加瀬亮さんが戸田恵梨香さんと交際している事が明らかになり、注目を集めていますね。

 

そんな加瀬亮さんの英語力がスゴイと兼ねてから言われていました。

 

今回は加瀬亮さんは何故、そんな流暢な英語が話せるのかに焦点を当ててみます。

Sponsored Link

 

加瀬亮の英語がスゴイと知られた切欠はアウトレイジ!

加瀬亮 アウトレイジ出演の画像(写真)

加瀬亮さんの英語がスゴイと評判になった切欠は大ヒット映画【アウトレイジ】からでしょう。

 

北野武監督のバイオレンス映画ですが、この映画では加瀬さんは流暢な英語を操っていたのが、凄く印象的でした。

 

後に監督の北野武さんがメディアに向けて、加瀬さんを映画に起用した理由をコメントしていました。

 

北野武監督が語る加瀬亮の英語力の凄さ

 

北野武さんの抱えるスタッフの中には英語が堪能な方が数名いらっしゃるそうです。

 

その中には同時通訳も出来る程、英語力に長けた方もいるそうなのですが、その方が加瀬さんが操る英語を聞いて、完璧であると評されていたそうです。

 

当然、加瀬さんの英語力だけがアウトレイジ起用の理由だけではありません。

 

ありとあらゆる役柄に適用出来る程の演技力が認められたのも事実ですが、特に目立っていたのが、その完璧な英語だったということになりますね。

加瀬亮の英語の発音が完璧なのは父の影響

加瀬亮

加瀬亮さんが英語の発音が完璧な理由として挙げられるのは、育った環境であると思われます。

 

そして、それは加瀬さんの父親である加瀬豊さんの力が大きいと思われます。

 

加瀬豊さんは日本有数の商社・【双日】の元社長であり、現在は会長に就いておられるスゴイ方なのです。

 

加瀬豊さんの仕事の都合上で加瀬亮さんは生まれてまもなくアメリカ・ワシントンで過ごされたのです。

 

7歳には日本に帰国するも、日本人でありながら英語の方が得意で日本語が苦手であったという事であり、どちらかと言えば英語がネイティブであると言えるのです。

 

加瀬亮の英語力を堪能できる映画は他にもある!

 

加瀬さんの英語力の凄さが分かる映画はアウトレイジだけではなく、他にもあります。

 

クリント・イーストウッド監督のヒット映画【硫黄島への手紙】で清水洋一陸軍上等兵を演じた加瀬さんは英語での台詞を事もなげに喋られています。

 

また、2011年公開の映画でガス・ヴァン・サント監督の作品【永遠の僕たち】でも、幽霊のヒロシ・タカハシ役に加瀬亮さんが起用されており、その流暢な英語が注目されていました。

 

最近であると2014年公開の韓国映画【自由が丘で】でも、その語学力の高さには注目を集めており、当時、この映画の公開会見では何と英語でスピーチして、海外の記者たちを驚かせたと言うエピソードもあります。

 

日本人でありながら、その英語力の高さに定評のある加瀬亮さんは間違いなく、国際派俳優として活躍し続ける事は間違いないでしょうね。

 

関連記事

↳ 戸田恵梨香と加瀬亮の破局の理由と原因は果たして・・・

Sponsored Link