畑中邦夫のFacebook(顔写真画像)と経歴! 逮捕された楽天社員はエリート!

畑中邦夫は楽天の社員であり、[br num=”1″]そのFacebookも現在、特定されている。

 

逮捕された容疑は海外から[br num=”1″]日本に覚せい剤を密輸した容疑である。

 

判明している事実として、[br num=”1″]畑中邦夫は実はエリート街道を[br num=”1″]ひた走ってきたということだ。

 

畑中邦夫のFacebook


畑中邦夫はFacebook上に[br num=”1″]アップロードされている顔写真画像を見る限り、[br num=”1″]非常に爽やかな青年と感じ、健康的で[br num=”1″]とても覚せい剤をしているとは思えない。

 

Facebookも友達は400人オーバーであり、[br num=”1″]非常にコミュニケーション能力に[br num=”1″]長けた人物であったことが伺える。

 

2017年1月9日を最後に[br num=”1″]タイムライン上の更新はないものの、[br num=”1″]決して死んでいるアカウントではない。

 

事件の犯人がFacebookを行っていることは、[br num=”1″]非常に多いが、殆どが更新が過去に停止して[br num=”1″]放置されている所謂、死に垢である場合が多数。

 

それに比べれば、畑中邦夫のFacebookは[br num=”1″]マイペースながらも、しっかりと更新はしていたと見て取れる。

 

畑中邦夫の経歴やプロフィール

【名前】 畑中邦夫

【生年】 1978年

【年齢】 39歳

【出身地】 和歌山県

【所属】 楽天・トラベル事業

【学歴】 学習院大学

畑中邦夫のFacebookには[br num=”1″]詳しい生年月日などは掲載されていないものの、[br num=”1″]Facebookのタイムライン上から、[br num=”1″]およその経歴やプロフィールは判別可能。

 

同姓同名のユーザーもいるのだが、[br num=”1″]2015年から多摩市に引っ越しとなっており、[br num=”1″]事件の報道で明らかになった逮捕された畑中邦夫の情報と合致。

 

元々、幼少の頃から引っ越しが数多く、[br num=”1″]どうやら親は転勤族であった可能性が高い。

 

畑中邦夫もその影響からか、[br num=”1″]楽天に勤める以前は【Peach Aviation】という[br num=”1″]格安でサービスを提供している航空会社に就職している。

 

そこでも現在、楽天で就いている営業職と[br num=”1″]似ている仕事をしていたようで、この会社には[br num=”1″]3年近く在職した後に、楽天の社員に転職した様子。

 

[sp] [ad#co-1] [/sp]

畑中邦夫は学習院大学を出たエリート

畑中邦夫の経歴などで目を見張るものは、[br num=”1″]やはりエリートが集う学校として名高い学習院大学を卒業していることだ。

 

それが何故、覚せい剤を密輸するなどという、[br num=”1″]これまでのキャリアを自ら崩壊させるに至ったのだろうか?

 

皆目、見当がつかない。

 

Facebookの投稿でも、空港からの写真画像撮影が多いのが目立つ。

 

海外へ出張したりしている中で、[br num=”1″]薬の魅力にハマってしまったのであろうか?

 

おわりに

畑中邦夫は楽天社員であり、[br num=”1″]エリートであることが、この度の事件報道で明らかなっている。

 

エリートだからとか不良だからとかで、[br num=”1″]一概に犯罪を語れるものではないと感じるところだが、[br num=”1″]それにしては意外性がありすぎて驚くばかりだ。

インターネット通販大手「楽天」の社員の男が、末端価格830万円相当の覚醒剤を密輸しようとしたとして逮捕された。

 覚せい剤取締法違反などの疑いで逮捕されたのは「楽天」社員で、トラベル事業を担当する畑中邦夫容疑者(39)。警視庁によると畑中容疑者は20日未明、羽田空港で、覚醒剤約118グラム末端価格830万円相当をズボンの裾やリュックサックに隠して、台湾から密輸しようとした疑いが持たれている。

 調べに対し、畑中容疑者は「身に覚えがない」と容疑を否認しているということだが、自宅からはガラスパイプなどが大量に見つかったという。

 畑中容疑者は、これまでに143回台湾に行っており、警視庁は、覚醒剤の売人として自ら密輸を繰り返していたとみて調べている。

引用:NTVニュースより

 

error: Content is protected !!