伊藤耕は【THE FOOLS】のボーカルであり、
現在は月形刑務所に服役中の身であった。

 

しかし、獄中で死去していたことが明かされて、
往年のファンの間に動揺が走っているのだ。

 

果たして死因は
一体、何であったのかを考察してみよう。

 

Sponsored Link

伊藤耕が死去! その死因は不明・・・

伊藤耕の死去の報道がもたらされたが、
その報道内容で非常に目を引くものがある。

伝説のロックバンド「THE FOOLS(ザ・フールズ)」のボーカル・伊藤耕さんが16日、死去した。17日、バンドの公式サイトで発表された。

「悲しいお知らせですんません。」のエントリーでブログを更新。「伊藤耕は昨夜、服役中の月形刑務所内で亡くなりました。現在、検死結果の報告待ちです。詳細等、また判明次第、報告させてもらいます。出所が40日後だったのに残念です」と報告された。伊藤さんは2015年10月から服役中だった。

1980年結成。昨年5月には25年ぶりの新録音フルアルバム「REBEL MUSIC」をリリースした。

14年1月には「THE FOOLS」のギター・川田良さんが亡くなっている。

引用:スポニチアネックスより

基本的に刑務所暮らしは
食事も運動も時間単位で管理されているので、
健康的には悪くなるどころか良くなることが多いとされる。

 

検視をしなければならないというのは、
その死因は変死ということであり、あまり考えたくはないが
自ら命を断った自殺ということも考えられる。

 

だが、同メンバーのオフィシャルコメントでは、
40日後、12月7日には出所できるということであるので、
自殺の可能性も低いと思われる。

 

だとすれば、心筋梗塞、もしくは脳梗塞といった
病気による死因であったと思われるが、どうだろう?

 

いずれ、オフィシャルコメントが出るので、それを待ちたい。

 

伊藤耕は逮捕が多いミュージシャンとしても・・・


伊藤耕は実は逮捕されている
回数が多いミュージシャンである。

 

1986年に逮捕、1990年から2006年にも
逮捕されており、2009年に逮捕。

 

そして、今回、北海道の月形刑務所に服役しているのは、
2015年の逮捕によって有罪判決が出たためだ。

 

罪状は麻薬取締法違反であり、
まるでイギリスのパンクロッカーのような生き方を
リアルで再現していたという感じのようだ。

 

昔のミュージシャンは、破滅型の生き方を好む人種が多い。

 

だからこそ、伝説になるともいえるが、
伊藤耕もそんなリアルを送って行ったということに他ならない。

 

伊藤耕について


【名前】 伊藤耕(いとうこう)

【生年月日】 1955年?月?日

【享年】 62歳

【出身地】 北海道

【所属】 The Fools

【デビュー】 1980年

 

伊藤耕のプロフィール

 

内容を確認したい方はクリック
伊藤耕の葬儀が10月23日 月曜日に行われる様子。

ここに生前の御厚誼を深謝し謹んでお知らせ申し上げます
尚、葬儀は下記の通り執り行います

* 通夜 10月23日 (月)
18時00分より

*告別式 10月24日 (火)
11時30分~12時30分

喪主 伊藤満寿子
場所 平安祭典 高円寺会館
東京都杉並区高円寺北2‐1‐7
TEL 03‐3339‐1101

伊藤満寿子さんとは奥様であろうか?

 

未だに死因などは発表されていないが、
是非、ファンの方々は訪れてみるとよいのではないだろうか?

 

おわりに

伊藤耕が死去したが、破天荒な
ロック生活の最期は突然、やってきたといえるのだ。

 

逮捕が多いというのも、それだけレジスタンス精神が宿っており、
それが音楽性にも表現されていたとみていい。

 

長年のファンはその最期の間際の死因がどうであったのかが、
非常に気になると思うが、それは後日、包み隠されることなく
明らかになることを願いたい。

 

Sponsored Link