本田美奈子の死相と小林麻央が似ていた! 死因は白血病であり病院と彼氏にも迫る!

本田美奈子は2005年に[br num=”1″]白血病が死因で亡くなった歌手アイドルである。

 

そんな本田美奈子だが、去年にも話題に上っていたのだ。

 

それは小林麻央の死相が出ている衝撃写真と[br num=”1″]病院で撮影された本田美奈子の写真が似ていることからだ。

 

ここでは本田美奈子の死去と、[br num=”1″]噂になっていた彼氏について紐解いてみようか。

 

本田美奈子について

【名前】 本田美奈子(ほんだみなこ)

【本名】 工藤美奈子(くどうみなこ)

【享年】 38歳

【生年月日】 1967年7月31日

【星座】 しし座

【出身地】 東京都葛飾区

【最終学歴】 東京成徳短期大学付属高等学校

【デビュー】 1985年

【代表作品】 殺意のバカンス、Temptation(誘惑)、1986年のマリリンなど

 

本田美奈子は幼いころから歌手に憧れており、[br num=”1″]中学生の頃にはテレビ番組の【スター誕生!】などのオーディションを受けていた。

 

1983年に高校生となった本田美奈子が原宿へ遊びに行った時に、[br num=”1″]後に供に芸能活動をしていくことになる[br num=”1″]高杉啓治のボンド企画からスカウトを受ける。

 

1984年に第8回の長崎歌謡祭に出場、グランプリを受賞し、[br num=”1″]レコードデビューにこぎつけたことから芸能人としての道を歩くことになる。

 

当時のアイドル歌手はどこか清楚さを売りにしていたが、[br num=”1″]本田美奈子はセクシー路線を売りに注目を集めて大ブレイク。

 

その後、アイドル歌手から、ミュージカル女優に転身を図り、[br num=”1″]活躍していたが、2004年に体調不良に陥る。

 

翌年の2005年1月に急性骨髄性白血病と[br num=”1″]診断されて、同年11月6日に死去した。

 

本田美奈子の死因は白血病

本田美奈子の死因は白血病であり、[br num=”1″]その兆候は2004年末から現れていたという。

 

白血病の診断を受けて、緊急入院した際には、[br num=”1″]すぐさま、その事実を公表し話題となった。

 

病院に入院してからは、[br num=”1″]2回の化学療法を試みるも、がん細胞は一向に減少をみせなかった。

 

後に判明したことは、本田美奈子の白血病は[br num=”1″]極めて特殊な治療抵抗性の白血病であったという。

 

骨髄移植が検討されていたものの、ドナーが見つかるまで待つという[br num=”1″]時間的猶予もなく、臍帯血移植をうけた。

 

一時は退院するも、再び再発して、[br num=”1″]同年9月には再入院し、抗がん剤治療を受けた。

 

数度の入退院を繰り返した後に、肺への合併症を起こしたことから、[br num=”1″]容態が急変して2015年11月6日に死を迎えた。

 

[sp] [ad#co-1] [/sp]

本田美奈子の病院の姿に死相が出ていた?

本田美奈子が病院で闘病生活をしていたの写真画像が、[br num=”1″]去年、小林麻央の例の衝撃写真が公になった時に酷似していると話題になった。

 

上記の写真画像が本田美奈子が[br num=”1″]病院にて闘病生活を送っている数少ない一枚だ。

 

去年9月に小林麻央が公開した死相が[br num=”1″]出ていると言われた衝撃の写真画像。

 

確かに顔が黒ずんでおり、目の下が[br num=”1″]膨らんでいる状態が似ているのが印象的である。

 

まるで同じ状況を繰り返しているかの様な、[br num=”1″]シンクロニシティを彷彿とさせる戦慄を感じさせる事実がここにある。

 

本田美奈子の彼氏は誰だったのか?

本田美奈子は亡くなるまで、生涯、独身を貫いたとして知られている。

 

歌に生きて、歌手として死にたいというのがポリシーだったそうである。

 

が、デビュー当初は華やかな憧れの芸能界に入ったことで、[br num=”1″]多少は結婚願望を抱いたことがあったそうで、[br num=”1″]当時、光GENJIで活躍していた諸星和己との熱愛が噂されていたようだ。

 

交際関係はお互いに長く続いていたと噂されてはいたが、[br num=”1″]結婚には至らなかったようである。

 

おわりに

本田美奈子と現在、注目を集め続けている小林麻央とは[br num=”1″]何かシンクロしているという奇妙な因縁があるのだろうか。

 

それを彷彿とさせるのが死相が出ていると言われていた写真画像であり、[br num=”1″]病院での闘病生活と同じがん細胞に運命を変えられたということも、[br num=”1″]何か鳥肌が立つ思いを感じずにはいられない。

 

ちなみに本田美奈子が闘病生活を送っていた病院は順天堂病院であり、[br num=”1″]その最後は国立がんセンターであったということも判明している。

 

時を超えた奇妙な一致に[br num=”1″]何か目に見えない律を感じるところであるが・・・。

 

error: Content is protected !!