財前直見は夫はプロデューサー! 子供の小学校や障害の噂は?!

財前直見は夫とは既に離婚しており、[br num=”1″]子供は障害持ちであるという噂がある。

 

夫は名の知れた名プロデューサーであり、[br num=”1″]子供の小学校などにも注目が集まっている。

 

財前直見の夫と子供について、[br num=”1″]今回は中心に見ていきましょう。

 

財前直見の夫について

財前直見の夫は本間欧彦(ほんまおうひこ)さんといい、[br num=”1″]元フジテレビのドラマ制作センターの室長で、[br num=”1″]敏腕プロデューサー、演出家として知られている。

 

北海道札幌市出身であり、[br num=”1″]慶應義塾大学文学部を卒業してから、フジテレビに入社。

 

大ヒットドラマである【東京ラブストーリー】や[br num=”1″]【夏子の酒】、【ラブ・レボリューション】、[br num=”1″]【白線流し】などを手掛けた。

 

現在は60歳であり、フジテレビから2011年6月に異動。

 

故郷の北海道へ戻り、[br num=”1″]北海道文化放送の常務取締役編成局長に就いている。

 

財前直見と夫が結婚したのは2003年7月。

 

1997年から2006年まで2時間ドラマとしてシリーズ化された[br num=”1″]【スチュワーデス刑事】で主演を務めた財前直見と[br num=”1″]仕事上で繋がりをもち、交際。

 

結婚後は東京都内の高級住宅地に[br num=”1″]3階建ての豪邸を建てて、2006年12月に[br num=”1″]第1子の長男をもうけた。

 

ところが、2010年頃より[br num=”1″]女性週刊誌などの取材によって、財前直見と夫の不仲説が浮上。

 

子供をつれて財前直見は故郷の大分県の実家に[br num=”1″]帰郷していたという事実が明らかになった。

 

財前直見と夫の離婚理由

財前直見は夫と結婚し、[br num=”1″]子供が生まれてからは家庭に入り女優業を休業していた。

 

しかし、2008年頃に子供の事を考えて財前直見は東京で育てるよりも、[br num=”1″]大自然が広がる故郷の大分県で育てたいという気持ちになり、[br num=”1″]2008年に移住していたという。

 

財前直見の両親と夫との間に生まれた子供、[br num=”1″]そして自分の4人で暮らしていたという。

 

夫とは2008年頃から別居状態となり、[br num=”1″]お互いに夫婦生活を営むことも無くなっていたことが見て取れる。

 

だが、財前直見と夫が離婚した理由は、[br num=”1″]そもそも結婚当時からある噂があったという。

 

それは所謂、政略結婚であったという少々、首を傾げる噂。

 

夫は元々はフジテレビの[br num=”1″]敏腕プロデューサーであり、財前直美の事務所は【研音】。

 

フジテレビと研音の関係をより強固なものにするために、[br num=”1″]本人たちの意志以上に関係者が盛り上がっていたということか。

 

しかし結婚し子供が生まれて、[br num=”1″]産休が明けて女優業に復帰した際は、[br num=”1″]他局のドラマに出演するようになった。

 

そんな背後関係が夫婦仲にまで影響して、[br num=”1″]別居に繋がり、2012年8月7日に財前直見と[br num=”1″]夫は離婚することになったのだった。

 

要するに財前直見と夫の離婚は、[br num=”1″]周囲の重圧によってもたらされたものであるということのようだ。

 

この噂の信憑性は、[br num=”1″]その後の夫の動向が物語っているといえる。

 

フジテレビ側は財前直見のそうした動きを懸念して、[br num=”1″]事務所間との関係が劣悪なものになることを防ぐために、[br num=”1″]夫の本間欧彦さんを北海道の系列局に左遷。

 

東京でのプロデューサーや演出家の実績を買われて、[br num=”1″]北海道の放送局の立て直しという名分であったそうだが、[br num=”1″]明らかにこれは本社からの左遷に他ならない。

 

左遷されてから、約1年後に財前直見と離婚が成立。

 

今時、政略結婚なんて・・・と感じるだろうが、[br num=”1″]大企業の中には、未だに個人の意志を無視した[br num=”1″]こうした行為があるといえる。

 

そして、そんなことが財前直見と[br num=”1″]夫の関係を劣悪なものにしたとも[br num=”1″]言えるのではないだろうか?

 

[sp] [ad#co-1] [/sp]

財前直見の子供の小学校

財前直見は夫やフジテレビ、[br num=”1″]事務所の確執や影響と関係のないところで、[br num=”1″]愛する子供を育てたかった為に、[br num=”1″]故郷の大分県で育児をする決意を固めた。

 

40歳という高齢出産で生まれた子供を[br num=”1″]何よりも大事に育てたいという母親の愛情がそうさせたのだろう。

 

実家は大分県の山間部にある住宅街であり、[br num=”1″]財前直見の両親と子供の4人で暮らしている。

 

2008年夏に帰ってきた後は[br num=”1″]子供を地元の幼稚園に通わせた後に、2017年4月には小学校へ入学。

 

この小学校は芸能人にありがちな東京の私立などではなく、[br num=”1″]変わらず故郷の大分県の小学校であるという。

 

具体的な小学校の名前は一般公開はされてはいないものの、[br num=”1″]非常に平和にすくすくと子供は育っていると言われている。

 

財前直見の子供は障害がある?

財前直見は前述したように40歳という[br num=”1″]出産には高齢といえる年齢で、子供を出産している。

 

更に当初は誰にも知られない様に、[br num=”1″]密かに大分県に子供とともに移住したことから、[br num=”1″]子供は実は障害をもって生まれてきたのではないか?という噂が出ていた。

 

だが、これには特に何か根拠があるわけでもなく、[br num=”1″]もしも重い障害があるのならば、既にそれは小学校の関係者や[br num=”1″]本人、もしくは女性週刊誌の記者などによって暴露されているだろう。

 

そして、もしも障害が子供にあるのであれば、[br num=”1″]仕事などで長期間、財前直見が家をあけることも[br num=”1″]出来ないであろうと思われる。

 

既に小学校にあがっている子供のこうした障害という[br num=”1″]事実が明らかにされていない現在は、[br num=”1″]この噂はデマ以外の何物でもないことが伺えるのだ。

 

 

おわりに

財前直見と夫の離婚理由や[br num=”1″]その背景にある黒い噂などについて、紐解いてみた。

 

しかし夫との離婚理由には[br num=”1″]やはり、子供の将来を見据えた財前直見の母親としての熱い想いが[br num=”1″]それをそうさせたといえるだろう。

 

子供が産まれてきたからには、[br num=”1″]自分たちの立場や裕福な暮らしよりも、[br num=”1″]子供の為に生きるという強い気持ちが結果的に夫との別居に[br num=”1″]向かわせた一つの要因にもなったといえる。

 

こういった事情に関しては正解も間違いもないとは思うが、[br num=”1″]それが将来、子供にとってどういう人生になるのかは、[br num=”1″]現在はまだ誰も分からないところである。

 

error: Content is protected !!