小林麻央の『読みたい方だけ』の内容がヤバい! アメンバー記事の暴露に大反響が・・・

小林麻央がブログKOKOROで1月13日に投稿したアメンバー限定記事。

 

『読みたい方だけ。』とタイトルが付けられた内容が暴露されているわけだが、この反響が非常に考えさせられるものだ。

 

この話題は非常にデリケートであるわけだが、つづってみよう。

 

小林麻央の『読みたい方だけ。』について

とても意味深なタイトルではじまった1月13日のブログ KOKOROの投稿記事。

 

2部構成となっており、それらはアメンバー限定記事として、更新されたものだった。

 

小林麻央自身も『読みたい方だけ。』の記事の冒頭には、転用と転載は禁止と銘打っていることから、執筆中は、その心中は非常に悲しみに暮れていたことが伺える。

 

『読みたい方だけ。』についての内容

問題の記事の内容は既に小林麻央に関心を持つネットユーザーの手によって暴露されている。

 

それは個人ブログであったり、某掲示板のメディア上であったり様々だ。

 

コピー&ペーストをされていないが、書き方を変えて投稿されており、アメンバー限定記事を読めないユーザーであっても、内容は知るところとなった。

小林麻央の復帰や完治を願うファンにとっては、とても涙無しには見れない内容であることは付け加えておく。

 

そんな中、小林麻央にアメンバー申請を出し、『読みたい方だけ。』の内容を知ったユーザーの一部が暴露するという行為に対して、様々な反響があるのだ。

アメンバー限定記事について

そもそも、アメンバー限定記事とは言っても、申請して拒否をされることはない。

 

AmebaのIDを持っているものならば、誰でも申請が可能であり、申請後、すぐに承諾されるものだ。

 

Amebaのアカウントを取得するのも、難しい手順を必要とはせずに、連絡先メールアドレスを所有しているのならば、誰でも取得可能。

 

つまり、インターネットに接続出来る誰もが、簡単にその内容を閲覧出来る筈なのだが。

 

しかし、小林麻央に関心を持つ、AmebaのIDを持っていないユーザーは、『読みたい方だけ。』の内容を、上記の手順を踏まずに知りたいわけだ。

 

そうしたユーザーのニーズを満たしたいと感じたブロガーやユーザーは暴露に踏み切ったのだ。

 

これに対しての善悪を問うつもりは無いわけだが、知りたいと思う人間と、知らせたいと感じる人間。

 

そして、小林麻央の気持ちを汲みたいと、願う人間との感情の交錯が、いかに凄いエネルギーであるかを具に感じ取れるものだった。

 

おわりに

小林麻央に関心を持つユーザーはゆうに何百万人と存在する。

 

そんな中でアメンバー限定記事を書いたところで、間違いなく内容は暴露されて拡散されるのは、目に見えていると感じる。

 

だが、更にそれは小林麻央の現在に、一人一人が更により関心を寄せるものになったと言える。

 

小林麻央自身が、アメンバー限定記事にした『読みたい方だけ。』の暴露を悲しむのではなく、それに対して自身の気持ちを汲んでいるユーザーが数多く居ることを分かってほしいものだ。

 

確実に何百人、何千人の人間が、奇跡の復活を願い、応援しているのだ。

 

>2017年約3000万PVマークした当サイト

2017年約3000万PVマークした当サイト

2021年現在はGの呪縛から逃れて気楽に運営中。
随時、ライターを募集しております。

CTR IMG