中西大介という聞き慣れない男性が話題に上っている。

 

この人間が何者であるかは後述するとして、
何とJリーグ・サッカーの常務理事という立場の人間が、
とんでもないことをしでかしたのだ。

 

中西大介の経歴や不祥事について紐解いてみよう。

 

Sponsored Link

中西大介とは何者?!


【名前】 中西大介(なかにしだいすけ)

【生年月日】 1965年8月14日

【星座】 しし座

【年齢】 52歳

【出身地】 兵庫県神戸市

【学歴】 神戸商船大学

【所属】 公益社団法人日本プロサッカーリーグ

【活動】 1997年

中西大介はJリーグの運営を支えた名マネージャーであり、
チェアマン、副理事長に次ぐポジションである
常務理事という要職についていた人物だ。

 

その実績は素晴らしくJリーグの発展を
陰ながら支えてきた人物でもあり、
現在も尚、複数の案件に関わる重要な地位を担っていた。

 

ところが、Jリーグは
2017年6月27日に、中西大介の退任を発表した。

 

その理由は女性職員に
対してのパワハラやセクハラであり、
これが公になったのが、退任の原因である。

 

中西大介の経歴について

中西大介は大学卒業後、
日本有数の企業である株式会社ナガセに入社。

 

その後、1997年に
Jリーグ中継の権利販売を担当し、
続く2002年FIFAワールドカップでは
札幌ドームのマネージャーに就任。

 

2005年からヒューマンリソースディベロップメントグループに異動。

 

企画や事業展開を司るマネージャーを
務めた実績が評価されて、2010年に
事業戦略室室長、翌年には競技事業統括本部長に就任。

 

2014年にはJリーグ常務理事に就任し、
2015年9月には一般社団法人・ジャパンプロフェッショナル・バスケットボールリーグの
理事も兼任していた。

 

中西大介・サッカーJリーグの起こした不祥事とは?


中西大介が起こした不祥事を具体的に見ていこう。

 

中西大介は2015年頃から2016年に、
Jリーグの女性職員に対して、
仕事中に業務内容と全く関係の無い要件で、
電話をかけていた。

 

それも頻繁であり、
女性職員に電話だけでは飽き足らずに
好意を抱いている事を仄めかす、メールを度々、送信。

 

その内容は映画や美術館、
コンサートや食事などの誘いであった。

 

そして、中西大介は供に職務中の社内で、
女性職員に対して不快感を持たれる行為をしでかしており、
これらのパワハラとセクハラ行為が上層部に伝達。

 

これの処分として中西大介は
Jリーグ、及び、Jリーグ関連会社の役員や
指揮権などを剥奪されて、退任と相成ったのだ。

 

それに加えて一部、役員報酬も
返上を要求される処分を下されたのだった。

 

おわりに

中西大介はサッカー・Jリーグの発展に
多大な尽力をした敏腕マネージャーである。

 

何物であるからは彼の経歴を見れば、
一目瞭然であり、その功績は目を見張るものがあるのだ。

 

が、その立場を悪用して、
好意を寄せた女性職員に対して不祥事を行ったことで、
いとも簡単に落ちてしまったというのは、
何ともお粗末な話であると思うが。

 

Sponsored Link