アンミカが離婚した旦那がヤバすぎる・・・若い頃とは違って再婚した夫は・・・

アンミカが若い頃に交際していた[br num=”1″]男性が非常に常軌を逸している人物であった。

 

実際には旦那という立場では無かったものの、[br num=”1″]その様に認知されているのも不思議だ。

 

離婚や再婚されたと言われる夫は、[br num=”1″]どの様な人物なのかを紐解いてみよう。

 

アンミカについて


【名前】 アンミカ(AHN MIKA)

【別名】 安美佳(あんみか)

【生年月日】 1972年3月25日

【星座】 おひつじ座

【年齢】 45歳

【出身地】 韓国

【血液型】 O型

【学歴】 大阪府立住吉高等学校

【所属】 Tencarat Plume

【デビュー】 1991年

 

アンミカは韓国の済州島で生まれた後に[br num=”1″]大阪市に移住し、幼少期は非常に貧しい家庭で育った。

 

学生時代はアルバイトに明け暮れて、[br num=”1″]経済的に兄妹と供に家庭を支えた後、[br num=”1″]母親の死を切欠に兼ねてより[br num=”1″]憧れていたモデルの道へ進む。

 

高校卒業と同時に単身でパリに移住して、[br num=”1″]イギリスのファッション誌【I・D】の誌面モデルでデビュー。

 

1993年、20歳になったときには[br num=”1″]パリコレクションに登場し、その実績で[br num=”1″]日本と韓国を股に掛けるモデルとして活躍した。

 

その後は映画デビューなども飾り、[br num=”1″]プロデュース業、実業家、タレントとして活動している。

 

アンミカが離婚した旦那がスパイ?!

アンミカの離婚したかつての旦那が、[br num=”1″]スパイであったというショッキングな噂がある。

 

厳密にいうと旦那ではなく、[br num=”1″]彼氏という存在であったのだが、[br num=”1″]若い頃のその過去が凄まじいのだ。

 

かつてテレビ番組でアンミカが告白した内容によると、[br num=”1″]交際した男性に自身の家族を紹介されたという。

 

しかし、その家族は実は全て劇団員であり、[br num=”1″]彼氏の家族では無かったと言う。

 

アンミカに告げていた名前も偽名であり、[br num=”1″]素性も怪しいと感じた時に問い詰めると、[br num=”1″]姿を消したのだ。

 

その後、交際していた彼氏が[br num=”1″]国を股に掛ける国際的スパイであったことが分かり、[br num=”1″]アンミカ自身も命を狙われていたということが明らかになった。

 

俄かには信じられない[br num=”1″]若い頃のアンミカの話であるが、[br num=”1″]確実に国益の為にスパイ活動をしている人間は存在している。

 

たまたま、そういった男性と繋がってしまったのは、[br num=”1″]果たして悲劇だったのだろうか・・・?

 

[sp] [ad#co-1] [/sp]

アンミカが再婚した旦那はスパイではなくセレブ!

アンミカはスパイの彼氏と別れて、[br num=”1″]次に交際した相手は日本語がペラペラのイケメン男性。

 

ここでも再婚というのは誤りであるのだが、[br num=”1″]どういうわけか再婚と認知されている。

 

出逢った男性はアンミカに[br num=”1″]非常に好意的に接してくれるものの、[br num=”1″]以前の彼氏がスパイであったことから、[br num=”1″]かなり怪しく感じていたという。

 

しかし、その過去の話が切欠で、[br num=”1″]現在の旦那であるセオドール・ミラー氏と[br num=”1″]結婚と相成ったのだ。

 

アンミカが結婚した旦那であるミラー氏は[br num=”1″]ニューヨーク大学を卒業後に電通に就職し、[br num=”1″]その後は日本有数の企業での職を経て、[br num=”1″]イベントやCMなどを制作する会社を設立。

 

社長業を営むミラー氏の年収は[br num=”1″]数億円を超えるほどの資産家であるそうだ。

 

おわりに

アンミカの旦那に関しては、[br num=”1″]あまり具体的な詳細がなく離婚や[br num=”1″]再婚という形で流れている。

 

しかし、問題のスパイの彼氏とは[br num=”1″]結婚していたわけではないので、[br num=”1″]離婚歴も0回であるのが真相の様だ。

 

が、そんなことも切欠になり[br num=”1″]現在はセレブ結婚をして、何不自由なく暮らしている[br num=”1″]アンミカは間違いなく勝ち組女性の一人であると言えるだろう。

 

error: Content is protected !!