S(滋賀)銀行9億円横領事件の犯人の名前とその画像は? 爆報フライデーで特集!

S銀行9億円横領事件という実録特集が人気テレビ番組【爆報! THE フライデー】で組まれている。

 

これは正式名称は【滋賀銀行9億円横領事件】であり、犯人の名前や犯行動機は既に解明されている。

 

ネタバレになってしまうが、テレビ番組に先駆けて、予備知識として見ていこう。

 

S(滋賀)銀行9億円横領事件とは?

S(滋賀)銀行9億円横領事件とは1973年10月21日に発覚した史上空前の横領事件である。

 

滋賀銀行山科支店のベテラン女性行員が1971年から1973年の二年間で1300回にわたって、銀行を行き交うお金を着服して横領していたのだ。

 

結局、この事件は犯行を冒した女性の背後に、交際していた男性がいたことで、共謀の容疑で供に懲役刑が科せられて幕を閉じた事件である。

 

S(滋賀)銀行9億円横領事件の犯人の名前!

S(滋賀)銀行9億円横領事件の犯人の名前は以下の通り。

 

横領していたS(滋賀)銀行の犯人の女性行員は奥村彰子。

 

共謀として逮捕されたもう一人の犯人は山県元治。


連行される犯人・奥村彰子の顔写真画像

犯人の奥村彰子は当時42歳であり、共犯の犯人である山県元治は逮捕当時、32歳である。

 

犯行当時、2人は交際関係に陥っており、山県元治は年増の奥村彰子を言葉巧みに利用し、横領させていたのだ。

 

S(滋賀)銀行9億円横領事件の動機には何があったのか?

犯人の奥村彰子は横領を実行する数年前の1965年、交際していた男性がいた。

 

が、その男性とうまく行かずに喧嘩別れをしてしまっていた。

 

そんな時にたまたま拾ったタクシーの運転手が山県元治であり、タクシーの車中で涙を流す奥村彰子の愚痴を親身になって聞いてあげていたという。

 

その夜はそのままで特別な関係になることもなく別れたが、1年後再会を果たした奥村と山県は恋に落ちた。

 

しかし山県元治の狙いは、年増で結婚の機会を伺っている奥村彰子の立場を利用して、金をむしり取ることであった。

 

結果的に山県を離したくない奥村は、要求を拒むことが出来ずにS(滋賀)銀行の預金に手を付けてしまう。

 

最初は1万円などの微々たるものだったが、次第に要求するお金は膨大な金額になっていく。

 

自分の預金から、自分の家族の預金、そしてついにはS(滋賀)銀行の顧客の預金までを自らが動いて引き出して、それを山県に貢ぐという構図が出来上がってしまった。

 

結局、S(滋賀)銀行からは1300回もの横領をした奥村彰子が逮捕されるに至り、背後で金の無心をしていた山県元治が主犯として刑に服すことになった。

 

犯行動機は奥村彰子は恋してしまった山県元治の要求を断ることが出来なかった。

 

山県元治は愛をちらつかせて金ヅルとして奥村彰子を利用していたという泥沼の関係が事件を引き起こしたということであった。

 

おわりに

爆報フライデーで特集が組まれるS(滋賀)銀行9億円横領事件の犯人の名前や画像と、犯行動機を簡単にまとめてみた。

 

当然、詳しくはテレビで特集が組まれるので、具体的には番組を見てもらうとして、ここではテレビ放送ではとても明かされない情報を盛り込むことに尽力した。

 

尚、犯人の奥村彰子と山県元治の現在などは別記事に記載しているので、興味のある方は一読をしてみるといいだろう。

 

>2017年約3000万PVマークした当サイト

2017年約3000万PVマークした当サイト

2021年現在はGの呪縛から逃れて気楽に運営中。
随時、ライターを募集しております。

CTR IMG