磯田道史といえば、歴史学者として知られており、
各メディアでもその知性を余すところなく披露している有名人。

 

顔からして女性にはとんと疎そうな印象が見受けられるが、
しっかりと結婚もしており、嫁とも良好な関係を築いているそうだ。

 

そんな磯田道史の嫁と、首を傾げてしまう様なエピソードを見ていこう。

 

Sponsored Link

磯田道史について

【名前】 磯田道史

【出身地】 岡山県岡山市

【生年月日】 1970年12月24日

【年齢】 46歳

【星座】 やぎ座

【最終学歴】 慶応義塾大学・文学部史学科

【所属】 茨城大学、国際日本文化研究センター

【役職】 准教授

【職業】 歴史学者、講師、作家など

【著書】 武士の家計簿、日本人の叡智など

 

幼少のころから大の歴史好き。

 

高校生の頃には、歴史好きが高じて、
地元の岡山県図書館の古文書を解読する。

 

高校卒業後は京都府立大学に
進学するも、途中で慶応義塾大学へ進学した。

 

2002年に慶応大学院文学研究科の博士課程を修了した。

 

その後は茨城大学で准教授、
国際日本文化研究センターの准教授などに就き、
新聞社や出版社の委員を務めている。

 

非常に多彩な職歴であるが、磯田道史を有名にしたのは、
博士時代に書き上げた、2003年の新潮新書から出版された【武士の家計簿】だ。

 

2010年に映画化されたことで、
その著者として歴史ミステリー番組などで司会として
起用される様になったことから、知名度を一気に高めた。

 

磯田道史の結婚について

磯田道史は前述した通り、日本の歴史の研究に人生を捧げてきた。

 

テレビを見ても、どこか垢ぬけていない感じのしゃべり方と、
その表情などはお世辞にも成功者とはいえ、女性の影が薄い様に感じる。

 

そんな磯田道史は独身であっても、
おかしくはないと感じる方々も多いと思うが、
実は既婚者であり、しっかりと結婚している様だ。

 

結婚の詳細は公になっていないので、
あくまで噂をまとめてみると、なんでも30歳半ばの時に結婚をしている様だ。

 

そして、結婚相手の嫁こそが、
磯田道史の初体験の女性であったそうだが、
次は奥さんについての噂を見ていこう。

磯田道史の嫁について

磯田道史は35歳の時に
女性と初めて結ばれた体験をしていると言われている。

 

そして、その女性こそが現在の嫁であり、
馴れ初めはとあるギャラリーで一目惚れをし、
猛アタックをかけたのだという。

 

今までは歴史研究が自身の恋人とも言わんばかりの人生を歩んできた磯田道史が、
初めて女性にエネルギーと時間を費やしたということは、
確実に運命の人であると感じたに違いない。

 

頭のてっぺんから、爪先まで電流が走る感覚があったのだろう。

 

前述したが、とても女性にモテるタイプには
到底、思えない磯田道史の猛アタックを受け入れた嫁は
噂によると、非常に美しい女性であると囁かれている。

 

男は顔じゃない、ファッションじゃない、
頭脳とハートと仕事だけで、いい女性と
結婚出来ることを、体現化したと言ってもいい。

 

おわりに

磯田道史はがむしゃらに歴史を
追い続けてきた堅物であると言ってもいいだろう。

 

好きこそものの上手なれで、
歴史を紐解くことが現在の収入や立場を安定させているということで、
素晴らしい人生を送っているに違いない。

 

そして、そんな人生を陰でひっそりと支えている嫁は、
毎日、輝いてライフワークに勤しんでいる磯田道史の魂に
心酔しているのではないかと感じる。

 

旦那が輝いているというのが、
嫁は何よりも傍にいて、一番、心地が良い筈。

 

今後ともテレビなどで見せる絶妙な切り口と見解を、
更に研ぎ澄ませて我々に伝えて欲しいものだ。

 

Sponsored Link