岡田有希子の脳みそ写真と仰向け画像の真相! 遺書の自殺理由には峰岸徹の名が・・・

岡田有希子というアイドルは、[br num=”1″]今なお伝説と恐怖を残しているが、それについて触れてみる。

 

脳みそ写真や仰向けの画像という[br num=”1″]首をかしげる岡田有希子の検索需要と、遺書に書かれた真相に迫ってみよう。

 

そこには往年の名優である故・峰岸徹の名前があったのだが、これを絡めてみていこう。

 

岡田有希子について

岡田有希子は日本で最も名前が知れた女性アイドルとして知られている。

 

『ユッコ』の愛称で多くの人間から親しまれた彼女は、[br num=”1″]人気絶頂の時に、自殺という形でわずか18歳という年齢で[br num=”1″]自らの人生に幕をおろしたからだ。

 

この衝撃は計り知れないものであり、[br num=”1″]テレビを通しての衝撃が、ファンや若者の印象に強く残り、[br num=”1″]後追い自殺なる連鎖が起きたことから、【ユッコ・シンドローム】とも言われた。

 

岡田有希子はそれだけ人気のあるアイドルであり、[br num=”1″]当時のトップスターであった松田聖子と並び称されるほどだった。

 

往年のテレビ番組である【スター誕生!】の出演が切欠で、[br num=”1″]1984年に芸能界入りした岡田有希子は、1985年から精力的な歌手活動を開始し、[br num=”1″]ドラマ【禁じられたマリコ】の出演で一気にブレイク。

 

まだ17歳という子供といっていい[br num=”1″]彼女の芸能生活は、とにかく多忙を極めていた。

 

恐ろしいほどの過密なスケジュールの中で、[br num=”1″]岡田有希子の精神が病んでいくのは無理もないことである。

 

1986年の春頃には、岡田有希子は[br num=”1″]少ないOFFの時間帯に自殺未遂を繰り返すようになる。

 

何故、この様なことをするようになったのかの真相は後述するとして、[br num=”1″]ガス自殺未遂で騒動になった際、事務所に呼び出された[br num=”1″]岡田有希子はスタッフの隙をついて、屋上に駆け上り飛び降り自殺をした。

 

岡田有希子の脳みそ写真が画像として掲載

筆者もリアルタイム(子供の頃だったが)で、[br num=”1″]岡田有希子の自殺騒動は垣間見たので、記憶に残っている。

 

中でも衝撃的だったのは岡田有希子が[br num=”1″]自殺した現場を躊躇なくマスコミが写真に収めて、[br num=”1″]雑誌のスクープ画像として掲載していたことだった。

 

その現場写真を掲載することは控えるが、[br num=”1″]飛び降りた岡田有希子の頭部からは、脳みそが散乱しているというもので、[br num=”1″]うつ伏せの状態で絶命している様がおさめられていた。

 

人気絶頂のアイドルで、まだ18歳の岡田有希子の最期は[br num=”1″]意味深な自殺という形で幕が下りただけでも、[br num=”1″]衝撃的なのに命を落としてもまだ、そういった形で[br num=”1″]世間の目からは逃げられなかったという。

 

岡田有希子を仰向けにしたという噂・・・

そして更に衝撃的な岡田有希子の脳みそ写真についてのエピソードだが、[br num=”1″]当時のマスコミは現在とは違い、ぶっちゃけて言えば、やりたい放題だった。

 

とにかく世間が注目するのならば、何でもする位の勢いだった為に、[br num=”1″]うつ伏せで絶命していた岡田有希子の身体を仰向けにして写真に取り、[br num=”1″]また元に戻したという話がある。

 

この様なことをしたのは報知新聞の記者であったと言われており、[br num=”1″]この出来事があった翌年、岡田有希子を仰向けにして、写真をとった記者は[br num=”1″]交通事故死をしているというのだ。

 

が、これは岡田有希子に対する[br num=”1″]マスコミの醜さを非難する為に作られた噂であり、[br num=”1″]仰向け写真を撮った記者とは、別の記者の交通事故死の話と[br num=”1″]すげかえられているというのが真相。

 

そして、報知新聞には結局、公開されていないままの[br num=”1″]岡田有希子の仰向け画像が、今もまだ眠っているというのだが、[br num=”1″]これに対しての真相は現在では確認しようがない。

 

[sp] [ad#co-1] [/sp]

岡田有希子の遺書には峰岸徹との関係が・・・

岡田有希子は遺書といえる手記を、自殺する前に残していた。

 

それは一冊のノートに書かれていたものであり、[br num=”1″]そこには俳優の峰岸徹との恋が叶わないことを苦悩している内容だった。

 

峰岸徹に振られたとも書いてあったそうであり、[br num=”1″]どれだけ岡田有希子が峰岸徹を想っていたのかが、それだけで分かる。

 

岡田有希子は峰岸徹とは、[br num=”1″]前述したドラマ【禁じられたマリコ】で共演を果たしており、[br num=”1″]先輩の峰岸徹には非常に良く接してもらったという。

 

が、峰岸徹には当時から子供がいるパパであり、[br num=”1″]離婚経験のある身であるということに加えて、年齢が離れていることも考慮して[br num=”1″]、岡田有希子に対して女性を感じていなかったようだ。

 

が、ここでもマスコミの暴力が火を噴く。

 

岡田有希子の自殺は峰岸徹に遊ばれた結果と書かれたりしたのだが、[br num=”1″]後に岡田有希子が所属している芸能事務所の会長が強くこれを否定したという。

 

しかし、峰岸徹は自分にも岡田有希子の自殺原因があると考えたのか、[br num=”1″]それからはずっと亡くなった岡田有希子と向き合い続けたというエピソードもあるのだ。

 

岡田有希子にまつわる真相とは一体・・・

人気絶頂の岡田有希子が18歳という若さで[br num=”1″]自殺という形で幕を閉じたわけだが、[br num=”1″]多くのエピソードがそれに絡み今も尚、語り継がれている。

 

最大の謎と言われた自殺の理由の真相は、[br num=”1″]まだ10代の少女でありながら、売れてしまったが故に[br num=”1″]多くの人間の注目を浴び、精神バランスが崩壊したのだろう。

 

幼い頃の夢であったアイドルに[br num=”1″]いざ、なってみると、そこには超絶多忙な毎日が待っていた。

 

夢は夢のままだから、パラダイスであると、ある有名人がいったが、[br num=”1″]まさしくそれを覚悟してなければならなかったが、[br num=”1″]それを受け止めるには、岡田有希子はまだ幼過ぎた。

 

しかし、人気絶頂のアイドルになってしまったが故、[br num=”1″]自分自身も周囲もどうする事も出来なかったのが、[br num=”1″]一連の真相ではないだろうか?

 

error: Content is protected !!