小倉優子の話題で現在の芸能界は持ちきりのようである。

 

そんな中、兼ねてよりアンチから言われ続けていた『小倉優子の性格悪すぎ』ということが、離婚原因に繋がっているのでは?と、いう疑念が持ち上がっている。

 

当然、人の性格などは、対峙する人間によって意見と評価が分かれるところだが、敢えてこの点に焦点を絞ってみよう。

 

Sponsored Link

小倉優子の性格悪すぎの理由

以前の小倉優子はおバカキャラでありながら、可愛らしい芸風でお茶の間を賑わせてきたアイドル。

 

だからこそ嫌われやすいし、ちょっとした問題発言ですぐに性格を疑われてしまうものだ。

 

しかし、実際に一部のアンチが小倉優子の性格悪すぎという点には、何か具体的な理由などがあるのだろうか?

 

様々な意見などを考慮して、まとめていくと三点に絞られると見ていいだろう。

 

1点はデビュー時期の際の小倉優子の雰囲気と芸風と現在。

2点目は一度目の離婚から再婚に至るまで

3点目は同じタレントへの嫌がらせが発覚したことなど。

 

細かく紐解いていこう。

 

小倉優子の性格悪すぎの理由の一つ

小倉優子はデビューしてからはマイナーなビデオ作品などに出ていた。

 

私もよく覚えているのだが、桜金造のオカルトビデオのワンコーナーで、スタッフとと供に肝試しにいくという内容で出演。


出典:桜金造の『真夜中のきもだめし』より

しかし、内容ではおバカキャラを前面に押し出して、全く空気の読めない挙動と言動を吐いていたのだ。

 

売れる為に注目される為に自らを前面に押し出すのはいいのだが、明らかに周りのスタッフや共演したアイドルが煙たがっていたのが思い出される。

 

その後、テレビなどに登場した際には出身地を『こりん星』からきたと豪語して、周囲を唖然とさせる形でインパクトを残してスター街道を驀進していった。

 

アイドルとしての峠が過ぎて、結婚し子供をもってからは、出身をこりん星から千葉県出身とあっさりと翻して、それまでのキャラからの逸脱をはかった。

 

人気テレビ番組である【しくじり先生】に出演した際、こりん星キャラを演じていた10年の苦悩を赤裸々に暴露していた小倉優子。

 

やっと辞めれた・・・』と安堵していた小倉優子であったが、その後、すぐに再び『こりん星』を押し出すかのような自身のキャラ作りを舞い戻る。

 

だが、人気深夜番組【月曜から夜ふかし】に登場した際には、『こりん星のことはきっぱり忘れて下さい。』という始末。

 

こうした矛盾や支離滅裂なところに関しては、一部の芸能関係者も呆れているということであり、『引き出しゼロで、それしか(こりん星)ネタがない。』と痛烈に揶揄されている。

 

結局のところ、こりん星アイドルという昔、植え付けたキャラに縋りついて芸能人しているという様に一部のアンチからは蔑まされているのだ。

 

この一点が性格悪すぎと言われたり、性格きついと言われている所以なのではないだろうか?

 

要するにすぐに自分の都合で掌返しをする人間を性格が良いと思う人は少ないだろう。

 

小倉優子の性格悪すぎの二つ目の理由

小倉優子は2016年にカリスマ美容師・菊地勲と離婚してから二人の子供を連れて、2018年に歯科医院を経営する医師・島弘光と再婚している。

 

菊地勲との離婚は彼の不倫が原因だったこともあり、小倉優子に多くの同情が集まったわけであるが、問題はその後だ。

 

忘れてはならないのは、小倉優子には二人の子供がいるということ。

 

離婚して1年後に島弘光と知り合い交際に発展し、半年後には再婚という形に持っていった。

 

小倉優子のファンは祝福したが、それ以外の芸能通などからは非常に辛辣な言葉が投げかけられた。

・「余計なお世話ですが、何か急ぐ理由でもあったのかな?」

・「子どもたちの気持ちは追いついてきているのか心配」

・「子連れ再婚なのだから、もっとじっくり時間をかけて子どもたちと信頼関係を築いてもよかった気がする」

・「6ヵ月って一番盛り上がっているときで冷静に相手を見られない時期だよね。さすがに早すぎるのでは」
引用:Business Journalより

更に言えば、小倉優子はお世辞にも当時は売れっ子タレントとは言えないレベルにまで落ち込んでいた。

 

経済的な面は自分一人ならば何とでもなるが、二人の子供を抱えるとなると不安要素が確実にあったはず。

 

更に長男の小学校入学を控えた時期に歯科医院を経営している島弘光と結婚したということなどから、作為的な結婚だったのではないのか?という見方をする者も多かった様子。

 

小倉優子のアンチなどはこれみよがしに、そういった矛盾点をネット上で嘯いた。

 

アンチからすれば、小倉優子が何をどうしても嫌味しか言えずに攻撃の対象としか見れないわけだが、こうしたことなども小倉優子の性格悪すぎの理由の一つになっているようだ。

 

また小倉優子は離婚危機報道に対して、謝罪している中でこんなことを述べている。

報道された内容には事実と異なることもありますが、夫を支える妻として私の至らない点がありました。
引用:Oricon Newsより

これは考えようによっては、やはり性格的な部分が別居の原因になっているということに他ならない。

 

小倉優子が性格悪すぎの三つ目の理由


小倉優子は自他ともに認める大食いアイドル・ギャル曽根とは無二の親友同士である。

 

しかし、かつてそんな親友同士であっても、喧嘩をしたということを告白している。

 

某日、小倉優子とギャル曽根は共通の友人を交えての三名で遊びに行く予定であったが、曽根が1時間30分の大遅刻をしたのだという。

 

その際、小倉優子は丸一日、ギャル曽根を無視しつづけていたという。

 

もう一人の友達とは普通に会話をしても、ギャル曽根が話しかけてもガン無視していたというのだから、驚きである。

 

この話はどうやら真実であり、これがネット上などに広まったことが、現在、取りだたされて小倉優子の・・・

 

『性格悪すぎ』

『性格きつい』

 

と、いう元になっているというのが本当のところである。

 

しかし、この逸話の小倉優子は確かにあまりにも子供じみており、聞かされているコチラ側としては首を傾げる態度をとっているのは否めない。

 

おわりに

小倉優子の性格について、取りだたされている『性格悪すぎ』や『性格きつい』に特化してまとめてみた。

 

実際に『こりん星』などは、あくまで何もない若手の頃の小倉優子が何としても自分自身を一般に認知させる為にとった方法である為、性格云々の話ではないようにも思える。

 

再婚や離婚にいたる経緯などは、女性という生物の特性上は打算で動くことはよくあることだ。

 

しかも子供二人も抱えているということで、やはり経済的強者を頼る傾向があるのは仕方がないのかも知れない。

 

個人的にはそういうタイプの女性は嫌いではあるが・・・。

 

ギャル曽根とのエピソードに関しては、言わずもがな。

 

遅刻はいけないことだが、楽しい時間を過ごす為に設けられた一日を嫌悪感満載なものにしたのは、器の小さい小倉優子が原因であり、これは性格悪すぎと言われても仕方がないと思える。

 

実際には性格というものは、良い悪いは都合のいい方便であり、相性が合うか合わないかに尽きると思うのだが、いかがだろう?

 

Sponsored Link