福山理子の現在はプロ雀士! 本名と結婚についてもチェック!

福山理子は初代ミニスカポリスとして[br num=”1″]有名なタレントだが、その現在は驚くべきものだ。

 

プロ雀士として活躍する一方で[br num=”1″]マルチな活動を続けている福山理子の本名や[br num=”1″]結婚に対しても疑問に思っているユーザーが[br num=”1″]多い様なのでチェックしてみよう。

 

福山理子について

福山理子は1975年11月6日に東京都で生まれた。

 

現在は41歳であるが、その年齢とは合わない[br num=”1″]セクシーな美貌を兼ね備えているタレントである。

 

デビューはテレビ東京の人気深夜番組[br num=”1″]【出動!ミニスカポリス】の初代レギュラーとしてはじまり、[br num=”1″]以降、様々な分野で活躍している。

 

それは芸能活動だけにとどまらずに、[br num=”1″]タロット占い師であったり、オートバイの女性ライダーとしても[br num=”1″]人気を博していたりしたこともあった。

 

特にインパクトを集めたのが、[br num=”1″]キャットファイトに参戦したり、キックボクサーとしてリングで[br num=”1″]試合を行ったことも話題になった時期もあった。

 

そして、福山理子の現在は[br num=”1″]そんな経歴とは全く関係が無いように[br num=”1″]思われる業界で活動しているのだ。

 

福山理子の現在は雀士!

現在の福山理子は日本プロ麻雀協会に所属し、[br num=”1″]女流Aリーグに属しているそうだ。

 

麻雀歴は15年という比較的に長いキャリアを誇っており、[br num=”1″]芸能活動を続けながらも麻雀の腕も着実に磨いていたことが伺える。

 

福山理子の雀士としての実績は以下の通り。

 

・第1期 女流愛翔位

・第10期 女流雀王戦 3位

・第11期 女流名人戦 3位

・第13期 女流雀王戦 3位

 

と、なかなかの腕前の様であり、[br num=”1″]麻雀ファンには非常に注目されているのが福山理子だ。

 

福山理子の麻雀の打ち方は、[br num=”1″]自身が述べる様に『運が9割』という様に、[br num=”1″]感覚的にさばいていく打ち方が特徴である。

 

しかし、限界を感じている福山理子は、[br num=”1″]最近のオーソドックスな打ち方ともいえる[br num=”1″]デジタル打ちをメインに学んでいるのだとか?

 

[sp] [ad#co-1] [/sp]

福山理子の本名と結婚について

福山理子の名前が少々、他と変わっているので、[br num=”1″]芸名であると思っている人間が多いようだ。

 

たしかに理子(りこ)という名前は[br num=”1″]普通の名前ではないのかも知れないが、これは本名である。

 

現在は41歳であるが、[br num=”1″]今までに結婚していたことはなく、子供も当然いない。

 

福山理子を長年知る人物で[br num=”1″]オリジナルビデオ監督をメインに活動していた[br num=”1″]某男性監督が言うには、福山理子の性格は男そのものであるそうだ。

 

普通の女性とは恋愛観が違っていて、[br num=”1″]異性を求めるというよりも、自分が何が出来るのかを[br num=”1″]求めて生きているフリーダムな性格のようだ。

 

かなりの美貌の持ち主であるが、[br num=”1″]全く男っ気が無い非常に珍しい女性タレントが[br num=”1″]福山理子の人物像であるということだ。

 

まとめ

福山理子の現在はプロ雀士であるということは、なかなか驚くべきことである。

 

特に他芸能人と違って、[br num=”1″]軒並み知名度があるわけではないタレントではあるが、[br num=”1″]その自由奔放な生き方は非常に魅力的である。

 

一旦、興味を持ったものには[br num=”1″]納得するまで集中し学習するといったところは、[br num=”1″]正にやり手の男性に見える特徴でもある。

 

おそらく結婚はしない生き方を選んでいる福山理子だが、[br num=”1″]今後の活躍も期待したいところである。

 

error: Content is protected !!