オルケスタ・デ・ラ・ルスのJIN(橋本仁)の嫁がDV不倫を告発! これはアリエナイ!

オルケスタ・デ・ラ・ルスは[br num=”1″]日本が世界に誇る大所帯バンドとして有名だ。

 

そんなバンド内でボーカルを[br num=”1″]務めているJINこと橋本仁のプライベートの傍若無人な[br num=”1″]素行が明らかになっている。

 

嫁が告白するDV不倫の内容とは[br num=”1″]一体、どういうものなのだろうか見ていこう。

 

オルケスタ・デ・ラ・ルスのJINについて


【名前】 JIN(じん)

【本名】 橋本仁(はしもとじん)

【生年月日】 1964年7月27日

【星座】 しし座

【年齢】 52歳

【出身地】 兵庫県尼崎市

【血液型】 O型

【所属】 オルケスタ・デ・ラ・ルス

【デビュー】 1986年

 

JINは現在、オルケスタ・デ・ラ・ルスの[br num=”1″]ボーカルとして活動しているが、[br num=”1″]元々はイカ天に登場したアマチュアバンドマンであった。

 

バンド活動をし、[br num=”1″]AVEXからデビューした後の2001年に[br num=”1″]オルケスタ・デ・ラ・ルスのメンバーとなり、[br num=”1″]世界を股にかけて活躍中。

 

またデラルスのメンバーと供に[br num=”1″]別グループも結成。

 

そしてボーカルトレーナーとしても知られており、[br num=”1″]多彩な活動をしている。

 

JINの嫁がDVを告発している・・・

JINは2012年に一般女性と結婚しているそうだ。

 

その嫁が某週刊誌に暴露した内容は、[br num=”1″]非常にショッキングなものである。

 

JINは結婚する際には嫁に仕事をしなくていいといったが、[br num=”1″]いざ嫁が生活費をもらおうとすると[br num=”1″]テーブルをひっくり返し、物を壊したりしたという。

 

嫁は自分のお金で生活費を工面していたという。

 

その後、JINは都内にミュージックバーを開店したが、[br num=”1″]嫌な客は追い返したり、言うことを聞かないと[br num=”1″]『土下座しろ』と言ったりする[br num=”1″]傲慢な態度などが災いして、一年で閉店。

 

開店には各方面から借金をして資金を作ったが、[br num=”1″]その回収もままならない状態に、[br num=”1″]嫁が銀座に出て働くようになったという。

 

その後、一方的にLINEで[br num=”1″]離婚を要求するメッセージが嫁の元に届き、[br num=”1″]別居とあいなった。

 

離婚に際して、[br num=”1″]店の借金や嫁が支払った結婚式の費用を[br num=”1″]折半した額を支払うという約束で[br num=”1″]離婚するということになった。

 

しかし、その約束をした一か月後、[br num=”1″]JINは嫁に対して仕事の邪魔をしたということで、[br num=”1″]600万の慰謝料を請求されたという。

 

離婚調停と突入したが、[br num=”1″]その裏で行われていたことは、[br num=”1″]非常に理不尽なものであった。

 

[sp] [ad#co-1] [/sp]

JINが離婚を迫った理由は不倫・・・

JINが離婚を嫁に迫ってきた理由は、[br num=”1″]意中の女性が出来た為であったという。

 

それはJINと嫁の共通の知り合いのSNSに[br num=”1″]投稿された1枚の写真から明らかになったことであった。

 

その写真にはJINが女性の肩を[br num=”1″]抱いている仲睦まじい様子を写していたものだった。

 

JINはその女性には嫁と別れているといって、[br num=”1″]交際していたようであった。

 

某週刊誌がこの事実をJINに確認を求めると、[br num=”1″]不倫に関しては認めているものの、[br num=”1″]嫁の主張は間違っていると反論している。

 

JINは嫁が知人や事務所の社長などに[br num=”1″]一方的な悪口を言い回っており、[br num=”1″]自分の悪いところを直す気もなかったという。

 

だから離婚しようと告げると、[br num=”1″]慰謝料を含め、根拠のないお金が記された[br num=”1″]書類が届いた為に弁護士に相談し、[br num=”1″]離婚調停となったというのだ。

 

明らかに食い違う2人の主張は[br num=”1″]まさしく泥沼状態と言えるのだが。

 

おわりに

オルケスタ・デ・ラ・ルスのJINこと橋本仁と[br num=”1″]嫁の離婚騒動は非常に厄介なものであると思われる。

 

某週刊誌はDV不倫疑惑として報道しているようだが、[br num=”1″]実際には真実は外部の人間には確認しようがないからだ。

 

そして、そこには結局、[br num=”1″]お金が絡んでいることから、[br num=”1″]何としてでも自分の非を認めないという状態に陥りがち。

 

こうした泥沼劇は、[br num=”1″]たくさんのお金と時間がかかるものであり、[br num=”1″]人生にとっては痛恨のロスとなるものであるのだが・・・。

 

error: Content is protected !!