小室圭は眞子様と婚姻することで、一躍、時の人となった青年である。

 

そんな小室圭の素性が週刊新潮によって明らかになっているが、壮絶な背景があった。

 

父親は自死をしており、その死因というのが悲惨極まりないものであったという。

 

Sponsored Link

小室圭の父親について

小室圭の父親は某大学の理工学部を卒業している。

 

1988年に横浜市役所に勤務し、技術吏員として仕事をしていた。

 

その後は技官となり、あの【横浜みなとみらい21】の設計を担当していたこともある人物である。

 

ところが、体調不良で欠勤が多くなった小室圭の父親は、藤沢市の実家で療養することになったという。

 

この体調不良の原因はうつ病や統合失調症と囁かれていたようだが、真偽は不明である。

 

とある日、父親が一人で外出して帰ってこないことを心配した小室圭と母親は、外に探しに行ったのだが・・・。

 

小室圭の父親は自死し、その死因は・・・

この時、小室圭は小学生であり10歳という幼き少年。

 

母親と供に自宅近くの河川敷にいくと、何と父親は自死をしていたのだ。

 

しかも、その死因は焼身自殺によるものであったというのだ。

 

週刊新潮などの情報によると、自宅で自死をすると迷惑がかかるために、父親は河川敷で自死を決めたと言われている。

 

また、発見時は夜であったということであり、それらも想定の中で自死に至ったのではないかという見解もある。

 

しかし、悲劇はこれだけにとどまらなかった。

小室圭の父親の自死によって更に・・・

小室圭の父親が自死を遂げた、その一週間後、何と祖父も自殺を遂げているのだ。

 

それに加えて祖母もショックで体調不良になり他界するという、凄まじい過去を背負って、小室圭は幼少期を過ごしている。

 

週刊新潮によるとその後、小室圭と母親は、母方の祖父と同居をスタートさせたというが、ここでも奇妙なことが明らかに。

 

小室圭は同居する様になった祖父をパパと呼んでいたそうであり、母親と祖父(母からすれば父親)をパパと呼んでいたことから、それにならったと言われている。

 

非常に複雑な背景がある小室圭の家庭環境であるが、後日、明らかになったのは以下の通り。

 

これは週刊新潮だけではなく、某掲示板の匿名主からの告白も加味されたものである。

 

  • 小室圭の父親が自死した理由は金銭問題
  • 小室圭の祖父も自殺をし、祖母も心労で他界
  • 小室圭の母親と母方の祖父の親子以上の関係?

 

更には小室圭の自死した父親は、母方の祖父にマンションを購入させられたという。

 

そして、それを大赤字で転売してしまったということで、これは即ち多額の借金を抱えてしまったということだ。

 

つまり、壮絶な死因だる焼身自殺を選んだのは、こうした自分の妻や母型の祖父に向けたものであったのかも知れない。

 

あくまでネットや週刊誌が報じている情報を元にした推測であるのだが・・・。

 

おわりに

小室圭が眞子様と結婚する報道は、非常に微笑ましい話題であるが、その裏側には父親の自死が暗い影を落としていた。

 

死因である焼身自殺であるが、これを自死の方法として選ぶ人間には特徴があるのだ。

 

死ぬ前に自分の周囲に自分が壮絶な死に方を選ぶことによって、強く何かを訴えかけるというものだ。

 

かつて、ある少女が焼身自殺を遂げたことがあったが、これは自分の父親と祖父に性的虐待を加えられていたことが起因して行ったものである。

 

また、海外ではある僧侶が政府に向けての抗議として、こういった方法で自死した有名な話もある。

 

しかし、過去がどれだけ暗く澱んでいても、現在の小室圭が眞子様と結婚をして、明るい未来を育んでいくのならばいいと感じる。

 

所詮、過去は過ぎ去ったことであり、それを断ち切ることで、自分の未来はいくらでも良い方向に変えることは出来るのだから。

 

Sponsored Link