ミスターラグビー・平尾誠二の恩師・山口良治との絆は?

ミスターラグビーこと平尾誠二の死去から過去をつづっている。

 

彼のラグビー人生を作ったともいえる山口良治という人物を軸に今回は書いてみよう。

 

平尾誠二のラグビーを作った山口良治とは?

平尾誠二のラグビー人生を作ったと断言出来る人物とは山口良治だ。

 

1943年2月15日に生まれた今年73歳になる人物は元ラグビー日本代表選手であり、平尾誠二の母校である伏見工業高校のラグビー部総監督だった。

 

大人気ドラマの1984年に公開されたTBSのテレビドラマ【スクール☆ウォーズ】の山下真司が演じた主人公・瀧沢賢治のモデルでもある。

 

後年、愛称は『泣き虫先生』と呼ばれていたようだが、その指導方針は想像を絶するほどにきついものであったと言われている。

 

平尾誠二がまだ伏見工業高校に入る前は、部員が練習をボイコットするくらいだったそうであったそうだ。

 

平尾誠二と山口良治の馴れ初め

平尾誠二が中学生時代に出たラグビー大会の決勝戦で山口良治は平尾誠二をはじめて見たという。

 

中学生の時から平尾誠二のラグビーは認められており、ラグビーやバレーボールなどで名門校として知られていた私立花園高等学校への入学が決まりかけていたという。

 

当時は伏見工業高校はスポーツでは実績はあったものの、実は超不良高校として悪名が高い高校だった。

 

平尾誠二は花園高等高校へ入学する際には特待生の扱いであり、私立でありながら授業料が免除というものだった。

 

両親は当然、花園高等学校への進学を希望していた。

 

が、山口良治の熱心な伏見工業高校への入学とラグビーの誘いに、両親を振り切って山口良治のいるラグビー部がある伏見工業高校へ進学した。

平尾誠二は山口良治の目の前で・・・

山口良治の指導の厳しさは別記事で書いているので、ここでは触れないが厳しいながらも、生徒のことを考えていた熱心な教師だった。

 

札付きのワルが集まる伏見高の不良高校生をラグビーをやらせることで、更生させていく。

 

ワルとして名高い一人の生徒に山口良治はラグビーに誘った時に、こんな事を言っている。

ラグビーやらへん? ケンカと同じや。

シンプルながらも粋な誘い文句であり、そんな厳しくも熱いハートを伝えようとする山口良治を慕う元不良生徒は多かったそうだ。

 

平尾誠二は別に不良ではなく、真面目で知られていた生徒だったが、山口良治が今でも忘れられない平尾誠二との思い出があるそうだ。

 

1978年の京都大会の決勝戦で伏見工業高校は、かつて平尾誠二が入学しようとしていた花園高等学校と対戦。

 

そこで花園高等学校に敗れた伏見工業高校は全国大会出場を逃してしまった。

 

平尾誠二は準優勝トロフィーを表彰台でうけたが、帰り道にそのトロフィーを投げ捨てたのだそうだ。

 

この出来事はラグビー部全体に火をつけることとなり、伏見工業高校の破竹の快進撃がはじまる切欠になったという。

 

山口良治が監督を辞めてからも続いていた絆

山口良治は1998年に監督を退いてからも、別の大学の顧問や監督に就任していた。

 

平尾誠二はラグビーだけではなく、サッカー協会の理事職なども経験しながら、文武科学省の委員食や講師として活動していた。

 

2013年に山口良治は脳梗塞で倒れた時は、すぐに平尾誠二は駆け付けて、手を握りながら、山口良治を励まし続けていたという。

 

平尾誠二と去年のワールドカップ・イングランド大会の時に食事をする約束を交わしていたが、断りの電話をもらっていたそうだ。

手術することになったと言っていた。 死ぬなんて思っていなかった。

平尾誠二の訃報を聞いて、山口良治は大粒の涙を流して、悲しんでいたというニュースがあった。

 

そして悲しみに暮れる山口良治は平尾誠二の訃報に更にコメントをしている。

「真面目ないい子。あんな子と一緒にラグビーがやりたくて…。平尾が私の夢を選んでくれなければ、伏見工の優勝はなかった」

「私は平尾を叱ったことがない。でも今は初めて叱ってやりたい。怒ってやりたい。何で先に死んでしまうんや!」

と、報道記者の取材に応じていたという。

 

平尾誠二の訃報は非常に大きな衝撃を日本中に与えていることがよく分かる。

 

サッカーや野球などに比べて、目立たない印象があるラグビーというスポーツで、これだけの影響を与えている平尾誠二の大きさはやはり並大抵のものではなかったと感じる。

 

関連記事

↳ 平尾誠二の同志社大学の思い出! 伝説のラグビー選手の華麗な戦績は?

↳ 平尾誠二の嫁は元モデル! 二人の間に出来た息子と娘はどうしているのか?

↳ 平尾誠二が死去! 死因は癌か?! 現在に至るまでは病気による過酷な闘病生活をしていた!

 

>2017年約3000万PVマークした当サイト

2017年約3000万PVマークした当サイト

2021年現在はGの呪縛から逃れて気楽に運営中。
随時、ライターを募集しております。

CTR IMG