中村鋭一という人物は、ご存知だろうか?

 

関西のラジオパーソナリティであり、
『六甲おろし』を広く普及した立役者として知られている。

 

中村鋭一は今、現在、死去が報じられており、
長年、病気を患っていたことが明らかになっている。

 

Sponsored Link

中村鋭一が死去!

画像引用:昭和プロダクションより

【名前】 中村鋭一(なかむらえいいち)

【生年月日】 1930年1月22日

【星座】 みずがめ座

【享年】 87歳

【出身地】 滋賀県栗東市

【血液型】 非公開

【学歴】 同志社大学

【所属】 昭和プロダクション

【デビュー】 1951年11月11日

 

中村鋭一は2016年末から病気となり、
それ以降は体調不良に悩まされていた。

 

そして、2017年春ごろから入院生活が続いており、
2017年11月7日に所属事務所が入院先の病院で
死去したことを公表している。

 

中村鋭一のプロフィール

滋賀県草津中学の英語・社会の教員として一年四ヶ月勤め、昭和26年8月に朝日放送(株)第一期アナウンサーとして入社し後に報道局部長プロデューサーとして、昭和46年4月からラジオ番組「おはようパーソナリティ中村鋭一です」で全国初のパーソナリティとして聴取率の日本記録を6年間に渉って保持し、放送界のアカデミー賞と言われるギャラクシー賞を受賞。

その後、朝日放送を退社、フリーのジャーナリストとして活躍。

昭和55年参議院通常選挙大阪選挙区から出馬し当選する。

以降、タレント議員として初めての党首(民主改革連合)となり、参院2期・衆院1期、計16年間、国会議員を務め後に大阪経済法科大学の客員教授をへて、後にタレント・アナウンサー通じただ一人勲二等受章し現在、政治評論家、司会、コメンテーターとして昭和26年以降60年間一度たりともマイクを離さず現在も各方面にて活躍中。

引用:昭和プロダクションより

中村鋭一の死因は今,現在明らかに・・・

中村鋭一はかつて、ある病気を患ったことで、芸能生活を休業していた。

 

だが、それが命を奪った病気ではなく、
死因は今,現在、報道されているのは
肺炎であるということが発表されている。

 

87歳ということであり、身体中の免疫システムが低下していたことは明白であり、
本来ならば完治しやすい病気によって、死去してしまったということだ。

 

さぞかし無念であったろう。

 

中村鋭一の病気は脳梗塞であった…

中村鋭一は関西のラジオパーソナリティーとして活躍した後に、
州参院で16年議員を務めたこともある要人でもあった。

 

精力的に2016年秋ごろまではタレント業や
政治活動なども行っていたようだが、
昨年末に脳梗塞を患ってしまった。

 

命には別状が無かったものの、
それ以降は以前の様な元気は戻らずに、
2017年春ごろから芸能活動を休止し、闘病生活に入っていた。

 

しかし、脳梗塞が死因ではなかったようであるものの、
著しくそれによって体力と気力を失ってしまっていたのは明白である。

 

おわりに

中村鋭一は今,現在、死去が伝えられており、
往年のファンなどは悲しみに打ちひしがれている様子。

 

病気の脳梗塞は切り抜けたものの、
そこで失ったエネルギーはあまりにも大きかったようであり、
最後の死因は肺炎ということであった。

 

だが、今はただ中村鋭一のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

Sponsored Link