奥田瑛二と喜多嶋舞の良からぬ噂は、
現在でも語り継がれている。

 

日本を代表する名俳優でありながら、
女性関係のゴシップは度々、囁かれている程の大物だ。

 

そんな奥田瑛二と喜多嶋舞には
過去に一体、何があったのだろうか?

 

Sponsored Link

奥田瑛二について

出典:Yahoo画像より

【名前】 奥田瑛二(おくだえいじ)

【本名】 安藤豊明(あんどうとよあき)

【生年月日】 1950年3月18日

【星座】 うお座

【年齢】 68歳

【出身地】 愛知県

【血液型】 AB型

【学歴】 明治学院大学法学部・中退

【所属】 ゼロ・ピクチュアズ

【デビュー】 1972年

 

奥田瑛二は俳優として芸能界デビューした後、
映画監督としても数多くの賞を獲得する活躍を見せている。

 

また画家としても有名であり、
妻はエッセイスト兼タレントの安藤和津、
娘は映画監督の安藤桃子と女優の安藤サクラである。

 

奥田瑛二と喜多嶋舞の関係とは?

奥田瑛二と喜多嶋舞の繋がりは、
実は喜多嶋舞のデビューまで遡る。

 

喜多嶋舞は1986年に芸能界デビューをしているが、
最初の仕事は富士写真フィルムのCMに起用されたのが始まり。

出典:駿河屋より

CMで共演した男性というのが、奥田瑛二である。

 

デビューしたての14歳という少女であった喜多嶋を
先輩としてリードして仕事をこなしていたのが、当時36歳の奥田瑛二であった。


その後、喜多嶋舞はアイドルとして活動するも、
その評価はあまり芳しくなく、アイドルから女優に転身してからは妖艶な雰囲気を出し
悪女的なイメージの役柄を多くこなす様になった。

 

親子ほど年齢が離れていた奥田瑛二と喜多嶋舞であるが、
実は交際していた時期があることが判明している。

 

それはかつて大沢樹生と喜多嶋舞の
息子の父親事件があった際に、完全に喜多嶋舞が弁護士に認めたのだ。

子どもの父親と噂されるが今のところ本人は否定。
喜多嶋と奥田は交際していた時期があり、大沢と喜多嶋が長男をめぐる話し合いをした場でもその名前が挙がったとしている。
喜多嶋舞が、泥酔して帰宅した時「奥田瑛二さんがね、『君が産んだ子は、俺の子じゃないのか』と言うの」と大沢に打ち明けた。
しかし、弁護士から「奥田さんの子なのですか?」と聞かれた喜多嶋は、「付き合っていた時期が(妊娠した時期と)違います」と答え、奥田との交際は認めた。

引用:Neverより

後に喜多嶋舞と大沢樹生の息子の父親として、
有力な人物として伏石泰宏であるという情報が発覚し、
奥田瑛二の疑惑は晴れたかの様に見えた。

 

だが、しかし・・・

 

奥田瑛二と喜多嶋舞の関係は未だに噂されている・・・

ところが現在も密かに奥田瑛二と
喜多嶋舞の関係はネット上などでは微妙に囁かれている節がある。

 

何故ならば、2017年に週刊新潮が
大沢・喜多嶋の息子の父親疑惑を取り上げた際に、喜多嶋舞が浮気をした相手として
奥田瑛二の名前を挙げていたからだ。

 

その内容は喜多嶋舞が大沢樹生と生活していた際、
泥酔して帰宅した時に大沢樹生に息子の父親として、
奥田瑛二の名前を挙げたことがあったからとしている。

 

これらを踏まえた上で一部のネット有志達も便乗して、
奥田瑛二が喜多嶋舞の当時の浮気相手であり、息子の本当の父親であると豪語している者もいる。

 

だが、あれから2年経ち、この疑惑も払拭されつつある。

 

あくまで過去に奥田瑛二と喜多嶋舞は親子ほどの年齢さがありながら、
交際していた事実は当人たちも認めているので、
これは信じるに値する情報である。

 

が、問題になった大沢喜多嶋の子供の父親が
奥田瑛二であるという情報は事実無根であるとしていいだろう。

 

むしろ既に喜多嶋舞の息子の本当の父親は、
芸能界を引退したモデル・伏石泰宏ということで、
半ば決着しているゴシップであると見ていい。

 

現在の喜多嶋舞は騒動後に芸能界を引退し、
海外へ渡って日本とは縁を切った生活をしている様子。

 

今も尚、奥田瑛二と
何らかしらの繋がりがあるとは到底、思えない。

 

おわりに

奥田瑛二と喜多嶋舞には男女関係があったということは明白。

 

しかし、それはお互いが若い頃のことであり、
大騒動となった喜多嶋舞と大沢樹生の息子問題とは何ら関係がない。

 

だが、奥田瑛二は別れているとはいえ、
昔の恋人であった喜多嶋舞を案じていたことが、そんなゴシップの中から
垣間見れたということで、その器の大きさが伺える人物だ。

 

現在はあくまで関係があったことは過去のこととして、
それぞれが別の道を歩んでおり、縁は断ち切れていると見て間違いはないだろう。

 

Sponsored Link