岩政大樹は引退して嫁と年俸というものが無くなる生活を送るのか?

元鹿島アントラーズで日本代表の実績があるプロサッカー選手の岩政大樹が引退する可能性がある。

 

サッカー選手から離れて、嫁と供に第二の人生を歩むということになる様だ。

 

岩政大樹の引退、並びに嫁や年俸などの情報に触れてみよう。

 

岩政大樹について

岩政大樹は1982年1月30日に山口県周防大島町で生まれた。

 

学歴は岩国高等学校を経て、東京学芸大学教育学部に入学。

 

高校3年生の頃は山口県選抜選手として、国体に出場していた。

 

大学サッカーで新人王に輝く活躍を見せると、3年生の頃にはU-22日本代表に選ばれ、卒業後は鹿島アントラーズに入団。

 

2010年・FIFAワールドカップの日本代表メンバーに選ばれる栄光を勝ち得たが、2013年には陰りが見えはじめて、その後、鹿島アントラーズを退団。

 

2015年にはJ2のファジアーノ岡山に移籍し、キャプテンを務める。

 

岩政大樹は引退するのか?

岩政大樹の引退の可能性を報道したのは日刊スポーツだ。

 

J2になったファジアーノ岡山は岩政大樹をキャプテンの据え、J1昇格を虎視眈々と狙っていた。

 

が、12月4日のJ1昇格プレーオフでセレッソ大阪に破れてしまう。

相手に隙を与えてしまった。主将である僕の責任

選手として食っていくかは分からない。岡山に来る時にサッカー人生を懸けると言っていた。いい年ですしね

と、言い放った岩政大樹は引退を考えているかの様だったという。

 

まだ岩政大樹の引退は決定的ではないにせよ、その時は近い。

 

岩政大樹の嫁

岩政大樹は両親が供に教員だった為に、自身も大学生の頃はサッカーの道では無く、教師を目指していたという。

 

大学在学中には中高の数学の教員免許をとり、教育実習に赴いた高校で、後に嫁となる女性と親密な関係になる。

 

大学生と高校生の恋愛という形ではじまったのが馴れ初めで、後に嫁は一般企業に就職し、岩政大樹と結婚したということだ。

 

2008年12月に岩政大樹の結婚が報道され、子供も既にいるようだ。

 

岩政大樹を長年、支えてきた嫁もある意味、引退する旦那を前にして、どこか安堵しているのではないだろうか?

 

おわりに

岩政大樹の一時期の年俸は約6000万円と言われており、これは元日本代表に選ばれた頃のピーク時のもの。

 

サッカー選手としては申し分ないものとは思えるが、現在はJ2になり、引退も示唆されていることから、過去の栄光を再び取り戻すことは叶わない。

 

が、嫁と子供と供に別の幸せの形を探求していくというのも、長い人生の中では必要であり、正しい選択であるとも思える。

 

>2017年約3000万PVマークした当サイト

2017年約3000万PVマークした当サイト

2021年現在はGの呪縛から逃れて気楽に運営中。
随時、ライターを募集しております。

CTR IMG