友弘修司というボディービルダーが逮捕された事件が話題。

 

Facebookでは自らの裸体を惜しげもなく
披露している奇異な姿が目立つが、噂によると3位の実績があるとか?

 

友弘修司の起こした事件や
その他の噂について紐解いてみよう。

 

Sponsored Link

友弘修司について(Facebook)

友弘修司は報道によると
職業不詳とされているが、ボディービルダーの噂があるようだ。

 

Facebookにページをもっており、
その筋骨隆々の身体は目を見張るものがある。

 

自分自身が身体をここまで
鍛え上げられるからこそ、事件を起こしたと言える。

 

次は具体的な友弘修司が
逮捕された事件の概要をみていこう。

 

友弘修司が逮捕された事件と噂

事件を報じた報道ベースに上がった情報は以下の通りだ。

東京・府中市でおととし、小学2年生の双子の兄弟を路上の植え込みに投げ込み大けがをさせたなどとして、双子の母親の元交際相手の男が警視庁に逮捕されました。

 逮捕されたのは職業不詳の友弘修司容疑者(35)で、おととし11月、府中市の路上で小学2年生の双子の兄弟(8)2人の体を持ち上げ植え込みに投げ込み、次男の歯を折る大けがをさせたなどの疑いが持たれています。

 友弘容疑者は男子児童の母親の元交際相手で、陸上クラブに所属していた双子に対し、「走る練習をさぼっただろう」と呼びつけ、暴行を加えたということです。取り調べに対し、友弘容疑者は「この件は弁護士に話します」と供述しているということですが、逮捕直前の取材に対し、事件への関与を否定していました。

 「一緒にいたから疑われたというのは分かるんですけど、それ以上のことはなくて。一緒にはいたんですけど、僕が目を離したときにそうなった。何でそうなったのか分からない」(友弘修司 容疑者、今月11日)

 長男は去年4月、頭を強く揺さぶられることなどによって起こる硬膜下血腫で、一時、意識不明の重体となり、1年近く経った現在も入院しています。警視庁は、友弘容疑者が双子に日常的に暴行を加えていた可能性があるとみて調べる方針です。

友弘修司は自らが身体を鍛えることに余念がない性格から、双子の子供たちにも同じようなストイックさを要求していたのだろうか?

 

それが暴行の理由とも言えるかもしれない。

 

友弘修司に関して調べてみると、
指名手配されていたかのような検索キーワードが出てくる。

 

事件は一昨年に起きていて、
逮捕されたのが現在である以上、警視庁では2年に渡って
指名手配犯の様に追っていたのだろう。

 

次に友弘修司の他の噂を見てみよう。

 

友弘修司は3位の実績があるのか?

逮捕された友弘修司は
かつてボディービルダーの大会『NPCJ GRAND PRIX SERIES BLAZE OPEN』では6位に輝いている。

 

同大会では
俳優の金子賢が2位で同じ部門で入賞している。

 

ちなみに3位は
松原光太郎というボディービルダーである。

 

この噂は多少、違ってはいるものの、
とにかく肉体美を追求し実績があったことには間違いが無いようだ。

 

また報道では職業不詳になっていたが、
友弘修司は青年会議所【青少年未来づくり委員会】に所属しており、
子供の教育指導に熱い想いを持っていたようだ。

 

その熱い想いが
どうやら子供への暴行に繋がってしまったのだろうか・・・
だとすれば皮肉な話であるが。

 

おわりに

逮捕された友弘修司の事件を垣間見ると、
Facebookに投稿されている画像と相まって、
非常に首を傾げることばかりが目立つ。

 

また噂もどこか事実と少々、違っているわけだが、
3位ではなく6位の実績しかない。

 

事件の容疑を否認している供述をしている友弘修司だが、
実際に指名手配の様に長年、警視庁が追ってきていたわけだ。

 

他にも暴行の余罪があると思われる箇所が見えることから、
今後も続報が出てくる見込みがあると思われるが、果たして・・・。

 

Sponsored Link