座間事件の白石隆浩が逮捕される
切欠となった八王子の23歳の女性の実名がついに公開。

 

田村愛子さんという女性であり、
ついに警察や報道メディアから顔写真画像などが
発表されて物議を醸しだしている。

 

だが、これに対して多くのネットユーザーなどから、
猛烈な批判を受けている現状があるのだった・・・。

 

Sponsored Link

田村愛子・八王子の被害者の顔写真画像

画像引用:FNNニュースより

田村愛子さんは白石隆浩が命を奪った被害者の女性だ。

 

ツイッターでは【ひない】というハンドルネームで情報発信していたが、
八王子の行方不明女性の名前と顔写真画像が公開。

 

報道メディアはこぞって
実名の田村愛子という名前や彼女の顔写真画像、詳細を報じている。

 

田村愛子さんが【ひない】という
ツイッターユーザーであったのは判明している。

 

詳しくは下記の別記事にて
記してあるので、閲覧して頂くとよろしい。

↪ 白石隆浩の父親が彼女の存在を! 『ひない』が八王子23歳の女性であった…

 

白石隆浩を追い詰めて、
事件を発覚させた真の功労者は、田村愛子さんの兄といって過言ではない。

 

そんな兄は果たして現在の報道メディアなどの
在り方にどう感じているのだろうか?

 

田村愛子の兄と実名報道に対しての反応がヤバい

画像引用:FNNニュースより

田村愛子さんの公開された顔写真画像をみると、
大人しそうで真面目そうな雰囲気のある女性である。

 

精神を病んで自ら命を断つことを
仄めかしていた彼女の唯一の支えとなっていたのが、
兄の存在である。

 

が、八王子で行方不明になってから、
田村愛子さんの行方を懸命に呼びかけていたのがその兄であった。

 

そして、白石隆浩を突き止めて、
警察に行方不明届と情報提供をして、
容疑者特定と事件の概要を突き止める切欠となった人物だ。

 

だが、現在の警察や報道の在り方に対しては、
田村愛子さんの兄は決して納得をしていないはずだ。

 

兄は田村愛子さんを世間の好奇の目に晒す為に、
ツイッター上で妹への想いを呼びかけて、
情報収集をしていたわけでもない。

 

しかし、警察にしろ報道メディアにしろ、
事件の全貌を明らかにするためには、こうした被害者の情報を
公開せざる得ない状況に差し迫っていたということか。

 

と、いうのも被害者の詳細を隠した状態では、
多くの情報収集が出来ないという新たな問題が出てくるものだ。

 

決して田村愛子さんの兄は納得はいっていないが、
既に遺族の気持ちでどうにかなる問題でも
なくなってきているという状況があるようだ。

 

田村愛子の他の被害者の情報も・・・

田村愛子さん以外の他の
被害者の情報も徐々に明るみになっている。

 

白石隆浩に命を奪われた人間は全部で9人。

 

福島県の17歳の女子高生

・群馬県の15歳の女子高生

・さいたま市の17歳の女子高生

・所沢市の19歳の女性大生

・神奈川県の23歳の一般女性

 

そして、1人男性が交っていたが、
これはカップルで白石隆浩の手にかかってしまったケース。

 

・神奈川県の20歳代のカップル(女性と男性)

・現在、特定情報がない女性

・八王子の23歳・田村愛子さん

 

いずれは、田村愛子さんの他の8名の
被害者の情報も白日の元に晒されるだろう。

↪ 白石隆浩の被害者の画像! 全て身元判明し更なる新情報が!

 

八王子の田村愛子さんに対してのネットの反応とは?

田村愛子さんの顔写真画像や
名前が報道されたことに対しての
ネットの反応は非常に厳しいものがある。

 

 

こうゆうのっていきなり名前公表して良いものなの?ご家族に確認済み?報道の自由? とか言いながら自分も拡散してる1人だけど…

 

この事件の被害者の名前や写真は被害者やその家族のプライバシーを無視しているように思うのは私だけなのかしら?

 

 

写真も名前も公開する必要ないのではないかと思います。

 

被害者の名前を公表する理由

 

報道理由はなぜ?最低!

この様な反応に満ち溢れている。

 

残念ながらこれまでにも多くの凶悪事件においては、
加害者よりも事件内容によっては被害者の方に
注目が集まってしまうことも多々ある。

 

警察も事件の真相などを究明するためには、
敢えて被害者の情報を公開して、
より詳しい背後関係などを洗い出さなければならないのだ。

 

しかし、その結果、多くの世間の
好奇の目に晒されてしまうのが、被害者の遺族や関係者であるだろう。

 

結局、この矛盾を埋めることは
今後も出来ないものと思われる。

 

そして更に、こうした人々の注目を集めるものを追うことによって、
マスコミや出版業界などはお金に繋がるという事情もあるのだ。

 

田村愛子さんや、その兄も例外にもれずに、
そうした状態に現在は陥っているといえよう。

 

八王子の行方不明で白石隆浩の手にかかった田村愛子さんは、
死してもなおこうやって注目されてしまう現状を
作り出してしまったのは悲劇という他ないといえる。

 

Sponsored Link