小林麻央のブログ KOKOROの最新版を英語で更新しているのは誰なのか?

小林麻央のブログ KOKOROが[br num=”1″]現在も尚、更新され続けている。

 

最新版の更新は英語でつづられており、[br num=”1″]2017年6月30日から更新再開しているのだ。

 

ブログの更新をしていた[br num=”1″]小林麻央本人が死去している為に、[br num=”1″]この更新を続けているのは誰なのだろう?

 

小林麻央のブログ KOKOROの最新版について

小林麻央のブログ KOKOROは[br num=”1″]2017年6月20日の【オレンジジュース】をもって停止。

 

何故ならば、ブログを執筆し続けていた[br num=”1″]小林麻央本人が死去し他界した為だ。

 

ところが10日後の6月30日に[br num=”1″]【Being  myself】という記事が最新版として投稿。

 

これはブログ KOKOROが開設された[br num=”1″]2016年9月1日の処女記事である【なりたい自分になる】を[br num=”1″]英語で記したものだ。

 

果たして、これは一体、どういうことなのだろうか?

 

小林麻央のブログ KOKOROの最新が英語で更新されている理由

小林麻央のブログ KOKOROの[br num=”1″]Webスペースを提供していた[br num=”1″]サイバーエージェントはこの様な発表をしている。

麻央さんの「MVB」認定について「強い意志のもと、ブログ『KOKORO.』を開設。

約10ヶ月間で352記事を綴り、1記事1記事に込められたメッセージは多くの共感を呼び、ブログ読者をはじめ、日本だけではなく世界中の人々を勇気づけ、大きな影響を与えました。

ブログ開設以来、10ヶ月連続で『Ameba芸能人・有名人ブログ』の月間アクセスランキングが1位となり、読者数は270万人を超えるなど、多くの方からの圧倒的な支持と影響力を称えて、このたび『MVB』として認定いたしました。

 

また、麻央さんのブログを現在の形のまま継続して公開する

ブログを書く小林麻央が既に[br num=”1″]他界している為に、最新記事を書く人間はいない。

 

しかし、残し続ける為には、[br num=”1″]何らかの形で更新し続ける必要があるのだ。

 

だが、同じ内容の記事を投稿すると、[br num=”1″]インターネット検索上、問題がある為に、[br num=”1″]英語に訳して投稿するという策をとったと思われる。

 

ならば、ブログKOKOROを[br num=”1″]更新し続けている人間は、果たして誰なのだろうか?

 

[sp] [ad#co-1] [/sp]

ブログ KOKOROを英語で更新しているのは誰か?

具体的にここまでは公表されていないものの、[br num=”1″]おそらくはサイバーエージェント側が[br num=”1″]スタッフに更新作業をさせていると思われる。

 

小林麻央のブログ KOKOROは[br num=”1″]巨大メディアと化して、日本人はもとより[br num=”1″]世界中のインターネットユーザーの関心をひいていた。

 

それはサイバーエージェント側や[br num=”1″]加えて遺族の人間の経済的支援にも[br num=”1″]繋がることになるからだ。

 

英語を読める日本人はいても、[br num=”1″]日本語を読める異邦人は少ないのが現状。

 

つまり、2017年6月30日を機に[br num=”1″]ブログ KOKOROの最初の記事を英語にして、[br num=”1″]毎日更新していき永久に小林麻央の残した記事を[br num=”1″]改めて世界中に発信させていくということだろう。

 

現在も尚、ブログ KOKOROには[br num=”1″]多くのインターネットユーザーが訪れる。

 

これを風化させていくには、[br num=”1″]あまりにも惜しいという声は数多い。

 

運営側のサイバーエージェントは、[br num=”1″]英語で今後も更新し続けるという方法で[br num=”1″]風化させない手段をとったのであると感じる。

 

おわりに

小林麻央のブログ KOKOROを久しぶりに拝見すると、[br num=”1″]英語で更新されている様子に驚きを隠すことが出来なかった。

 

小林麻央が亡くなって、[br num=”1″]これだけ育ったブログがどうなるのだろうか?[br num=”1″]と、いう想いに駆られたのは筆者だけではないはず。

 

今回のサイバーエージェントの計らいは、[br num=”1″]会社にとっても遺族にとっても、[br num=”1″]インターネットユーザーにとっても[br num=”1″]良いものであると感じるがいかがだろう。

 

error: Content is protected !!