江本孟紀と沢田亜矢子の過去とは?! 子供認知の真実はどこにある?

江本孟紀と言えば、かつて女優の[br num=”1″]沢田亜矢子の子供の親だという噂があった。

 

今となっては忘れ去られている疑惑であったが、[br num=”1″]果たしてこれは真実であるのだろうか?

 

子供認知している事実があるとすれば、[br num=”1″]その詳細は具体的にどの様なものであったのだろう。

 

江本孟紀について

【名前】 江本孟紀(えもとたけのり)

【生年月日】 1947年7月22日

【星座】 かに座

【年齢】 69歳

【出身地】 高知県香美郡土佐山田町

【血液型】 A型

【学歴】 法政大学経営学部

【所属】 株式会社江本エンタープライズ

【デビュー】 1970年

 

小学生時代から野球に勤しみ、[br num=”1″]高校時代はエースとして活躍し、[br num=”1″]ドラフトで指名をうけるも大学進学の為にこれを拒否。

 

大学生になってからも野球を続け、[br num=”1″]卒業後は社会人野球起業・熊谷組を経て、プロ野球入り。

 

選手としての実力は申し分なかったものの、[br num=”1″]周囲とのトラブルが切欠で次第に[br num=”1″]野球選手としての活動が狭まれる。

 

その結果、自ら1981年で現役引退を発表し、[br num=”1″]タレント、作家として活躍する。

 

1992年には参議院議員選挙で[br num=”1″]初当選するなどして、2004年頃まで、政治家としての活動。

 

多彩な活動を経て、現在に至っている。

 

江本孟紀と沢田亜矢子の関係とは?

江本孟紀と沢田亜矢子の関係が[br num=”1″]明るみになったのは、1985年。

 

当時は江本孟紀と報じられていたわけではなく、[br num=”1″]プロ野球選手との不倫として、[br num=”1″]沢田亜矢子がメインでスクープされていた。

 

その後、沢田亜矢子は芸能活動を[br num=”1″]4カ月間、自粛したわけだが、実はこの期間は[br num=”1″]アメリカで密かに女児を出産しにいっていた。

 

日本に帰国後は妹の子供であるとして、[br num=”1″]事実を隠していたのだが、隠し通せるわけがなく、[br num=”1″]自分自身の子供であることを認めた。

 

この子供の父親こそ、[br num=”1″]江本孟紀であると囁かれているのだが、[br num=”1″]当然、本人たちは現在も多くを語らない。

 

これらの噂が事実であると確証付けたのが、[br num=”1″]芸能リポーターの井上公造であるという。

 

関西のバラエティ番組に登場した井上公造は、[br num=”1″]過去に話題になった江本孟紀と沢田亜矢子の関係について暴露した。

 

[sp] [ad#co-1] [/sp]

江本孟紀は沢田亜矢子の子供認知をしていない・・・

それによると、井上公造と沢田亜矢子が会ったときに、[br num=”1″]携帯電話をテーブルの上に置いたのだという。

 

その携帯電話にには娘の写真が貼ってあったそうだが、[br num=”1″]その顔が江本孟紀とそっくりだったというのだ。

 

確かに澤田かおりの顔は、[br num=”1″]どこか日本人離れしていて、[br num=”1″]ハーフと言えば誰もが信じる容姿。

 

江本孟紀もどこか日本人とは[br num=”1″]言い難い顔立ちであることから、[br num=”1″]未だにこれらの疑惑が晴れることが無い様子。

 

その子供は現在、シンガーソングライターとして[br num=”1″]活動している澤田かおりであるという。

 

当然、このことは江本孟紀も知ってはいるのだろうが、[br num=”1″]沢田亜矢子自身、芸能活動を休止し、[br num=”1″]アメリカで出産しているという行動を見る限り、[br num=”1″]江本孟紀は子供の認知をしていないと思われる。

 

今から30年以上前の話ではあるが、[br num=”1″]現在も供に活躍している芸能人として、[br num=”1″]その過去が忘れ去られることはないのだ。

 

おわりに

江本孟紀と沢田亜矢子の子供は[br num=”1″]現在でもゴシップとして語られているわけだが、[br num=”1″]多くを語ろうとはしない2人。

 

実際には本人たちしか分からない事であり、[br num=”1″]証明しろといっても無駄な話であるが、[br num=”1″]どこか裏には一人の女性の純粋な愛情があった[br num=”1″]と思われる感が拭えない。

 

不倫関係で出来た子供であっても、[br num=”1″]堕ろしたくはないという気持ちがあったから、[br num=”1″]自分一人で抱える決断をしたのかも知れない。

 

こうした話はよくあることであり、[br num=”1″]男性側の器量が問われる場面でもあるのだが、[br num=”1″]事実は今となっては闇の中から出ることはないだろう。

 

error: Content is protected !!