里々佳と竹内涼真の熱愛・女性セブンの内容だが一緒の画像なし・・・

里々佳と竹内涼真の熱愛おでんデートとお泊まりの内容を女性セブンが報じている。

 

熱愛の証拠であるとも言える女性セブンが先駆けて予告で公開していた10枚の写真画像。

 

それらは非常に期待を裏切るものであったが、里々佳と竹内涼真の熱愛ぶりを報じた女性セブンの内容を見ていきましょう。

 

里々佳と竹内涼真の女性セブンの内容!

里々佳と竹内涼真の熱愛は2017年10月4日の夕方にNewsポストセブン上で公開。

 

それによると2人は交際を否定しているものの、都内でおでんデートをしており、里々佳の自宅マンションに泊まった竹内涼真の模様を10枚の写真画像と供にスクープしたという先行予告であった。

 

そんな里々佳と竹内涼真の熱愛は2017年10月5日に発売された女性セブン 竹内涼真 連泊のお相手はあのアイドル とデカデカと見出しをつけられたコピーではじまる。

 

内容は時系列ではなく、前後とびとびなので、時系列に並べて分かりやすくしてみた。

 

里々佳の自宅に連泊していた竹内涼真

女性セブンでは2人の様子は9月下旬の週末の夜と報じている。

 

おそらくは2017年9月29日金曜日の夜であろうか。

 

日付けが変わろうとしている0時前に竹内涼真は都内の3階建ての築40年の古いマンションの前でタクシーから降りたという。

 

竹内涼真は両手にバッグを抱えて、周囲を警戒しながら、そのマンションに入って行ったという。

 

その30分ほど後のこと、コンビニの袋をもった買い物帰りの里々佳が、竹内涼真が入って行ったマンションの前に。

 

マンションの3階のベランダにむかって、里々佳はコンビニ袋の中から取り出したお酒のボトルを掲げていた。

 

ベランダには竹内涼真がおり、手を振り返した。

 

その日は供にマンションの中で晩酌でもして、夜を過ごしていたのが伺える。

里々佳と竹内涼真はおでんデートで1枚のざるそばを分け合った

翌日の昼過ぎに半袖Tシャツ、短パンというラフな格好の竹内涼真がランニングの為に外出。

 

その10分後にはヘッドフォンをつけた里々佳が音楽を聴いてスマホを弄りながら、徒歩で外出していった。

 

竹内涼真は2時間半後に一旦、里々佳のマンションに戻り、夕方前に原宿へ向けて出かけた。

 

買い物の後に向かった先は、目抜き通りから1本入った路地裏の地下で営業しているおでん店。

 

男性と2人で食事を摂っている竹内涼真の前に現れたのが、里々佳である。

女の子の到着と入れ替わるように、竹内くんと一緒にいた男性は支払いをして帰っていきました。

竹内くんはハイボール、女の子はシャンディガフを飲んでいて、おでんやお刺身を一緒につついていました。

しめに頼んだのはざるそば。

ふたりで一枚だけ頼んで、代わりばんこに口に運んでいました。

食事が終わって変える時、狭いらせん階段を女の子に先に上らせて、後ろから見守るように歩く竹内くんの紳士的な振る舞いが印象的でした。

引用:女性セブン 2017年10月19日号 おでん店に居合わせた人の証言

店を出た里々佳と竹内涼真が向かった先は都内ベイエリアにある高級ホテル。

 

別々に車をおり、客室に消えていった。

里々佳さんは、妹さんと一緒に住んでいるそうでそうですから、いろいろ気も使うんでしょう。

この日は久しぶりのオフだったようです。

最近ゆっくりできないので、ホテルデートをプレゼントしたんでしょう。

引用:女性セブン 2017年10月19日号 芸能関係者の証言

翌朝、8時過ぎ。

 

里々佳と竹内涼真は別々にホテルを出て、再び一緒に車にのりこんで、その場を後にしたという。

 

里々佳と竹内涼真の熱愛写真画像だが・・・

画像引用:女性セブン 2017年10月19日号

里々佳と竹内涼真の熱愛を報じた女性セブンの予告では、それを裏付けるような10枚の写真があると報じた。

 

あくまでツーショット写真画像というのは、報道をうけたネットユーザーなどが期待の表れだが、残念ながら女性セブン誌上では、一緒に写っている写真画像は無かった。

 

女性セブンの2人の熱愛を報じる内容では、度々、時間差で別々に行動する様子が報じられている。

 

要するにキス写真とかツーショット画像などの決定的な証拠が無ければ、いくらでもシラを切れるという賢い行動パターンであったということだ。

 

実際に決定的な写真画像を期待していたが、この点もさすがにおさえることが出来なかったということか。

 

何にせよ否定はしているものの、里々佳と竹内涼真がただならぬ関係であることは間違いない様だ。

 

>2017年約3000万PVマークした当サイト

2017年約3000万PVマークした当サイト

2021年現在はGの呪縛から逃れて気楽に運営中。
随時、ライターを募集しております。

CTR IMG