斉藤由貴と医師のパンツ写真! 謝罪はフラッシュの新たな画像が決め手!

斉藤由貴と医師の不倫騒動は、[br num=”1″]これまで頑なに不倫の事実を認めてこなかった[br num=”1″]両者がこれを認め、謝罪したことで終焉しそうだ。

 

それもこれもフラッシュが[br num=”1″]キス写真を報じたことが切欠で[br num=”1″]あったとして間違いない。

 

そして、とどめをさすかのように[br num=”1″]フラッシュが斉藤由貴と医師の[br num=”1″]更にありえない新たなパンツ写真を公開している。

 

斉藤由貴と医師のパンツ写真・・・

斉藤由貴と医師はFLASHの9月19日号(2017年9月5日発売)の[br num=”1″]キス写真により、不倫を認めざる得なくなったと言えよう。

 

そして更に続く9月26日号のフラッシュでは、[br num=”1″]とんでもない新たな画像を掲載しているのだ。

 

斉藤由貴と不倫医師「もっと破廉恥」な写真 ”[br num=”1″]と、題された見出しの内容は驚くべきものであった。

 

その写真は2015年春に撮影されたものだそうで、[br num=”1″]不倫相手の医師が何と斉藤由貴の自宅に[br num=”1″]上がりこんだ際に撮影されたものだ。

画像引用:FLASH(フラッシュ)2017年9月26日号より 斉藤由貴と医師のパンツ写真

これが何故、斉藤由貴の自宅であるかというと、[br num=”1″]写真では見きれているが医師の背後には、[br num=”1″]斉藤由貴の家族写真が飾られているのだ。

 

斉藤由貴も不倫が取りだたされた8月には[br num=”1″]医師が往診の為に自宅に来てもらうことがあると説明していた。

 

しかし、往診とは名ばかりのまさかのパンツ写真に、[br num=”1″]眩暈がするのは筆者だけではないだろう。

 

斉藤由貴と医師のパンツ写真は決定的!

FLASHが第2弾として掲載した問題のパンツ写真は、[br num=”1″]もはやどうしようもない程の衝撃的なものだ。

 

斉藤由貴が本来、家族と過ごしている自宅で、[br num=”1″]旦那や子供がいない時に、往診しにきた医師が上がりこんで、[br num=”1″]斉藤由貴のパンツをかぶってフルーツを食している。

 

FLASHが第2弾を報じる[br num=”1″]前日の2017年9月11日には、斉藤由貴は謝罪し、[br num=”1″]不倫を認めるFAXを報道各社に送信している。

 

要するにフラッシュの一連の報道に隠し通せるわけがないと、[br num=”1″]斉藤由貴も医師も感じた上で不倫を認めたということで[br num=”1″]いいのかも知れない。

 

[sp] [ad#co-1] [/sp]

斉藤由貴と医師のパンツ写真が謝罪への繋がりだった

斉藤由貴は不倫を認める謝罪を報道各社に伝えている。

 

週刊文春が報じた手つなぎデートの不倫疑惑を頑なに否定しており、[br num=”1″]不倫相手の医師はテレビにまで出演し[br num=”1″]不倫を認めようとはしなかった。

 

しかし、9月に入りフラッシュが[br num=”1″]キス写真をスクープとして報道し、多くの波紋を投げかけた。

 

一度は医師はマスコミの直撃には、[br num=”1″]キス写真をコラージュであるとして、意にかえさなかったわけだ。

 

だが、一転し9月11日には斉藤由貴は謝罪をし、[br num=”1″]医師はテレビ【スッキリ!!】にて不倫関係を認めた。

 

それもこれもフラッシュの第2弾が[br num=”1″]翌日の9月12日に発売されることを[br num=”1″]見越してのものだったのであろう。

 

そして、その第2弾では挙げたように、[br num=”1″]否定のしようがないパンツ写真が掲載されていた。

 

医師と患者の関係であるならば、[br num=”1″]手つなぎ以上にパンツを被るという行為は[br num=”1″]ありえないからだ。

 

おわりに

斉藤由貴と医師の不倫騒動は[br num=”1″]フラッシュがとどめをさしたという形で、[br num=”1″]今後は鎮静化すると思われる。

 

週刊文春が暴露して、他メディアが騒ぎ、[br num=”1″]フラッシュが決定的が画像をおさえて[br num=”1″]治めたという具合か。

 

しかし、キス写真とパンツ写真を[br num=”1″]フラッシュにリークしたのは誰なのかは[br num=”1″]さすがに今後も気になる話題の一つとして永らえそうではあるが・・・。

 

人格者として医師としても素晴らしいという[br num=”1″]斉藤由貴の不倫相手の医師であるが、[br num=”1″]蓋を開ければ不倫関係の相手の自宅に上がり込み、[br num=”1″]その彼女のパンツを被っているような男。

 

所詮はその程度というところであり、[br num=”1″]結局は芸能界や宗教と同じ様に虚飾に満ちていたという[br num=”1″]証拠があからさまになったということだ。

 

error: Content is protected !!