RIKACOの息子(長男と次男)は脚本家とモデル?!

RIKACOさんの息子は長男と次男がいらっしゃいます。

 

以前に俳優の渡部篤郎さんと離婚した後に、二人の息子さんを引き取りました。

 

RIKACOさんの息子である長男と次男に迫ってみましょう。

 

RIKACOの息子・長男は渡部樹也

citizenjournal-content-image

 

RIKACOさんの息子で長男の渡部樹也さんは現在、脚本家として活躍しているようです。

 

渡部姓を名乗っているようですが、[br num=”1″]あくまでこれは脚本家として芸能活動をしているときの芸名の様なもの。

 

RIKACOさんの本名は吉川莉加子で吉川姓なので、[br num=”1″]渡部樹也さんの本名は吉川樹さんというそうです。

 

渡部樹也で検索をかけてみると分かるように、[br num=”1″]お顔は父親の渡部篤郎さんに似ていらっしゃる様で、結構、イケメンですね。

 

RIKACOの息子で長男の渡部樹也の経歴

RIKACOさんはモデルとして芸能活動をしてこられて、渡部篤郎さんは俳優として人気。

 

そんな両親の背中を見て育った息子の渡部樹也さんは、[br num=”1″]俳優としてでは無く脚本家として芸能界に携わる仕事を目指していました。

 

現在は若干22歳の若手脚本家なのですが、なんとデビューは19歳の頃だったそうです。

 

2年前の2014年2月末に【リリィの語り部】という[br num=”1″]舞台公演があったのですが、それの脚本と演出を手掛けたのだそうです。

 

この舞台は計6公演を行ったそうですが、[br num=”1″]全て満員御礼だったそうで、大盛況の中で終幕したそうです。

 

また脚本家だけではなく、演技も出来るそうで、[br num=”1″]RIKACOさん主演の舞台【ルキアの使い手】で共演を果たしたこともあるそうです。

 

舞台の演出や脚本で今は力をつけているようですが、[br num=”1″]今後はテレビにも進出していく気配があるようです。
[sp] [ad#co-1] [/sp]

RIKACOの息子・次男の吉川蓮はモデル?

RIKACOさんの息子で次男の蓮(れん)さんは現在、19歳。

 

学生でありモデルをやっているという情報もあったりしますが、これは相違があります。

 

RIKACOさんのインスタグラムなどに[br num=”1″]度々、一緒に写っている画像が公開されているだけで、現在は学生なのです。

 

画像を見る限り、次男の蓮さんはRIKACOさん似ですね。

 

元々、インターナショナルスクールで学んでいたこともあり、[br num=”1″]次男の蓮さんは英語を既にペラペラに操れるほどの力があるのだそうです。

 

次男の蓮さんは芸能活動は行っていないようですが、[br num=”1″]もしかするとこれから始めるかも知れませんね。

 

何気に容姿は女性のように繊細な顔立ちをしていますから、[br num=”1″]モデルメインな芸能人としてもやっていけそうな気がします。

 

RIKACOの息子についてのまとめ

RIKACOさんは非常に子煩悩であり、[br num=”1″]一緒にいる息子の渡部樹也さんと蓮さんに、[br num=”1″]沢山のアドバイスをもらっているのだとか?

 

ネットでの風評に悪い気分を与えられて、[br num=”1″]精神的にまいっていたRIKACOさんに[br num=”1″]長男の樹さんはこう言ったそうです。

「人に嫌われたり悪口を言われたりネタにされるということは、あなたの仕事では宝じゃないですか。
誰も見向きもしなくなって悪口も言われなくなったら、母ちゃん誰にも見られていないという事なんだよ。
はけ口を人に与えているあなたはとても素敵。」

19歳の脚本家デビューする前の[br num=”1″]長男の樹さんに言われたそうで、非常に出来た息子と言えますよね。

 

この辺はクールでドライな渡部篤郎さんの血が色濃く反映されていると感じます。

 

またRIKACOさんは息子の樹さんや蓮さんを育てるにあたって、[br num=”1″]家事が出来ない男にはなってほしくないと感じて、[br num=”1″]幼い頃から家事を仕込んでいたのだそうです。

 

こういう教育方針が若くって[br num=”1″]まだワガママが許される年齢であっても、[br num=”1″]大人びた感覚を既に持ち合わせている男性にさせたと感じますね。

 

脚本家と舞台俳優として大きな可能性とのびしろがある長男の渡部樹也さん。

 

英語を巧みに操り、女性の様な風貌の次男の吉川蓮さん。

 

後の芸能の一翼を担う注目のお二人になるかも知れませんね。

 

error: Content is protected !!