末期の腎不全である水戸泉が行っている人工透析は、
病気によって腎臓の働きが停止しているときに行われる。

 

そして水戸泉のそんな重い病気の進行状態により、余命が危ぶまれている。

 

水戸泉の病気による
人工透析の解説と余命についてまとめてみよう。

 

Sponsored Link

水戸泉が病気により人工透析

元大関で錦戸部屋の親方である
水戸泉の病気は腎不全というものである。

 

ただの腎不全では無く、末期腎不全であり、
人工透析療法を行っていないと、その命を維持することは出来ない状態。

 

末期腎不全で腎臓の機能を維持する為に
行われる人工透析は非常に身体にも経済的にも
苦しい状態を引き起こす。

 

いくら錦戸部屋を持つ水戸泉とはいえ、
あまりにもそれは負担が大き過ぎだろう。

 

次では人工透析にかかる費用などをメインに紐解いて見よう。

 

水戸泉が行っている人工透析とは?

水戸泉が末期腎不全の為に行っている人工透析とは、
自分の体内の血液をろ過出来なくなった為に、
医療器具を使って人工的にろ過をさせるという治療法のことだ。

 

水戸泉が週にどのくらいの頻度で
人工透析を受けているかは定かではないが、
末期腎不全の水戸泉は週1回程度では済まされないだろう。

 

人工透析は一回の治療費が約4万円強もするという。

 

もちろん保険が適用されるので、
自己負担3割の状態であっても、一回につき1万円弱は消えていくのだ。

 

週3回のペースで人工透析治療を
受けに行ったと仮定して、一か月50万円の治療費。

 

保険適用の自己負担額は15万円と、
いくら水戸泉であっても馬鹿にならない治療費といえるだろう。

 

そして、悲しいことに
人工透析によって腎不全は完治しないのだ。

 

つまり、これは腎臓移植のドナーが現れるのを待つだけの、
延命処置というものでしかないのだ。

 

ドナーが現れるためだけに、頻繁に治療費を
払い続けていかなければならない現状は過酷と言わざるえない。

 

水戸泉が人工透析をしていることで余命が・・・

水戸泉が人工透析で苦しい状態に
陥っていることがお分かり頂けただろう。

 

確実にあらゆる方面に手を尽くして
腎臓移植のドナーを探しているのだろうが、
もしもドナーが現れなかった場合の余命はどうなのだろう。

 

水戸泉の慢性腎不全のステージは4か5の段階であるそうだが、
透析を行い始めた1年未満の場合は
87.7%という生存率がはじき出されている。

 

そして、5年の場合の生存率は60%となり、10年の場合は36.2%、15年で22.7%だそうだ。

 

水戸泉が慢性腎不全を患うようになったのは、
2016年今年のことの様なので、余命の心配は
人工透析を受けている限りは無さそうだ。

 

水戸泉の病気と人工透析の反応

水戸泉が末期の病気と人工透析の治療を
受けている現在を知った人間の反応は三者三様だ。

 

錦戸部屋の不祥事や嫁の小野友葵子の
夫を顧みない様な活動内容などに、
水戸泉自体には同情の声を寄せる人間も多い。

 

が、そういった嫁の問題や
部屋をとりしきる管理能力がなく、
昔からお世話になった人間の信用を
裏切ったりした水戸泉に対して、自業自得という声も聞こえる。

 

水戸泉はこの悲劇的で
不運な運命を乗り切る事が出来るだろうか・・・。

 

この状況を乗り切ることが出来たならば、
あとは何も怖いものなんかはなく、
上っていくだけの状態になるのだが。

 

関連記事

↳ 水戸泉が透析で腎不全に立ち向かっている! 怪我のデパートのステージは?!

↳ 水戸泉が嫁で部屋崩壊! ブログの評判とは裏腹に最悪な状態に?!

 

Sponsored Link