松永太の子供の現在はノンフィクションで! 名前や画像とその後がついに・・・

松永太の子供の現在が驚くべきことにテレビ番組【ザ・ノンフィクション】で明かされる。

 

忌まわしい北九州連続監禁殺人事件の犯人の子供として、悲惨な生活を送って来たのは想像に難くないといえるでしょう。

 

松永太の子供は事件のその後にどんな生き方をしてきて、名前は果たして明かされるのかをみてみましょうか。

 

松永太の子供がノンフィクションに登場


松永太は最初の嫁との間に1人の子供がいて、内縁の妻で共犯者の緒方純子の間に2人の子供ができたという。

 

松永太と緒方純子が2002年3月に逮捕されたときには子供は9歳だった。

 

小学校にも通わせてもらってなく、実は何を隠そう松永太と緒方純子の子供たちは、逮捕のきっかけを作った少女が殆ど面倒みていたのだ。

 

当然、保護された時には学習障害や何やら起きている状態であるし、そもそも一般の子供たちと比べて何もかもが不足していたわけである。

 

番宣では”『その後、息子を待ち受けていたのは、冷たすぎる社会でした。』”と書いているが、相当、過酷であったのは明白である。

 

松永太と緒方純子のやったことは、単なる犯罪とはわけが違うわけで、誰も忘れられない位の所業を行っている。

 

おそらく日本の犯罪でこれだけの陰惨で奇異な事件は起きないだろうというレベルの犯罪者。

 

子供には罪は無いけど、そんな犯罪者の子供というだけで、常に後ろ指さされて、場合によっては心無い人間たちに襲われたりイジメられたりするのは明白。

 

某犯罪者の息子も、親が捕まった時はこの世は地獄であると形容したくらい。

 

そんな人生を歩んできた子供も、2017年現在は24歳になっているわけで、はじめてテレビ出演する。

ノンフィクションの内容はコチラの記事より

 松永太と緒方純子の子供の生い立ち・ノンフィクションの内容

 

松永太の子供の名前や画像

画像引用:fujitv.co.jp

出演する【ザ・ノンフィクション】では当然、名前は公開されないだろうし、顔もモザイクと思われる。

 

ネット上ではスネークの皆さんの一部が松永太が逮捕された後の子供が養子縁組した苗字を晒している。

 

ただ、これの証拠ってのも非常に薄すぎて、信憑性に欠けるものであるので、掲載はしない。

 

当然、松永って名前もあれば、緒方って名前も沢山、日本中にはあるわけで、逆に改名せずそのまま別の土地に移り住んで、シラきっていれば結構、そのうち誰も騒がなくなる。

 

実際に筆者が学生だったときに、そういう人間がいて、30歳超えたときに実は・・・って感じで聞いたことがある。

 

犯罪者の娘だったけど、普通に学生やって恋愛してた。

 

やっぱり、大事なことは過去を気にしないで、どうやって明るく楽しく生きるか、そして未来を見て進むかだと感じている。

 

やはり罪はやった本人たちが責任をとるのであって、血が繋がっていてもやったのは子供じゃないんだから。

 

とは、いうものの松永太の子供の保護されてからの15年間はさすがに、筆舌に尽くしがたいものはあったのは痛感できる。

松永太の子供のその後って?

松永太が逮捕されてから、残された子供たちが保護されたというのは前述した。

 

結局、最初は児童相談所なんかの施設に行き、里親いなければ孤児院生活となるのがセオリー。

 

ただロクに学校もいっていなかったし、やっぱ松永太と緒方純子の子供ってことで、イジメは凄かったのは予想つく。

 

ただ、画像を見る限りは普通に真っ当な社会人という感じではあるのだ。

 

どんな職業しているのかとかは、テレビ上で語られるとは思うので、詳しいことが判明次第、追記という形をとる。

 

ただ、よくあるケースとして犯罪者の子供は非行に走ることが多かったりする。

 

親が逮捕されたその後は恐ろしく世間の風当たりは冷たすぎるものである。

 

だからといって、弱気でいると、関係ない人間からまでもイジメに遭ったりや、あらぬことで濡れ衣を着せられてしまうからだ。

 

なので、反発心と自分を守る為に非行に走ってしまうことも多々ある。

 

結果的に自分自身も犯罪者になって、カエルの子はカエルと言われてしまったりする悪循環を呼び込むこともよく聞く。

 

どちらにしろ、親が逮捕されたその後ってのは、行くも地獄、戻るも地獄って感じで、相当の精神力を生きる上でロスするってことは間違いない。

 

あくまでこれは松永太と緒方純子の子供のことではなく、過去のケースをみたうえでの傾向の話なので、ご了承願いたいところだ。

 

おわりに

松永太の子供の子供が【ザ・ノンフィクション】に登場するってのは、本当にすごいこと。

 

しかもキャッチコピーが『 人殺しの息子と呼ばれて・・・』っていうセンセーショナル過ぎるものだ。

 

これだけで絶対にこの15年間は幸せには生きてこれなかったと感じるわけで、番組見る前から凹まされ気分がMAXなわけだ。

 

ただ、テレビで公に向けて自分の生い立ちや現在を公開出来たというのは、間違いなく将来的にはプラスになることが多いと感じる。

 

そして、とても勇気がある行為は、決して卑下されるものではないし、むしろ賞賛に値すると感じるがいかがだろうか?

 

>2017年約3000万PVマークした当サイト

2017年約3000万PVマークした当サイト

2021年現在はGの呪縛から逃れて気楽に運営中。
随時、ライターを募集しております。

CTR IMG