籠池泰典が韓国人であると、もっぱらネットでは持ちきりの様子。

 

森友学園の創始者・森友寛と知り合い、娘婿となった経歴を持ったことで日本の国籍を得たという見解が強い。

 

証人喚問の余りある嘘だらけと思われても仕方がない証言が、そんな噂の拡散を更に強いものにしている様だが・・・。

 

Sponsored Link

籠池泰典が韓国人である理由は何か?

籠池泰典が何故、韓国人であると囁かれているのかを見ていこう。

 

まずはその通名の多さである。

 

現在の報道では『籠池泰典』と伝えられる名前だが、以前、森友学園の不祥事が明らかになった時に、理事長を指す名前は『籠池康博』となっていた。

 

籠池泰典として現在、認知されている理由は、森友学園理事長として使っている名前がそれにあたるからなのだろう。

 

そして以前に籠池泰典の嫁が起こした逮捕一歩寸前であった小学生への暴行事件。

 

事件の影響で運営していた【開成幼稚園】は閉園となり、事件の当事者である嫁の籠池真美は籠池諄子となった。

 

そして、当時、籠池泰典は『籠池靖憲』と名乗っていたのだ。

 

開成幼稚園の閉園の後に、現在の通名の籠池泰典として再び幼稚園運営に乗り出したのだ。

 

在日韓国人の一部がよく通名を使用することは知られている。

 

それは差別や名前で能力や人柄などを判断されたくない、昭和の負の遺産から来るものである。

 

籠池泰典が本当に日本人ならば、これだけ沢山の名前を何故、使う必要があるのだろうか?

 

籠池泰典が韓国人である理由は娘婿になり国籍を得たから?

ネットなどでよく言われているのが、籠池泰典や籠池泰典の息子である佳茂の顔が、朝鮮・韓国顔であるという評判だ。

 

切れ長の目と面長の顔、自己主張の激しさやプライドの高さなどは、確かに特徴には当て嵌まっている様子。

 

これまでの記者会見や、証人喚問の際にもそれらは感じられるが、現在のところ確かめる術は見当たらない。

 

が、かつて奈良県庁に勤めていた時の現・籠池泰典の本名は一体、なんという名前だったのだろうか?

 

これが謎であり、娘婿になったおかげで日本の国籍を得たのではないのか?と、いう見解も成り立つが、これを確かめる術も現在はないのだろう。

 

あくまで本人の記憶と証言でしか、これは証明することが出来ないわけだが・・・。

籠池泰典の証人喚問は嘘に塗り固められている?!

籠池泰典の証人喚問は非常に物議を醸しだしている。

 

これがもしも真実であれば、日本の歴史に残る大スキャンダルとなるのであろうが、信憑性に欠ける。

 

あまりにも名前を出した政治家が多数に及び、名指しで挙げられた政治家の全てが事実と異なるときっぱり解答。

 

証人喚問の際に宣誓した上で、嘘をいってしまえば偽証罪として逮捕される。

 

その点を踏まえた上で、籠池泰典の証言の確認の全てが急がれるところだ。

 

証人喚問の映像などを見て、多くの視聴者の反応も籠池泰典が嘘を言っているという見方を強めているようだ。

 

学校も運営が出来なくなり、森友学園の運営活動の際に知った政治家や役人の名前をぶち撒けて、道連れを狙っているというコメントもあった。

 

このまま行くと、偽証罪で逮捕される可能性が濃厚だが、果たして・・・。

 

おわりに

籠池泰典が韓国人っぽいとか、事実上、娘婿となったことで、本当の国籍が何処なのか?と、疑う人々が多いのが印象的だ。

 

もしも、これまでクリーンな運営活動をしていれば、この様なことにはならないと感じる。

 

また、肝心要の質疑応答の際には刑事訴追の可能性があるので・・・といい証言を控える始末。

 

まるでかつて耐震偽装疑惑でしどろみどろとなったヒューザー・小嶋代表の証人喚問の様であったので、懐かしくなってしまったが・・・。

 

しかし、四面楚歌状態の質疑応答の最中で、周りの敵意剥き出しにしている政治家連中を笑わせる程のトークは、さすがに豪胆であると感じたが。

 

だからこそ、嘘を平気でつけると言えなくもないが・・・。

 

これだけ大きな騒動になっていることだから、いずれは確実に真実が明るみになる時は来るだろう。

 

Sponsored Link