたのだ。

 

安室奈美恵の母親事件の真相とは?

実は安室奈美恵の母親・平良恵美子さんと夫の平良辰信氏は、犯人と変貌を遂げる平良謙二の結婚を反対していたのだという。

 

その結果、平良謙二が交際していた恋人は離れていき、交際関係は破綻したという。

弟には結婚したい相手がいた。

私と恵美子が反対していた。

その女性(平良謙二の恋人)は身をひいてしまった。

その恨みかも知れない。

引用:平良辰信氏の証言

他にも副次的な原因というものがあったとは思われるが、おそらくこれが大きな動機の一つとして間違いないのではないだろうか?

 

沖縄の古くからの風習が残る村社会の中で、長男夫婦に結婚を反対されて、自身が愛した恋人は安室奈美恵の影響も間接的にあり、自ら離れていった。

 

愛する女性とそんな理由で離れなければならなかったことに、激しい怒りを覚えた矢先が安室奈美恵の母親と兄の辰信氏に向けられた?

 

ありとあらゆる憶測が現在でも飛び交っているのは致し方が無い。

 

何故なら、犯人の平良謙二は既にこの世にいないからだ。

 

だが、最も近しきところにいた兄の証言はどんなものよりも信憑性があるといえる。

 

安室奈美恵の母親の事件のその後に・・・

画像引用:yahoo.co.jp

安室奈美恵は母親の事件後には大きな悲しみに包まれ、一時は活動休止すると囁かれていたものの、当時の旦那であるSAMやファンなどに支えられて、事件から僅か12日後にはテレビに出演。

 

引退を真剣に考えていたと後に語っており、自身が歌う曲にも助けられたと語っている。

画像引用:adnews

事件のその後、母親を忘れない為にも左腕に大きなタトゥーを入れた安室奈美恵。

 

そのタトゥーには以下の様な文言が書かれているという。

JUN.30 in 1950
my mother’s love live with me
Eternally in my heart
R.I.P
rest in peace
MAR.17 in 1999

訳すと、
1950年6月30日(母親・平良恵美子さんの誕生日)
母の愛は私と一緒に生きている
私の心の中で永遠に
安らかに眠れ
1999年3月17日(母親・平良恵美子さんの命日)

現在はこの母親を想う安室奈美恵が施した左腕のタトゥーは消えかかっている。

 

それは自分も母親となり、未来に向けて生きているためであると思われる。

 

残すにはあまりにも辛い過去である。

 

例え愛している母親であっても、自分自身は愛する息子と自分の人生の為に、過去を忘れて決断をするというのは、理由はどうあれ素晴らしいことであると感じる。

 

安室奈美恵の母親の事件はあまりにも悲惨すぎる。

 

だからこそ、現在の安室奈美恵は絶対に幸せにならなければいけない。

 

そのためにはそんな過去もタトゥーともに徐々に薄れさせなければならない。

 

そう思うが、いかがだろう。

 

Sponsored Link