小松菜奈と菅田将暉は
以前から『お似合い』であるという噂があった。

 

ファンなどもどこかそれを期待している様に、
ネット上で煽っていたのだが、それが現実のものになっていたと言える。

 

小松菜奈と菅田将暉の馴れ初めを見ていくとともに、
結婚の可能性も充分にあるある情報についても触れていこう。

 

Sponsored Link

小松菜奈と菅田将暉は以前から『お似合い』と好評!


以前からドラマで多数共演していた
小松菜奈と菅田将暉だが、一早く芸能通やファンが
ただならぬ雰囲気をテレビ越しなどから感じ取っていた。

 

ツイッターでも
菅田将暉と小松菜奈はお似合い』というユーザーの意見を探すのは容易なことである。

 

その位、以前から二人の距離感や雰囲気には違和感がない。

 

今回の熱愛発覚報道などは、
どこか『やっぱりな・・・』と、いうぐらいだろう。

 

小松菜奈と菅田将暉の馴れ初めが2016年の映画


小松菜奈と菅田将暉が
初共演したのが2016年の映画【ディストラクション・ベイビーズ】

 

菅田将暉は凶暴で問題ばかりを起こす
高校生・裕也を演じて、ひょんなことから知り合ったキャバクラ嬢那奈を演じたのが、小松菜奈。

 

映画上では菅田将暉が小松菜奈に
暴力を奮うという過激なシーンもあったのだが、それは映画の初日の舞台挨拶で小松の方から炸裂する。

 

菅田さんのことが嫌いでした。現場で。今だから言えること。』といい続けた。

 

役というのもあって、ただただ暴力を振るわれて…。(菅田将暉演じる)裕也も嫌いになって、菅田さんまで嫌いになっちゃった。

 

と笑みをこぼしながら明かす小松に対して、菅田は慌てながらも返す。

 

じゃあ笑顔で話せるようになって、良かったね。』という。

 

すると、小松は満面の笑みを浮かべて『よかったです!』と返した。

 

このやり取りの時点で
ピーンと来る人も多かったかも知れないが、既にいい雰囲気である。

 

結果論だが、間違いなくこの初共演が馴れ初めであったと断言してもいいだろう。

 

小松菜奈と菅田将暉の共演映画のまとめ


良い雰囲気で終わった【ディストラクション・ベイビーズ】から
半年後にまたもや共演と相成った小松と菅田。

 

それが映画【溺れるナイフ】である。

 

小松菜奈は望月夏芽という少女となり、
菅田将暉は後に夏芽の恋人となる長谷川航一朗役を演じる。

 

この映画では甘いキスシーンを演じたことも話題になり、
更にファンの間では小松と菅田のお似合いぶりが
強烈に焼き付けられた一本といっていいものだ。

 

実はこの映画は撮影が17日間という
超過密スケジュールの中で行われていたそうだが、
小松菜奈は『一年くらいに感じた』と後にこぼしている。

 

かたや菅田将暉も『一生忘れないと思う。』と、
どこか意味深な心境を打ち明けていたのだ。

 

もしかしたら、お互いが
仕事仲間ではなく異性を意識しだした切欠だったかもしれない。

そして小松、菅田にとって決定的となった共演映画が『糸』である。

 

三度目の共演であり、小松菜奈と

菅田将暉は時の流れと時代の運命に翻弄される男と女の役を演じる。

 

この映画の撮影中に、菅田の方から
小松に猛アタックをしたということが明らかになっている。

 

実は小松の方も菅田のことを役者として
リスペクトしていたということもあり、菅田の猛アタックを受けて
友人だった間柄から交際に踏み切る決意をしたようである。

 

小松菜奈と菅田将暉の結婚の可能性


結婚を実は示唆しているのは、菅田将暉の方であるとされている。

 

『結婚したい』と周囲の関係者たちに打ち明けているという情報が
既に出回っている為、周りもそれを応援する形で動くことになるからだ。

 

小松菜奈の方はどういう心境なのかは分からないが、
結婚を意識していないわけでもなかろう。

 

ファンや周りも『お似合い』であると認めて憚らない以上は、
おそらくは早ければ年内にゴールインすることもあるかも知れない。

 

長い時間友人同士であった男女が、
恋人同士となったならば結婚までは割と早いというケースは多いし。

 

今後の動向に注目したいところだ。

 

Sponsored Link