尾崎豊の嫁・繁美の現在、かかっている疑惑を報じたのはフライデーだった。

 

それによると南米・ガーナの金塊に関わる詐欺行為に加担しているという内容だ。

 

現在の尾崎豊の嫁の画像と供に、証拠画像もみていこう。

 

Sponsored Link

尾崎豊の嫁について

尾崎豊は26歳という若さで謎の変死を遂げた伝説のシンガーだ。

 

尾崎豊は今回、フライデーに詐欺疑惑を報じられている繁美とは1988年5月に結婚。

 

1992年に尾崎豊が無くなった後は、息子の尾崎裕哉を連れて、アメリカへと渡った。

 

1998年には尾崎豊との思い出を赤裸々につづった【親愛なる遥いあなたへ・尾崎豊と分け合った日々】を出版し、話題を呼んだ。

 

尾崎繁美の現在は?

尾崎豊の嫁・繁美は現在は49歳であり、職業は芸能事務所の代表取締役を務めている。

 

尾崎豊が非業の死を遂げる前に建てた【アイソトープ】のトップである。

 

が、しかし芸能事務所【アイソトープ】は既に事務所自体は無いと言われており、Web上にサイトがあるだけのようだ。

 

尾崎豊の著作物の管理と関連する物品の販売などの為に存在している会社であるだろう。

 

息子の尾崎裕哉は別芸能事務所に所属していることからも、尾崎繁美が代表を務める事務所には所属タレントなどはいない様だ。

フライデーが尾崎豊の嫁の詐欺疑惑を暴露!


尾崎豊の嫁・繁美は、かつてガーナの金採掘事業に投資をしていたという。

 

尾崎繁美は知り合いにも声をかけて、投資を募ったという。

被害者『あの尾崎豊さんの奥様が言うなら、と信用したんです。』

引用:フライデー 3月31日号より

投資の配当金は途中から支払われることなく、関係者とは連絡がつかない状況に追いやられた被害者。

 

フライデーはかつて【ガーナゴールド詐欺】を取り上げている。

 

この詐欺騒動は実業家のXという男が、ガーナ共和国から質の良い金が沢山とれると吹いて、各地の資産家から10億円以上もの金を集めながらも、配当金を支払わないという問題。

 

そして、この詐欺の仲介役に一枚かんでいるのが尾崎豊の嫁の繁美であるというのだ。

 

また尾崎繁美自身も仲介手数料なる金を出資者から受け取っているということも報じている。

 

尾崎繁美の仲介を受けて投資した被害者は、元締めであるXたちを訴えようとしたそうだが

騒げば騒ぐだけ金は返ってこないよ。

と、開き直って諭されたのだという。

 

フライデーは尾崎繁美にこの詐欺疑惑に対する回答を求めたが、投資の案件に関わっていたことは認めたそうだが、仲介手数料をとったことについては否定。

 

ガーナゴールド詐欺の被害者たちは会の設立をし、告訴を検討しているのだという。

 

おわりに

尾崎豊の嫁の繁美の現在には、とんでもない国際的詐欺疑惑があることがフライデーの報道で明らかになった。

 

こういった詐欺事件の立件は難しいし、非常に時間がかかると思われるが、全国で10億もの損害が出ているならば、警察も動かないわけにはいかない。

 

しかし、尾崎繁美もまたこのガーナゴールド詐欺に投資してしまった一人の被害者でもある。

 

もしかしたら、この騒動は大きな波紋を呼ぶことになるのかも知れない。

 

Sponsored Link