【高畑裕太】の被害女性の現在! 過去の経歴も明らかになり真実を告白!【最新情報】

高畑裕太の被害女性が現在、ある最新情報がある。

 

それは週刊文春が報じた報道が全て嘘であり、高畑裕太の代理人である弁護士とのやり取りの様子を週刊現代に告白した。

 

二転三転する高畑裕太の事件だが、再び見てみよう。

 

高畑裕太の被害女性が文春に反論

高畑裕太が逮捕後に刊行された週刊文春の記事の内容は高畑裕太に落ち度は無かったと言わんばかりの内容だった。

 

被害女性が高畑裕太の誘いを受け容れて、自発的に行為に及んだと思わせる記述もあった。

 

また高畑裕太の弁護士の発表したコメントである『悪質な事件ではなく、起訴されたならば裁判では無罪を主張する。』との発表にも、血の気を引く思いを被害女性は受けたのだそうだ。

 

具体的に挙げてみると以下の通り。

 

・文春の報じた内容・・・高畑裕太と被害女性は一緒にエレベーターに乗り込んだ。

・文春の報じた内容・・・事件のあった時、被害女性はジーパンとTシャツ姿で勤務していた

・文春の報じた内容・・・高畑裕太がエレベーター内で被害女性にキスした際に拒まれなかった為に、行為に及んだという内容。

 

高畑裕太の被害女性が週刊現代に告白

被害女性は上記に挙げた文春の報道を真っ向から否定し、嘘であると週刊現代に告白したのだ。

 

また、高畑裕太の弁護士のコメントも嘘ばかりで、被害女性はあくまで自分は被害者であるという主張を崩していない。

 

事件が起きた時に報道された内容こそが、真実に近い内容であり、週刊文春やその他のメディアが事件を面白おかしく作り替えたと、言わんばかりの告白をしていたそうだ。

高畑裕太の目つきが怖かった。思い出すと怖くていまも体が震えます。

現在の被害女性はそうコメントを出しているのだ。

高畑裕太の被害女性の詳細

加害者側と被害者側の意見が食い違うのは、何も珍しい事では無い。

 

だが、高畑裕太と高畑裕太の被害女性の関係や事件内容はあまりにもいびつでおかしなところだらけだ。

 

週刊文春は被害女性の他メディアが隠している詳細を報道した。

 

・高畑裕太は被害女性の『ひとみ』によってハニートラップにひっかかった。

・被害女性の知人男性は日本の巨大暴力団組織に属するTという人物である。

・高畑裕太が宿泊したビジネスホテルは風営法の届けも出されている。よってブティックホテルの様な営業もしてもいいホテルである。

・群馬県の事件を知る人間の中では、この事件の黒幕はTという極道であると確定。

 

このTという被害女性の知人男性は弁護士だったという情報もあるが、現在においてはそれは誤報だったようで、極道だったらしい。

 

週刊文春の報道の方が、腑に落ちる箇所があり、そちらの方が実は真実にも思えるのだが。

 

高畑裕太の被害女性に基づく最新情報

被害女性は何故、今になってまた事件を蒸し返す様に、他の週刊誌を使ってまでも反論したのだろうか?

 

高畑淳子が被害女性に支払った慰謝料は1500万円だったと伝えられている。

 

それだけでは飽き足らずに、搾り取れるなら搾り取るという形で、更に訴えを起こしてお金にしようとしている可能性が高いという見方もある。

 

そしてそれは黒幕であるTという男の指示なのかも知れない。

 

示談が成立したのに、話を蒸し返すようにしている様にみえる被害女性の動向。

 

高畑裕太の弁護士も被害者側には示談書の中で、事件について今後は一切、言及しないという制約をしてある筈だが。

 

>2017年約3000万PVマークした当サイト

2017年約3000万PVマークした当サイト

2021年現在はGの呪縛から逃れて気楽に運営中。
随時、ライターを募集しております。

CTR IMG