フライデー 最新号の現役アイドルの美人局の内容・・・これは誰なのか?

フライデーの最新号で驚愕スクープと題された【現役アイドルが美人局!】なる記事。

 

そもそも芸能界とは虚飾に彩られた世界であるのは、周知の事実。

 

このスクープの内容と現役アイドルは誰なのかを考察してみよう。

 

フライデーの最新号の美人局の現役アイドルの・・・

フライデーの最新号・8/18・25合併号(2017年)のトップ記事は、非常に目を引く見出しであった。

 

それは現役アイドルが美人局! 「証拠〇〇〇動画」を衝撃入手と題されていた。(〇〇〇は過激な為に自主規制)

 

トップ記事は袋とじのカラーページで構成されており、動画からおこした写真画像がふんだんに使用されていた。

 

そこに写っている女性は、目線が施されていて、ハッキリとは分からないものの、確かにどこかで見たことがあるグラマラスな美女であった。

 

フライデーの最新号の美人局の内容とは?

内容を要約すると以下の通りだ。

 

・フライデーが入手した証拠動画が撮影されたのは約3年前。

・登場人物は現役グラビアアイドルのAとお金でAとの行為を買った実業家のB氏とAの所属する事務所のC氏。

・実業家のB氏は行為の対価にAに30万円を支払う。

・AとB氏の行為の模様は隠し撮りで一部始終、録画されていた。

・この動画を基にC氏がB氏をゆすり、仕事を回すように頼んだり、金銭を要求。

・B氏が結局、C氏にむしり取られたお金は1000万円以上。

 

B氏とC氏は元々、知り合いであり、B氏がグラドル好きなのを知って、Aをあてがい、ユスリのネタを得る為に動画撮影をしていたという。

 

記事の内容には、B氏を自室に招き入れたAがB氏が席を外している最中に、C氏に電話して指示を仰いでいる様が画像と供に描かれている。

 

芸能界が虚飾の世界で、欺瞞や欲望で満ち満ちているというのは、当たり前の話。

 

当然、美人局なんかは当たり前の様に、今、この瞬間もどこかで行われている事柄だ。

 

が、やはり、ここで気になるのは、この現役グラビアアイドルAが誰なのか?と、いうことだろう。

 

フライデーの最新号の美人局の現役アイドルとは誰か?

問題のグラビアアイドルの特徴も、フライデー最新号の美人局スクープ記事内で記載されている。

 

それによると

 

・人気の現役のグラビアアイドル。

・スレンダーな身体。

・Gカップの豊満なバストを持っている。

・数冊の写真集と、テレビドラマや映画に出演経験あり。

 

と、なっている。

 

Gカップのグラドルなんて、このご時世、吐いて捨てる程、存在しているが、人気があり、テレビや映画に出演経験があるということは、それなりに知名度があるということだ。

 

個人的にフライデーが報じた美人局スクープ内の画像などを見て、それらの特徴に当てはまる女性は一人しかいなかった。

 

当て嵌まるグラビアアイドルはS・Aであると、個人的には感じている。

 

また読者さまからの情報提供により、K・Mであるという指摘もあり、C氏の詳細もお届けいただいた。

 

関東連合が跋扈していた頃の話ならば、それもかなり有力な情報であるといえよう。

 

しかし、このスクープはあくまでフライデーの報じている内容であり、これまでの傾向からみて文春や新潮に比べると、信憑性に疑問があるわけなので、断定は難しい。

 

追記:問題の美人局の内情の情報提供

当ブログの読者様の一人に、このスクープに関わることで、非常に詳しい方が情報提供に値するコメントをつけてくださりました。

 

コメント欄を見る限り、伏字でつづっておられますが、何のことかお分かりになると思います。

 

情報提供してくださった読者様、誠にありがとうございます。

 

 

おわりに

フライデー・最新号の美人局アイドルについての考察をしてみたが、この証拠動画は本物であるかどうかの判断はつかないわけだ。

 

しかし、これが100%本物であったとしたら、美人局や枕営業が蔓延っている芸能界と分かっていても、どえらい騒動になるだろう。

 

まして、グラビアアイドルが誰かを特定して、その名前が公になった場合は、日本中が大騒ぎになるほどの核弾頭となりえる。

 

例え今回のフライデーの最新号の美人局スクープが、フェイクドキュメンタリー記事であったにせよ、こうした事実は確実に行われているのは間違いない。

 

>2017年約3000万PVマークした当サイト

2017年約3000万PVマークした当サイト

2021年現在はGの呪縛から逃れて気楽に運営中。
随時、ライターを募集しております。

CTR IMG