阿部四郎が死去! 高速カウントで知られるレフェリーはスナックを経営していた!

阿部四郎というレフェリーは、マニアには非常に有名だ。

 

女子プロレスにおいて悪徳レフェリーとして高速カウントの使い手で有名な名物人物だった。

 

死去に際して、別れを惜しむファンの中で囁かれているのは、スナックなどの現在にいたるまでの詳細だ。

 

阿部四郎というレフェリーについて


阿部四郎が悪徳レフェリーとして活躍していた、動画はあらゆる動画投稿サイトに残されている。

 

死去により別れを惜しむ往年のファンの為に提供しておこう。

 

それでは阿部四郎のプロフィールなどを列挙していこう。

 
【名前】 阿部四郎(あべしろう)

【生年月日】 1940年7月28日

【星座】 しし座

【享年】 76歳

【出身地】 福島県

【所属】 元・大和プロ、北島音楽事務所

【デビュー】 1970年

 

阿部四郎は元々からレフェリー業をしていたわけではなく、芸能人を支える裏方業務をしていた。

 

1970年に全日本女子プロレスのプロモーター業務に取り組みだして、全女を盛り上げるために自身も広告塔になったといえる。

 

その営業活動の一環が、悪役人気女子プロレスラーに加担して、敢えて汚名を被り悪役として生きるということだった。

 

当時はデビル雅美が率いる悪徳ヒール軍団【極悪同盟】が注目を浴びており、後に主役となるダンプ松本とリング上で傍若無人な演出を見せ、人気を集めることに成功した。

 

阿部四郎が残した影響力は、バカには出来ない程であり、後にナインティナインの岡村も阿部四郎をパロディして自身の芸の元にしている。

 

女子プロレス界に無くてはならない重要人物の一人として、ファンには忘れられない存在となっていた。

 

2017年4月25日に死去したと報道されて、その死因は肺炎であると公表されている。

 

阿部四郎の高速カウントが笑える!

阿部四郎と言えば、当時の全女プロレスのヒロインだったクラッシュギャルズを苦しめたダンプ松本に結託して、極悪同盟を贔屓していたレフェリングが有名。

 

当時はプロレスはガチであるという印象もあったために、ファンは心底、阿部四郎を憎み続けたわけだ。

 

中でも特徴だったのが、高速カウントだ。

 

プロレスは抑え込まれて、両肩がマットにくっついた状態でレフェリーのカウントが3数えられると、抑え込まれたレスラーの敗北が決まる。

 

阿部四郎の場合、ダンプ松本らが抑え込んだ場合は、このカウントの数え方が異様に速いのだ。

 

この模様は是非、動画投稿サイトなどで探して鑑賞して欲しいものだ。

 

今だとあまりにもえげつなくて笑いがこみ上げてくるシーンであるのだ。

 

阿部四郎は死去前はスナックを経営していた

阿部四郎は芸能プロモーター、女子プロレスのレフェリーの他にスナックの経営者でもあった。

 

そのスナックは東京都練馬区にある江古田駅近くのビル内で営業されている。

 

 

名前は【翠泉(すいせん)】というお店であり、現在も引き継がれて営業している様子である。

 

おわりに

阿部四郎という悪徳レフェリーの力もあって、女子プロレスという当時は新興イベントが世間的に認知される様になった。

 

伝説の高速カウントも死去してしまった現在となっては、生でお目にかかることが出来ないのは残念だ。

 

今後、阿部四郎を偲んで動画などを振り返り、スナックは賑わいを細々と絶やさない様になっていくとは感じる。

 

今はただ阿部四郎のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

>2017年約3000万PVマークした当サイト

2017年約3000万PVマークした当サイト

2021年現在はGの呪縛から逃れて気楽に運営中。
随時、ライターを募集しております。

CTR IMG