講談社の朴鐘顕(パクチョンヒョン)と、
嫁との間に何があったのかについて、
新事実が明るみになっている。

 

講談社編集次長等のプロフィールも明らかになっているが、
講談社はそれには一部、誤りがあることを発表している。

 

嫁の画像もテレビで既に公開されているので、それも供に見ていこう。

 

Sponsored Link

朴鐘顕と嫁には以前から亀裂が・・・

朴鐘顕の嫁・朴佳菜子の画像

未だに容疑を否認している朴鐘顕。

 

しかし、嫁との関係については
捜査官に内情を供述していることが明らかになっている。

 

嫁の佳菜子は事件前には、
朴鐘顕に子育てについての不満を漏らしていたのだという。

4人の子どもの面倒をみるのが大変だ

自分のことが出来ない

と、いうメールをもらっていたこともあった。

 

そして、更に逮捕報道から一夜明けて、
明らかになった驚くべき情報がある。

 

朴鐘顕と嫁は以前に育児について
夫婦喧嘩を度々、起こしていたことが分かった。

 

嫁の佳菜子は口論の際には、朴鐘顕に頬を
平手打ちされたことを、周囲の人間に話している。

 

家庭内では朴鐘顕は嫁の佳菜子に
頭が上がらないという情報もあったのだが、
これは前に明るみになった情報を覆すかの様な新事実である。

 

さらに警視庁が公開した事件に関連する事柄については、
朴鐘顕が嫁にヘッドロックをしていたということ。

 

そして、自宅のベッドからは嫁が失禁した際に、
付着したと思われる尿が検出されたという。

 

上記の事から、以下の様な見解が浮かび上がる。

 

事件当時、朴鐘顕と嫁の佳菜子は、
子供4人の子育てに関して夫婦喧嘩となる。

 

はじめは口論だけだったものの、
次第に喧嘩はエキサイトして、
朴鐘顕は嫁を寝室のベッドでヘッドロックをする行為に及ぶ。

 

その際に嫁の佳菜子は窒息、失禁をして絶命。

 

朴鐘顕は犯行を隠蔽しようと、
嫁の佳菜子を階段下まで移動させたものと思われる。

 

朴鐘顕のプロフィールと画像

朴鐘顕とその家族の画像

朴鐘顕の詳しい情報がマスコミなどから、
明らかにされているので、まとめてみよう。

 

名前:朴鐘顕(パク・チョンヒョン)

国籍:韓国

生誕:1976年生まれ

年齢:41歳

学歴:京都大学法学部 卒業

所属:講談社

役職:編集次長

家族:嫁・佳菜子 38歳の専業主婦と子供4人(全て女児)

 

講談社側からマスコミに一部、報道の誤りがあるという
指摘されていることが明らかになっている。

 

それは大人気漫画である【進撃の巨人】の立ち上げを
担当したと報じられているが、これが誤りであるということ。

 

【別冊少年マガジン】の創刊を手掛けたのであって、
進撃の巨人を担当したことはないそうだ。

 

おわりに

朴鐘顕と嫁との間には育児を巡るトラブルがあり、
それが事件の動機に繋がったことは、ほぼ間違いがなさそうだ。

 

嫁が亡くなっている今となっては証明しようがないことだが、
もしかしたら嫁は育児のストレスで精神を病んでいた可能性も捨てがたい。

 

画像などを見る限りは、
どこにでもいる幸せそうな夫婦に見えるが、
非常に痛ましい事件である。

 

Sponsored Link