広瀬晃一が去年11月に失踪して物議を醸しだしていた女子大生に関与し、命を奪っていたことが明らかになっている。

 

その結果、逮捕されているわけだが、ここでは広瀬晃一の家族や犯行動機、それに加えて卒業アルバムの写真画像をリークした友人たちの考察をしてみようと思う。

 

35歳という中年男性の心の闇に生じた深淵とは如何なるものだったのであろうか・・・。

 

Sponsored Link

広瀬晃一の卒アル写真画像が既に・・・

引用:Yahooより

各一部のマスコミは逮捕された広瀬晃一を『オタク』と称しており、それに続いてインターネット上の有志も卒アル写真画像をみて、同じ様な文言を記述している。

 

こちらは学生時代の卒業アルバムから抜き出されたものであるのは間違いないようだが、気になるのはこうした写真画像はマスコミはどこから入手したものなのだろうか?

 

広瀬晃一の卒アル写真画像をリークしたのは・・・

当然、広瀬晃一の卒アル写真画像をマスコミにリークした張本人が明かされることはない。

 

しかし、おそらくリークした者は広瀬晃一の学生時代の友人や知人であろう。

 

ある種、マスコミに凶悪事件の犯人の情報などをリークするという行為は、リスクを伴う。

 

その分、実は決して馬鹿にならない謝礼金がリークした者に贈られるのは、割とよくあることである。

 

場合によっては、リークしたのは家族ということもあるが、今回のケースではそれは違う。

 

何故ならば実際に後述している朝日新聞が既に写真の出処をそれとなく報じている。

 

次は広瀬晃一の家族について考察してみよう。

広瀬晃一の家族について

報道の内容を一部、抜粋しよう。

東京都葛飾区の女子大学生(19)が昨年11月から行方不明になっている事件で、警視庁は31日未明、任意で事情を聴いていた茨城県神栖市深芝南2丁目、無職広瀬晃一容疑者(35)の供述に基づき、同市内で性別不明の遺体を発見した。同日、広瀬容疑者を死体遺棄の疑いで逮捕し、発表した。同庁は遺体は女子大学生とみて身元確認を進めている。

 捜査1課によると、広瀬容疑者は「(インターネットの)掲示板で知り合った女性に騒がれ、殺してしまった。遺体を埋めた」と容疑を認め、女子大学生殺害への関与も認めているという。逮捕容疑は昨年11月20日ごろ、同市須田の畑の土の中に性別不明の遺体を遺棄したというもの。

 広瀬容疑者は今月30日午後6時半ごろ、警視庁の聴取に対して「死体を埋めた」との供述を始め、同庁が31日午前1時半ごろ、供述通りの場所から遺体の頭部を発見したという。同庁は広瀬容疑者を24日から断続的に任意で事情聴取していた。

引用:朝日新聞より

ここで興味深いのは広瀬晃一が無職であるということだ。

 

と、いうことは家族と同居しているのでは?と感じる部分もあるが、どうやらそれは違うかもしれない。

 

広瀬晃一のアパートに家宅捜索する際の様子を、マスコミが報じているが、ウィークリーマンションの様な小さなアパートに住んでいる。

 

一人暮らしの人間が住む様な形の住まいなので、家族との同居はしていない一人暮らしであったと思われる。

 

広瀬晃一の家族などの情報は現在は・・・

現在、広瀬晃一の家族(父親、母親、兄弟など)の情報は、まだ流れていない様子。

 

しかし、こうした凶悪犯であるならば、例え罪がないとはいえ、家族に対して注目が集まることは必至である。

 

だが、あくまで罪を犯したのは広瀬晃一本人であり、彼は既に35歳という立派な大人である。

 

関係のない家族などが奇異な目や誹謗中傷に晒されるのは、非常に同情を寄せるところではあるのだが、これも仕方がないことなのかもしれない。

 

もちろん新情報があれば、改めて追記という形をとりたい。

 

追記:広瀬晃一の家族情報に新情報あり

新しい情報が飛び込んできた。

 

広瀬晃一は土浦市出身であり、幼少期に父親が他界し、母子家庭で育ったということであった。

 

姉と弟、妹の4人姉弟であり、茨城県牛久市を家族で転々とする生活をしていたという。

 

現在は独立して、土木関係のアルバイトで質素な生活をしていたということであった。

 

初動の報道では無職ということであったが、実際には安い賃金でありながら、一人で自立出来ている生活を行っていた様である。

 

広瀬晃一の犯行動機は?

広瀬晃一と遺体でみつかった女子大生は、既に知り合いであった。

 

インターネットの掲示板で知り合い、リアルで会うようになったということだ。

 

警察への供述で広瀬晃一は以下の様に語っていることから、おぼろげながら犯行動機に至る部分が垣間見える。

 

『インターネットの掲示板で知り合った』

『女性に騒がれ殺した。土の中に埋めた。』

 

インターネット上でのやり取りでは、自分をどれだけでも良く見せれる。

 

それによって女子大生の信頼を多少、得た広瀬晃一は女子大生とリアルで会うことを成功させる。

 

しかし、卒アル写真画像を見ても分かる様に、広瀬晃一の容姿はお世辞にも良い男とは言えない。

 

女子大生がおそらくは広瀬晃一から別れようとした際、欲望に駆られた彼は暴挙に及んだというイメージが見えてくる。

 

35歳で無職といううだつの上がらない男性であるが、男としての性(サガ)あることに相違はないからだ。

 

命を奪われた女子大生が暴行された形跡などがあるのかは、定かではないが、それをした上で命を奪った可能性は大いに考えられる。

 

おって新情報を待つことにしよう。

 

広瀬晃一に対する反応は?

ネット上の有志や、事件を知ったユーザーの反応は、当然ではあるが凄まじいものがある。

・なんで、19歳の女子大生は無職の売れ残り男しかも35歳についてったのか? どう考えても需要ないのにこれからの若い女性には、付き合う男はしっかりと見極めてほしい。

・19歳の学生が35歳の無職に何の用事があったんだろう?

・この一件を教訓に、若い人にはSNSによりむやみに見ず知らずの他人に出会う事の危険性を、現実的に認識してほしい。私も同じ歳の娘を持つ親として、しっかり言い聞かせます。何かあってからでは遅い!

・一番悪いのは男だが、自分の身は自分で守るしかない。安易に男に会いに行くのは危険だ。危機管理、意識をしっかり持つことも重要。どんなに気をつけてもどうにもならないこともあるが。

・ネットで顔も分からない人といきなり会うのはリスクが高すぎるような気がする。基本どんなに良い事を言っても最終的には体目当ての男が多いということを覚えておいてほしい。

引用:Yahooニュースより

犯人逮捕の報道があり、ニュース記事になってから、数時間で既に数千件の反応が寄せられている事にも注目できる。

 

加えて広瀬晃一に対する反応も多かったが、他に目立つところでは被害者女性に対しての意見だ。

 

現在はインターネットが盛んで、特にネットで知り合った人間とリアルで落ち合い、親しい関係になるということは多々あるし、普通といってもいい。

 

だが、前述したように、顔も素性も直接的に分からないネット上の関係では、いくらでも偽りを言えるわけである。

 

なので、リテラシーなどの見極める力というものを、インターネットユーザーは養っておく必要があるということに他ならない。

 

だが、今となっては何をいっても広瀬晃一の毒牙にかかった女子大生は戻らない。

 

おわりに

広瀬晃一の犯行動機や家族や卒アル写真画像の背景などを考察してみたが、非常にショッキングな展開である。

 

今後、更に新事実が明らかになることは間違いないが、おそらく元から凶悪な人間ではなく、女性関係に対して過剰に反応した中年男性の行為がエスカレートしたということだろう。

 

それによって本当に犠牲となるのは、生きていかなければならない被害者家族、そして広瀬晃一の家族なのだ。

 

それだけ取り返しのつかないことをしてしまったということは、広瀬晃一本人は自覚しているのだろうか・・・?

 

Sponsored Link