レオン・ラッセルが死去! 謎に包まれた死因と代表曲について

レオン・ラッセルが死去したことが、俄かに話題になっている。

 

報道によると自宅で死去したとだけ報じられているが、その死因とは一体なんだったのだろうか?

 

代表曲にまつわる秘話と供にみていこう。

 

レオン・ラッセルとは?

1942年4月2日に米・オクラホマ州ロートンで生まれたレオン・ラッセルはキャリアは長い。

 

10代の頃からキーボーディストとして音楽活動をして、多くのプロミュージシャンのプロジェクトに参加。

 

1970年代に米・南部ロックの泥臭さを前面に押し出した音楽性で、ロサンゼルスで【スワンプ・ロック】と呼ばれるジャンルの一人者となった。

 

またマルチプレイヤーとしても知られており、キーボーディストと思われているが、実際にはギターやベースなどの弦楽器を操るミュージシャンでもあった。

 

レオン・ラッセルの代表曲

何といっても【A Song for You】だろう。

1970年にリリースされたレオン・ラッセルの代表曲【ア・ソング・フォー・ユー】は名曲として知られており、多くの著名ミュージシャンにカバーされた。

 

またこの頃のレオン・ラッセルの活躍は、エリック・クラプトンにも大きな影響を与えたと言われている。

 

確かにクラプトンにはどこかレオン・ラッセルの吟情的な雰囲気が酷似している様にも思える。

 

レオン・ラッセルの死因

レオン・ラッセルはナッシュビルの自宅で就寝中に死去していたという。

 

妻がレオンが寝室で息をひきとっているのを発見したそうだが、死因についてはまだハッキリと分かってはいない。

 

が、レオン・ラッセルは以前から心臓を患っており、生前は心臓発作で病院に運び込まれたりしたこともあったそうだ。

 

謎に包まれた死因であるが、おそらくは就寝中の突然の心臓の疾患によるもので、そのまま帰らぬ人になったと見るのが妥当だろう。

 

よくミュージシャンは麻薬によるオーバードーズによって死去するということも多いが、レオン・ラッセルはそうしたスキャンダルが一切、無いクリーンなミュージシャンだ。

 

きっと、苦しまずにそのまま亡くなられたのであろう。

 

ならば、レオンの突然の死去にも、ファンの悲しみは少しは癒されるのではないだろうか?

 

まとめ

享年74歳で旅立たれたレオン・ラッセルだが、南米ロックのカリスマとして後世のミュージシャンに多大な影響を及ぼした功績は大きい。

 

晩年はエルトン・ジョンなどと親交をかさねて、ロックの殿堂のサイドマンにも選ばれたこともあり、一線を退いてもその影響力は強かった。

 

心からレオン・ラッセルのご冥福をお祈りしたい。

 

>2017年約3000万PVマークした当サイト

2017年約3000万PVマークした当サイト

2021年現在はGの呪縛から逃れて気楽に運営中。
随時、ライターを募集しております。

CTR IMG