木下レオンは現在、ネット上で注目を浴びている占い師であり、近年では芸能人御用達として認知されてきている。

 

そんな木下レオンであるが、ネット上には『当たらない』という言葉も、しばしば見える。

 

こうしたサービスは判断に困ることが多々あるわけだが、そんな時は口コミなどが非常に参考になる場合がある。

 

今回は木下レオンの占いに関しての口コミや『当たらない』という真意について、まとめていきましょう。

 

Sponsored Link

木下レオンについて

出典:Amebaより

木下レオンの本名は木下直導(きのしたなおみち)といい、1975年8月12日に福岡県で生まれている。

 

木下レオンは占い師を代々、生業とする家系に育ち、幼少期の頃から易術や占星術などの英才教育を受けていたそうだ。

 

しかし、成人してからはすぐに占い師となったわけではなく、13年間、サラリーマン家業をしつつ、あくまで幼少期にみにつけた占いの力は自分の為に使っていたという。

 

占いなどを駆使して、時期を図った上で脱サラしたのが30歳の頃。

 

飲食店を開業させて、来客した人間を無料で占いをしてあげることによって、顧客を増やすことの成功。

 

その後、13年間に渡って、無料で占いをしてくれる居酒屋として注目を集めて、大盛況を博したという。

 

その成功とは別に木下レオンは真言宗にて修行をする身でもあるというから、変わり種の男でもある。

 

現在は福岡県で起業した居酒屋では占いは行っていないが、インターネット上では占い相談もしつつ、会社経営をしてブランディングを行っている様子。

 

ちなみに芸能人も御用達という木下レオンの占いサービス。

 

ロンドンブーツの田村淳、藤田二コル、橋本まなみ、川田裕美、熊切あさ美、スザンヌなど、他を挙げればキリがない。

 

芸能人たちの繋がりで、よく当たる占いをする人物として、どうやら木下レオンは評判であるようだ。

 

木下レオンは当たらない・・・との反応も?

木下レオンの名前でインターネット検索をかけてみると、『当たらない』というキーワードが目につく。

 

そもそも占いなどというものは、当たる当たらないというよりは、易術や占星術などで導き出した人生の傾向を判断して、生きる指針や基準を図る為のものである。

 

あくまで当たる当たらないというのは、実はナンセンスなのだ。

 

だが、そういった知識のない一般人たちの多数は、占いというと『当たる』『当たらない』で考えてしまうわけだ。

 

木下レオンに興味をもった人間たちが、そういった安易な考えで『当たらない』という検索をかけていると思われる。

 

実際に木下レオンの診断が当たる、当たらないではなく、それを踏まえた上で相談やサービスを利用した顧客や『役に立ったか?』というのが重要なのである。

 

しかし、中には占い師などの影響によって、かえって人生に不幸が起きるようになったとか、場合によっては洗脳されて多額のお金をだまし取られたという芸能人のケースもあるのも事実だ。

 

こういう判断をする場合には、過去に特定の人物が提供する占いを利用した人間の声を聞くのが一番良い。

 

それが口コミというやつで、こちらもインターネットで割と比較的に情報を入手することは可能なのだ。

 

木下レオンの口コミなどを列挙

芸能人たちの間では、非常に評価が高いとされており、メディアにも取り上げられている木下レオン。

 

木下レオンは現在、YouTubeや、スマホアプリや電話を使った占い相談などを手掛けている。

 

そんな中、木下レオンの口コミが少ないことで、興味はあるんだが利用を踏みとどまっているユーザーも少なくないようだ。

 

口コミが少ない=利用者が少ないという証拠なので、木下レオンは薦められないという占いサービスをよく利用している人間が掲示板などに発言している。

 

だが、これもあくまで個人の解釈と判断に委ねられていること。

 

占い専門サイト・ウラッテには木下レオンに対する口コミが列挙されている。

25歳女性

私が思っていることをずばり当てられて驚きました。はじめて占いのちからを本当にすごいなぁと思いました。また困ったら相談しようと思います。

32歳女性

いろいろな占いを体験しましたが、木下レオン先生はひとあじ違うなと思いました。さすが芸能人の占いをしてるだけあって醸し出すオーラなどもほかの占い師さんとは比べものになりません。

22歳女性

アプリをやってみましたが、恐ろしいくらいに当たります。アプリでこのクオリティなら対面鑑定だったらもっとすごいんだろうなぁと思ってしまいます。機会があったら、対面鑑定もやってみたいです。

と、少なからず利用した顧客などの満足度は高いようである。

 

当然、評価があってこその成功があるわけなので、木下レオンの占いによって救われたり役に立ったという人間がいるのは当然だ。

 

この口コミサイトがどれだけ信じるに値するのかは、定かではないにしろ、広く抽象度を高くして情報を読み解いていくといいのかも知れない。

 

これは余談であるが、口コミが多いから利用客も多い=信用出来ると錯覚してはいけない。

 

口コミが多いというのは、サクラを雇っている場合もあったり、インターネットマーケティングの手法を悪用しているだけの詐欺業者や下世話なコンサルタントなども多い。

 

実際に本当に人の役に立ち、良心的なサービスや相談をしてくれる人間というのは、一人一人の顧客の為を考えているので、必然的に目立たないはずである。

 

だが、どうも悪質な占い師や霊能者、詐欺などにひっかかる人間は、目立っている者に弱いという傾向がある。

 

木下レオンはそれなりに知名度もあり、口コミも少ない反面、多くの芸能人の間で有名であるので、全く信ずるに値しないというタイプではない様にも思える。

 

興味を持った人間の為に、無料電話占いというものも提供しているので、他人を頼ることなく、実際に利用してみるのがいいだろう。

 

おわりに

木下レオンの占いが『当たらない』という言葉の裏側にあるものや、口コミなどを考察してみた。

 

占いというのは、割と一定のニーズがあるわけだが、ハッキリ言って未来のことなどは誰にも分からない。

 

当たる、当たらないではなく、傾向と対策を事前にうちたてて、人生を幸せにするために行動していく。

 

占いなんてものは、その基準でしかないわけである。

 

なので、そこに過剰に期待したり、ハマってしまうと、非常に危険な場合もあるということは理解した上で、遊び感覚で考えていた方がいい。

 

ちなみに筆者は全く占いなどは必要ではないと考えているタイプの人間だが、こうしたものはゲーム感覚でやってみると楽しいものだ。

 

信じるか信じないかではない、当たる、当たらないではない。

 

何かの一つの自分の中での基準をはかったり、作るためのツールが占いというものから出る答えなのだ。

 

Sponsored Link