落合陽一の嫁の経歴と子供の障害は口唇口蓋裂!

落合陽一は情熱大陸に登場し、その凄まじい頭脳を披露するようだが、現在は嫁もおり、子供もいるパパでもある。

 

そんな落合陽一の嫁の経歴や子供の障害について、紐解いてみよう。

 

常識を破る続ける落合陽一の裏側が見えるかも知れない。

 

落合陽一の嫁について

落合陽一は2016年10月15日に一般人で1歳年上の女性と結婚している。

 

結婚式の後の嫁の画像は自身のツイッター上に公開しているが、非常に美しい女性であるといえる。

 

嫁との馴れ初めは落合陽一の講演会で知り合い、そのまま交際に至ったということであるそうだ。

 

落合陽一の嫁の経歴とは?

落合陽一の敷居の高い講演会に出席したことで、結婚にいたった嫁の経歴であるが、一般人である為に謎が多い。

 

しかし、推測出来ることは非常に高学歴であり、技術職であったことが容易に分かる。

 

ハイテクとアナログの融合で美しい作品を作り続けて、歯に着せぬ物言いで人気を呼んでいる落合陽一の良さを分かる女性は限られているからだ。

 

更に分かっていることといえば、プライベートで夫婦で出かける時には、車の運転は全て嫁が行っているのだという。

 

加えて婚姻届け出す際に、ミスがあったらしく、その修正も嫁が行ったと言うことで、堅実に嫁として落合陽一の活動を支えている女性であること分かる。

 

そんな落合陽一と嫁の間には子供が1人うまれたが、この子供が障害を持っているというのだ。

 

次はそれを見ていこう。

 

落合陽一と嫁の子供は障害(口唇口蓋裂)!

落合陽一と嫁との間に生まれた子供が障害もちであったということは、非常にショッキングな話ではある。

 

しかし、この障害は『口唇口蓋裂』というものであり、結論から言って将来は何の障害にもならない病気である。

 

『口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ)』は、先天性奇形の一種であり、日本の統計では約500人に1人の割合で発症する病気である。

 

症状は上あご、もしくは唇に裂けめが入ってしまうものであり、見た目には非常に痛々しいものである。

 

だが、幼い頃にすぐに発見できるものである為に、生後3~4ヶ月にすぐに縫合手術をすることによって、いずれは裂け目は無くなる。

 

縫合痕の傷跡が目立つようであれば、子供が育ってから傷跡を無くする手術も受けられるので、全く問題のない障害であるといえる。

 

落合陽一がツイッターで公開している子供の画像でも分かるように、口の上に治療のあとが分かる。

 

おそらくはもう少し子供が育ってから、傷跡が目立つようならば、それを綺麗にしていく処置が施されることだろう。

 

おわりに

落合陽一の嫁や子供について、明かされている情報をまとめてみた。

 

これまでに無い研究者として、話題になっている落合陽一であり、今後もますます注目されていくが、いずれは本人から更に詳しい嫁や子供の状況が発信されていく予感がする。

 

自分のことを積極的に発信していくタイプは、自分の愛する嫁や子供のことなども知られたいと感じて、黙っておけないところがあるからだ。

 

基本的には嫁も子供も一般人であるので、知っていても・・・とは感じるが、それはそれとして。

 

>2017年約3000万PVマークした当サイト

2017年約3000万PVマークした当サイト

2021年現在はGの呪縛から逃れて気楽に運営中。
随時、ライターを募集しております。

CTR IMG