冨田一樹は天才オルガン奏者! 彼女はどんな人物なのか?

冨田一樹は新進気鋭の天才オルガン奏者として、注目を浴びている。

 

何がどう冨田一樹のオルガンが天才的なのかは、Wikipediaのプロフィールなどが無い為に、いまいち分からないので調べてみた。

 

彼のオフィシャルチャンネルのオルガン演奏と供に、彼女についての考察などもお届けしよう。

 

冨田一樹にはWikiが無いので・・・

冨田一樹は1988年に大阪府摂津市で生まれた。

 

現在は28歳。

 

生年月日は非公開であるが、およその経歴や学歴などは判明している。

 

冨田一樹の学歴

2007年に大阪府立山田高等学校を卒業後、大阪音楽大学に進み、同校を卒業。

 

大学卒業後はドイツ・リューベック音楽大学に進み、修士課程ではパイプオルガンを専攻。

 

現在も同大学に在籍している。

 

冨田一樹は現在も学びを続けているわけだが、既に天才オルガニストとしての実績がある。

 

冨田一樹の経歴

2016年に国際バッハコンクールでオルガン奏者として1位に輝いた。

 

国際バッハコンクールというのは、1950年から始まったバッハを演奏する音楽家たちの羨望の的である催しもの。

 

ドイツのザクセン州・ライブチヒで、冨田一樹が1位に輝いたオルガン部門は4年に1度開かれるもの。

 

他部門は2年に1度のものもあるようだが、このコンクールで並み居る奏者を抑えて1位になっているのだ。

 

冨田一樹が1位をとった際、審査員のクリストフ・ウォルフは、最高峰の賛辞を贈っている。

彼の演奏は私たちの心に響いてきました。バッハの音楽の力を感じさせてくれました。

この時に冨田一樹はオルガン奏者として、バッハを14歳の頃から意識し、研究していたことを明かしている。

 

冨田一樹にとっても、国際バッハコンクールでトップを飾ったのは、喜びの極みであり、日本のオルガン奏者として天才と言われるにふさわしい快挙だった。

冨田一樹の彼女は?

そんな天才オルガン奏者として、注目を浴びている冨田一樹だが、結婚はしていないようだ。

 

そうなると彼女の存在が気になるところだが、全くといっていい程、女性の噂は無く、影もないのだ。

 

これだけでは味気ないので、冨田一樹をある方法でプロファイルしてみた。

 

それによって出た冨田一樹に合う彼女の理想像は、非常に母性本能が強い女性。

 

冨田一樹自身は、恋愛に関しては奥手であり、人見知りが激しい性格のようだ。

 

が、一旦、恋焦がれた女性と親しくなると、子供の様に人懐っこくなる一面があると思われる。

 

また、そんな冨田一樹は、どれだけ金を持ち、名誉を得たとしても、恋愛に対しては一途であり、浮気などをする男性の傾向にはない。

 

あまりにも好きになった女性のことを、思いつめてネガティブな恋愛になってしまうこともある様に感じる。

 

だからこそ、冨田一樹の彼女にふさわしい女性は、包容力があり安心感を男性に与えることができる母親の様な大らかさを持つ女性だと言える。

 

まあ、あくまでプロファイルという曖昧なものなのだが、彼に合う彼女のタイプとして挙げさせてもらった。

 

冨田一樹の年収を予想してみる・・・

冨田一樹はまだ学生の様なので、年収というのもオルガニストとしては安定していないと思われる。

 

が、テレビ出演やコンサートなどでは売れっ子である。

 

日本の著名なオルガニストの平均年収は500万円程と言われている。

 

町の小さな開業医程度の年収のようだが、あくまでオルガニストをはじめとする演奏家は、音楽事務所に所属し、給与としてもらえるものだそうだ。

 

と、いうことで実質、会社員と変わらない形態になると言ってもおかしくはないのだ。

 

が、冨田一樹は天才オルガン奏者ということで、数々のメディアで今後も出演をすると予想される。

 

そうなれば、事務所からの報酬、プラス、出演料などの加えれば、年収は1000万以上を超えると思われる。

 

しかし、世界的にもっと活躍すれば、正直、この数倍は確実となるのではないだろうか?

 

冨田一樹のまとめ

冨田一樹は今年に入り、オルガン奏者として世界的な知名度を上げたばかりなので、Wikiなどのプロフィールも無い。

 

が、テレビ番組などに出演が決まっていたりするので、徐々にあまり音楽に関心のない方々にも知られる様になるだろう。

 

現在、彼女の有無は謎のままだが、いなかったとしたら、知名度が上がるにつれて、そのチャンスは溢れるばかりに恵まれることだろう。

 

世界で活躍する新進気鋭の天才オルガン奏者・冨田一樹の今後の活躍に注目したい。

 

>2017年約3000万PVマークした当サイト

2017年約3000万PVマークした当サイト

2021年現在はGの呪縛から逃れて気楽に運営中。
随時、ライターを募集しております。

CTR IMG