煙石博は元中国放送のアナウンサーで現在は窃盗の罪により最高裁で争っている。

 

かつて息子がSNS上で綴ったとされる内容が冤罪と目される、この事件の真相を如実に語っていると思われる。

 

被害者の女性がどんな人間で、何故、煙石博を犯人としたのかを見ていこう。

 

Sponsored Link

煙石博について

【名前】 煙石博(えんせきひろし)

【生年月日】 1946年11月2日

【星座】 さそり座

【年齢】 70歳

【出身地】 広島県広島市

【学歴】 広島商科大学短期大学部

【所属】 元中国放送

【デビュー】 1985年

 

煙石博は中国放送に入社後に【えんちゃん】という愛称で親しまれたアナウンサー。

 

特にラジオパーソナリティとしての実績があり、中国放送で過去28年間にわたり放送されていた【なんでもジョッキー】のメインパーソナリティーを務めたことで知られている。

 

2007年3月一杯をもって中国放送を定年退職し、その後は講演活動などをしていた。

 

2012年9月24日の午前9時20分頃、広島市南区の銀行内で発生した窃盗事件に巻き込まれた。

 

同年10月11日に広島県警に逮捕されたが、窃盗の容疑を否認し続けた。

 

2013年11月28日に広島地方裁判所は、煙石博に対して執行猶予付きの有罪判決を言い渡したが、上告。

 

2017年2月に最高裁で事件は冤罪であったとする弁論をし、判決が見直される可能性が高いとされている。

 

煙石博の冤罪をつづるの手記

 

この様な具体的な検察側の冤罪があったことを示すかのような手記も公開されている。

 

煙石博の息子が冤罪について・・・

煙石博の息子がかつてSNS【MIXI】上に自身の日記をつづっていたという。

 

その内容によると、煙石博は銀行の記帳台の前に並んでいたそうで、後述する被害者の女性の後ろにいた。

 

被害者の女性が台に現金を置き忘れたようで、煙石博が記帳台を使ったときにそれを手にした様だ。

 

そこに警察がやってきて、煙石博が任意同行を求めてやってきた。

 

煙石博はこの任意同行を拒否したために、逮捕されたという。

 

煙石博の息子の意見では、素直に任意同行をしておけば良かったということであり、父の煙石博に対してはゴネて事を大きくしてしまって情けないとつづっていたという。

 

これは個人的な考えだが、煙石博が何故、当時、任意同行に応じなかったのかは分かる気もする。

 

社会問題にもなっている痴漢冤罪の件において言われていることは、犯罪をおかしていないのに、警察に連れていかれたら最後。

 

警察はあらゆるプレッシャーをかけて、自供を促す行為をしてくることが分かっている為に、任意同行に応じない姿勢が極めて冤罪を防ぐには極めて有効と言われている。

 

煙石博は痴漢犯罪ではなく、窃盗犯罪であり、これは当てはまららずに結果的に誤認逮捕という可能性が高い状態になってしまった。

 

が、この姿勢は決して間違ってはいなかったと感じる。

煙石博の被害者の女性とは?

冤罪の可能性がある事件になってくると被害者の女性はどんな人だったのかに焦点があたる。

 

当然ながら被害者の女性に関して、分かっていることは市内に住み、事件のあった銀行を普段から利用している一般市民であり宮澤という苗字の女性の様だ。

 

職業がOLなのか主婦なのかも公開されてはいないようであるが、決して被害者の女性も煙石博を冤罪に陥れようとしていたわけではないだろう。

 

ATMの記帳台に現金・66,600円を忘れてしまったという当時の心理状態は、何かに慌てていたのだろうか?

 

普通の一般市民にとって、66,600円といえば大金である。

 

その現金が無くなったことで、事件は煙石博を巻き込んだ冤罪と目される事件を発生させたのだ。

 

そもそも、そんな大金を何故、ATMの記帳台に忘れてしまったのかにも、一抹の疑問がわくのだが・・・。

 

おわりに

煙石博の事件は冤罪とする可能性が大と見られており、無罪を勝ち取る動きを見せている。

 

息子の記した記述からみても、明らかにタイミングの悪い状況に巻き込まれて、完全な冤罪被害者であったことが見て取れると感じる。

 

被害者の女性がどんな人かの情報が全く分からないのも、検察側に完全に守られている為であるし、それはある意味、妥当なことなのかも知れない。

 

しかし、こうした犯罪でもっとも憎むべきものは、甘い汁だけを吸って逃げおおせている人間がいたという事実だ。

 

今回の事件でいうならば、問題の現金66,600円をせしめた人間がいるということだ。

 

その人間が出てくることはないと感じるが、この様な事件の被害者になる可能性は誰にでもあるという恐ろしい話だ。

 

Sponsored Link