湯江タケユキ(健幸)は現在、有吉反省会に登場して、
大鶴義丹との関係を暴露している。

 

そんな湯江タケユキは昔は眩しい位のイケメンであり、
女性ファンも数多くいた隠れジャニーズ的なアイドルでもあった。

 

湯江タケユキの昔の画像などを見ながら、
現在の活動や嫁や子供などの情報を紐解いてみよう。

 

Sponsored Link

湯江タケユキについて

【名前】 湯江タケユキ

【本名】 湯江健幸(ゆえたけゆき)

【生年月日】 1967年10月18日

【星座】 てんびん座

【年齢】 50歳

【出身地】 東京都

【血液型】 AB型

【学歴】 非公開

【所属】 Simeon&Thea(代表取締役)

【デビュー】 1985年

 

湯江タケユキは
昔、湯江健幸という本名で俳優や歌手として活動していた。

 

1985年にテレビドラマ【ハーフポテトな俺たち】で
デビューを飾って以来、現在までに120本以上のドラマに出演。

 

映画俳優としても実績があり、
主役級ではないにしろ名脇役として業界では名高い。

 

デビュー当初は俳優よりも歌手としての活動に偏っており、
代表作品は【HURRY UP】であり、森永製菓のCMソングにも使われた。

 

2017年には本名の湯江健幸から、
名前をカタカナに変えて活動している。

 

湯江タケユキの現在は?!

湯江タケユキは現在、俳優や音楽活動、
タレント業と並行して、服飾デザイナーとしても活躍中である。

 

2011年頃から、デザイナーとして始動しはじめ、
中野区に【Simeon&Thea】を開店し、運営とデザインを行っている。

 

湯江タケユキは現在、有吉反省会で大鶴義丹との関係を暴露!

湯江タカユキはテレビ番組【有吉反省会】にて、
大鶴義丹と私生活では1か月に24日も行動を供にしている事を暴露。

 

もはや嫁や子供、家族よりも仲が良いことを赤裸々に告白しており、
飽きるどころか日をおうごとに大鶴義丹を好きになっていると発言。

 

温泉旅行に行った際には、
一緒に裸の付き合いという形で温泉に入浴するというから、
ただごとではない。

 

実際には同性愛ということではなさそうだが、
身体の関係がなくても、供に過ごす時間が多ければ多いほど、
その関係はより親密になっていくものだ。

 

大鶴義丹とは並大抵の
仲でないということが、明らかになったわけだ。

 

湯江タケユキと大鶴義丹の関係が一気に近くなったのは、
2013年頃であり大鶴義丹が監督した映画【裸のいとこ】で
共演したころからである。

 

舞台でも共演経験があり、
湯江タケユキが主宰するイベントに快く大鶴義丹も出場していたことから、
現在の強い絆が生まれたということらしい。

 

湯江タケユキの昔の若い頃の画像がイケてる!


湯江タケユキのこの画像は
昔、スマッシュヒットを飛ばした頃のものであり、19歳のころのものだ。

 

ちょっとヤンキーチックではあるが、
端正な顔立ちに当時はアイドル的な人気もあった。

 

こちらも昔の湯江タケユキの画像であるが、
現在で言うと少々、オダギリジョーや伊勢谷友介の様な
タイプであるといえる。

 

何にせよ非常にイケメン俳優で
通っていたことは間違いないわけであり、だからこそ多くの
ドラマ出演に起用されていたということにも繋がる。

 

湯江タケユキに『かつら』疑惑!

湯江タケユキはかつて『かつら』疑惑が浮上していた。

 

これはかつて時代劇で役柄を演じた際に、
どこか頭の形がいびつであったことから浮上したものである。

 

芸能通の中には、実は湯江タケユキはかつらを着用しているから、
表舞台にあまり出てこないという突拍子もないデマをいう人間もいたようだ。

 

しかし、現在の画像や昔の画像を見る限り、
その頭髪には全く不自然な様子はまったくない。

 

よって、これは一部の人間が
騙っているデマ情報といって然るべきものである。

 

湯江タケユキは嫁と離婚しており、現在は息子もいる

湯江タケユキは2009年に一般人の女性と結婚している。

 

しかし、これは2度目の結婚であり、
元の嫁とは2000年に結婚しており、子供を2人もうけた末に離婚。

 

現在の嫁との間には2015年3月2日に子供が誕生している。

 


湯江タケユキは自身のインスタグラムでも
息子との写真を投稿していることから、前述したように
大鶴義丹との関係だけではなく、家族にも大事にしていることが伺える。

 

おわりに

湯江タケユキの現在をメインに大鶴義丹との関係や、
昔の画像などと供にその歴史を紐解いてみた。

 

あくまで有吉反省会で述べたことは、
少々、盛って話していることであり、実際にはゲイとか
同性愛までの関係ではないのは明白だ。

 

仮にあやしい関係が視聴者の予想を斜め上をいって、
本当だったにせよ、今の時代、珍しいことでもないので、
驚きは極めて薄いといってもいいのだが。

 

Sponsored Link