三原じゅん子は現在、参議院議員であり、各種メディアにも登場している。

 

昔は元タレントとして、様々な活動を行ってきたが、その中にはヘアーヌドなどを露わにして、女性を売りにしていたこともあった。

 

若い頃は波瀾万丈であった三原じゅん子の道程などを紐解いてみよう。

 

Sponsored Link

三原じゅん子のヘアーヌドについて

ちなみにヘアーヌドという言葉は厳密にいえば無いが、業の深い男性はその意味を理解するのは容易い。

 

これについては現在、政治家として活動している三原じゅん子にとっては、黒歴史と言えるのかも知れない。

 

1994年・写真家の荒木経惟の撮影により出版されたヘアーヌド写真集【Junco】がそれだ。

 

当時、30歳の三原じゅん子はタレントとしての人気が低迷していた時期であった。

 

この頃は人気絶頂時代からは峠が過ぎており、芸能活動からカーレーサーに転身し、レーサーの松永雅博と結婚していた。

 

そんな間に俗にいうヘアーヌド写真集が書籍部門のヒットコンテンツとして、ブームになってきていた時期であった。

 

大体、こういった写真集のモデルに白羽の矢が立つのは、昔、売れていたが人気が下がっている女優やアイドルだ。

 

三原じゅん子は当時、この話をうけて、ヘアーヌドを晒したということであろう。

 

三原じゅん子のヘアーヌド画像は?

問題の三原じゅん子のヘアーヌド写真集は、現在は廃盤になっているようだ。

 

だが、中古本などでは流通しているので、入手は比較的しやすいものと言える。

 

画像などはここでは掲載は控えるが、三原じゅん子に所定のキーワードを入れることによって、割とすぐに検索ベースにひっかかる。

 

現在、八紘一宇の精神で政治活動を凛々しく行っている三原じゅん子とは別の妖艶な印象の若い頃の様子が、画像などからは醸し出されている。

 

興味のある方は、別の意味で検索をかけてみるとよいだろう。

 

筆者は特に興味は無いが。

 

三原じゅん子のヘアーヌドのギャラは?

こういった話題になると、必ず語られるのがギャラの話である。

 

当然、三原じゅん子がこの時のギャラはいくらだったのか?という下世話な真実を公表していないので、正確な額は不明だ。

 

しかし、元女優やアイドルのヘアーヌド写真集などのギャラというのは、当時の人気などによる。

 

そして時期だ。

 

例えば有名な話であると、杉本彩は1990年代のヘアーヌドブームの際に写真集を出している。

 

その時には杉本彩はギャラは1億円を手にしていると告白しているのは有名な話だ。

 

宮沢りえや樋口可南子、菅野美穂なども写真集を出しているが、こちらもブーム全盛のころだったので少なくとも数千万、億のギャラを手にしていると思われる。

 

だが、これも2000年代に入ると、ギャラの額は落ちる。

 

そもそもヘアーヌド写真集がブームと比べて売れなくなってしまっているからだ。

 

2016年に元SDNの手束真知子が出した写真集のギャラは、たったの200万円。

 

タレントの平塚千瑛に至っては、写真集のギャラは更に酷い47万円であったと明かしている。

 

おそらくは三原じゅん子の時は、写真集ブームの全盛であった為に、少なくとも数千万円のギャラは手にしていると思われるが・・・。

 

おわりに

三原じゅん子のヘアーヌドという検索キーワードには、失笑をしてしまった。

 

が、現在の三原じゅん子しか知らない世代の業の深い男性たちにとっては、そんな下世話な過去の黒歴史も興味がある証拠でもある。

 

1990年代は脱がせ屋という業界人も大手を振って活動していた時期であり、それだけヘアーヌドに携わると出演者も関係者も儲かった時代なのだ。

 

ある意味、良い時代であったのかも知れないが、現在はそうではない。

 

今は三原じゅん子は政治家となり、全く当時のスタイルとは違う凛々しい女性として日本を背負う一人となっている。

 

だが、過去にはそういう黒歴史といってもいい道程も踏んでいるということだ。

 

まあ、人間というのは良いことばかりだけでは生きていけないということを、証明しているかのようだ。

 

そう感じずにはいられない。

 

Sponsored Link