小林麻央が死去し、多くの人間が
悲しみに打ちひしがれている現在。

 

テレビ上で記者会見を行い小林麻央が
息を引き取る寸前の様子を、市川海老蔵が吐露したが、
あまりにも悲壮感に満ち溢れていて絶句する内容だった。

 

『愛している』と言って
旅立たれた小林麻央の速報を紐解いていこう。

 

 

Sponsored Link

小林麻央が死去した状況とは?

2017年6月22日の夜、小林麻央が死去。

 

翌日の2017年6月23日・午後14時30分に都内のホールで、
記者会見上で旦那である市川海老蔵が
その時の様子を語っている。

 

海老蔵は舞台稽古などで留守にしており、
小林麻央を看病していたのは姉の小林麻耶と、
母親、医師であった。

 

稽古中であった
市川海老蔵の元に母親からLINEが届いた。

 

医師からの要請で
家族を呼んだ方がいいということであり、
すでに小林麻央はこの時には虫の息であったと思われる。

 

市川海老蔵が帰宅した時は、
まだ小林麻央は生きていた。

 

小林麻央の最期の言葉は『愛している』

小林麻央は息を引き取る寸前に、
市川海老蔵に『愛してい・・・る』と呟いて、亡くなった。

 

記者会見の席上で、
市川海老蔵は確かに言った。

不思議なことなんですが・・・(中略)最後に愛している・・・るまでは言ったか言わないかわかりませんが。

と、記者会見の席で告白し、
大粒の涙を流して語った。

 

いつも冷静でどこか
チョイ悪親父の様な風貌の市川海老蔵が、
おそらくこれだけ衆人環視の中で泣く姿を見せるのは、
これが最初で最後のことであろう。

 

マスコミ記者の問いかけにも、
気丈に振舞いながら、
精一杯、答えようとする海老蔵の様子は、
見ていて非常に心苦しいものを感じた。

 

小林麻央の死去した速報で明らかになった子供たちの様子

記者会見で市川海老蔵は
子供の麗禾ちゃんと勸玄くんにも触れていた。

 

子供たちは小林麻央が
死去したことが分かっていないらしく、
顔を触ったり、足をさすったりしていたという。

 

麗禾ちゃんと勸玄くんの中では、
まだ小林麻央が死去したことに関して、
現実味がないということなのだろうか。

 

記者会見も半ばになり、
市川海老蔵が号泣したのを見かねた
寄り添いの人間が退場をすすめたが、彼は

もうちょっと、大丈夫だよ・・・

と、いう気丈さが非常に
切なく感じたのは、筆者だけだろうか。

 

市川海老蔵が最後に
記者の質問に答えた内容が、また重く切ない。

出来ればずっと一緒にいて、出来れば私の方が先に逝って、麻央が幸せに生きて見守ってもらいたかった。

世の愛しあう夫婦の大半は
、旦那が先に生きて、女房に
看取ってもらいたいというのが本音だろう。

 

小林麻央の死去を伝える
旦那・市川海老蔵の記者会見の内容は、
非常に悲しみに満ち溢れた切ない様相を呈していた。

 

おわりに

小林麻央の死去に関する速報は
凄まじいほどの速さで日本全国に波及。

 

テレビ上では普段は
いつも強気に振舞う人間たちが、
号泣している様が目立っていた。

 

そんな中で速報である
市川海老蔵の記者会見の内容は、
小林麻央に関心を持っていた人間ならば、
涙無しには見れない模様となった。

 

しかし、最後に『愛している』といって、旅立たれた小林麻央。

 

それを言われて見送った旦那の市川海老蔵の2人は、
互いに確実に真実の愛がそこにあり、
支え合っていたということである。

 

小林麻央のご冥福を心からお祈り申し上げます。

 

Sponsored Link