中元日芽香の卒業理由に首を傾げるものが・・・妹の中元すず香が実は・・・

中元日芽香が乃木坂46を卒業するという突然の報道にファンは絶句しているようだ。

 

そして、卒業理由も体調不良ということであるが、そこにはどうやら妹の存在が影響していると噂されている。

 

妹の中元すず香とは一体、どういう状態になっているのかを見ていこう。

 

中元日芽香について


【名前】 中元日芽香(なかもとひめか)

【生年月日】 1996年4月13日

【星座】 おひつじ座

【年齢】 21歳

【出身地】 広島県

【血液型】 O型

【所属】 乃木坂46合同会社

【デビュー】 2010年

 

中元日芽香は小学1年生のころからダンスを始めて、4年生の頃に母親が俳優養成所のアクターズスクール広島に入れた。

 

絶え間ないレッスンと学業と多忙な日々の中で、2011年8月に乃木坂46の第一期生としてオーディションに合格。

 

2012年2月にはCDデビューも飾ったことから、3月に母親と妹の中元すず香と供に上京した。

 

2013年11月に乃木坂46の7thシングル【バレッタ】で選抜メンバーに選ばれた。

 

が、2017年になり体調不良などを理由に休業をする動きがあり、同年8月7日に卒業を発表。

 

中元日芽香の卒業理由は体調不良だが・・・

中元日芽香は2017年1月28日に体調不良によって休養を告知したが、4月2日には復帰を発表。

 

中元を押しているファンは復帰に際して、喜びの反応を示したものの、僅か4カ月で今度は卒業を発表し、芸能界を引退する事を発表した。

 

だが、本人の弁では体調不良を改善させることが出来なかったような趣旨が見られる。

 

復帰したのはいいが、思う様なパフォーマンスが出来ない自分に限界を感じたということであると見られているが、そんな中、妹の存在も卒業理由に影響を与えているのでは?と、いう見方がある。

 

中元日芽香の妹・中元すず香

中元日芽香の妹・中元すず香は、かつて姉の日芽香が乃木坂46の選抜に選ばれた時に供に上京。

 

妹の中元すず香は別の路線で芸能界入りをしようと動いており、2008年にアニソンを歌うユニット【可憐Girl’s】のメンバーとなって声優兼歌手としてデビューを飾った。

 

2010年にはメタルダンスユニット【BABYMETAL】で活動を開始し、非常に注目されているアイドルに成長したのだ。

 

姉妹の仲は良いとされており、OFFの時にはお互いのライブを見に行ったり、服なども共有しているそうだ。

 

が、姉の中元日芽香はかつてネットユーザーの失礼な発言に対して、コメントした文言がある。

-中元日芽香と中元すず香との違いが分からない(あるユーザーの意見)に対して

冗談でもこんなこと言って欲しくない。
レベルが全然ちがう。
SU-METALは私なんかよりもずっと素晴らしいアーティストであり
違いがわからないなんて彼女に失礼です。

兼ねてより、妹の中元すず香にある種のコンプレックスを抱いていたと想像できるようなコメントが印象的だ。

 

ここに卒業理由の体調不良の根本的な原因があると感じるのは、一部の人間だけであるが、これが起因なのかも知れない。

 

おわりに

中元日芽香の卒業理由は体調不良ということだが、おそらくそれは精神的なものが非常に大きいと思われる。

 

そもそも中元日芽香は母親に半ば強引に芸能界入りを勧められた気配があり、本来は学業を大事に芸能以外の道に自分を見出していた背景も垣間見える。

 

そんな中、妹の中元すず香が遅れて知名度を帯びてきた辺りで、もはや芸能界で生きることに限界を感じたのではないだろうか?

 

そうなれば、それまでしていた活動も過度なストレスが加わるものとなり、それが体調不良を引き起こして、負のスパイラルにハマって卒業という形になっている。

 

おそらくは妹の存在の影響が確実に卒業理由にはあったと見るのが、真実に違いのではないだろうか?

 

>2017年約3000万PVマークした当サイト

2017年約3000万PVマークした当サイト

2021年現在はGの呪縛から逃れて気楽に運営中。
随時、ライターを募集しております。

CTR IMG