大矢誠は個人的には
許し難い罪をおかした凶悪犯罪者である。

 

埼玉で税理士事務所を経営し、
家族と子供もいる健全な男性であったが裏では、
無残でおぞましい鬼畜な所業を行っていた。

 

その犯行が露見し、
逮捕された大矢誠に実刑を求める署名は
何と9万筆以上にものぼった。

 

大矢誠が何をしたかを出来るだけ伏せながら、
現在、明かされた内情を見ていこう。

 

Sponsored Link

大矢誠について

画像引用:search.yahoo.co.jp/

大矢誠は埼玉県さいたま市で
税理士事務所を経営している税理士。

 

2017年8月27日に警視庁保安課に
動物愛護法違反の罪で逮捕されたが、
その内容は恐ろしくも卑劣である。

 

野良猫を捉えて13匹の猫を虐待し、
6匹の命を残忍な方法で奪い、
更にはその模様をビデオ撮影し、
インターネット上で公開していたのだ。

 

猫を虐待した現場は大矢誠の母親の実家であり、
現在は空き家になっていた住居であったという。

 

そんな大矢誠であるが、
元々は川越税務署に20年以上勤めていた男であり、
税理士になってから退官し、
現在の税理士事務所を引き継いだ。

 

クライアントには上から目線であったものの、
仕事ぶりは細かくまじめであり、トラブルもなかったという。

 

しかし、2007年頃に納税者の留守中に
勝手に敷地内に入り、税務調査をしたのだという。

 

その際、トラブルになり、
その様子を携帯電話のカメラで撮影していたというのだ。

 

当時から、どこか捉えどころのない
非情な部分を垣間見せていたといえる。

 

大矢誠の家族や子供や住所付近の声とは?

大矢誠はさいたま市に在住しており、
近所の人間からは、それなりに評判は良かったようである。

マンションの組合の役員をしたり、お子さんとサッカーをしたり、家族思いの普通のおじさんという印象でした。

引用:週刊女性 2017年10月17日号

要するにどこにでもいる
普通の家族の主であるということであり、
特に目立った様子はなかったということだ。

 

しかし、住民からはこんな証言も出ているのだ。

夏ごろでしたか、野良猫が毒を飲まされて死んだんです。

近所の人が飼うネコも行方不明になったり、近くの団地でも野良猫の数が、はっきりわかる感じでへっていました。

引用:週刊女性 2017年10月17日号

これらが大矢誠の仕業とは断定は出来ないものの、
限りなく疑わしい人物は言うまでもないだろう。

 

大矢誠に署名運動が起きている現在・・・

大矢誠は逮捕後の供述では、
以下の様にこたえている。

猫は糞尿が臭く、爪で壁などを傷つけるので、有害動物の駆除をしただけ。

法律違反ではない。

しかし、それは大矢誠の仕事ではなく、保健所の仕事である。

 

有害動物の駆除であるならば、
何故、ネコを虐待して命を奪う模様を撮影し、
インターネット上に公開するのかが疑問である。

 

大矢誠は現在は既に釈放されている。

 

動物愛護法の罰則は2年以下の懲役、
もしくは、200万円以下の罰金である。

 

しかし、こうした卑劣な犯罪が
罰金だけで済んでしまう現状に、
憤慨した人物がインターネット署名の活動をおこなっている。

 

大矢誠に関して言えば、
9月末現在は93,000筆を超える署名があつまっており、
署名活動をしている有志の弁によると

初公判に向けて10慢人分の署名を提出したいと思っています。

難しいかもしれませんが、実刑になれば、他の虐待への抑止力になります。

猫を虐待し、その動画で盛り上がるのは、異常です。

心の闇が広がっているように思います。

猫が嫌い、苦手だからと言っても虐待していいわけではない。

被告には一生かけて償ってほしい。

可愛がれとはいいません、罪の深さを考えてほしい。

引用:週刊女性 2017年10月17日号

全くもってその通りである。

 

ちなみに大矢誠の税理士事務所には批判が相次いでいる。

 

保釈された後の世論や周囲の状況を見た
大矢誠は撤退するという言葉がでたのだそうだ。

 

おわりに

大矢誠は実際には税理士事務所を経営しており、
家族や子供もいる、立派な社会人であった。

 

しかし、その裏では卑劣な犯罪をしていたということであり、
個人的にもこうした弱い存在を欲望の為に蹂躙するものは、
例え対象が人ではなくても厳罰に処されるべきであると感じる。

 

人でなければいい、それは動物だから、
猫だからという価値観が理解不可能。

 

動物虐待は最も憎むべき犯罪の一つであると感じるし、
この事件を知った現在、筆者も積極的に
署名運動には参加したいと思うのであった。

 

Sponsored Link