羽田美智子の旦那は? 子供を捨てたというデマとは何なのか?

羽田美智子はベテラン女優として、現在も活躍中の芸能人。

 

旦那との間に子供を敢えて作らずに、2人でストレスの無い芸能生活を送っている。

 

ここでは羽田美智子の旦那と子供にまつわるエピソードを紐解いてみよう。

 

羽田美智子について

出典:Twitterより

【名前】 羽田美智子(はだみちこ)

【本名】 広部美智子(ひろべみちこ)

【生年月日】 1968年9月24日

【星座】 てんびん座

【年齢】 48歳

【出身地】 茨城県常総市

【血液型】 A型

【学歴】 帝京女子短期大学

【所属】 レプロエンタテイメント

【デビュー】 1988年

 

羽田美智子は1988年に株式会社日本旅行のキャンペーンガールに選ばれたことから芸能界デビュー。

 

その後、映画監督・奥山和由に評価されて、大ヒット映画【RAMPO】のヒロインに抜擢されてブレイク。

 

奥山和由が率いる【チームオクヤマ】の一員となり、事実上、松竹専属の映画女優として活躍していた。

 

が、奥山和由が松竹側と対立し失脚した為に、羽田美智子も松竹専属を解除されたことで、映画からは退いてテレビに活動の場所を移す。

 

2011年にカメラマンの広部俊明と入籍し、現在もテレビドラマやバラエティ番組に出演している。

 

羽田美智子の旦那は広部俊明

出典:Alwaysnewstrendより

羽田美智子の旦那である広部俊明は水中カメラマン兼音楽家として活動している有名人。

 

2001年頃、番組の企画で羽田美智子と知り合ってから、友人関係となった。

 

2009年頃から羽田美智子と交際しており、2011年5月5日に入籍を済ませた。

 

元々は音楽少年であり、学生時代からロックバンドなどを組んで音楽に勤しんでいたが、沖縄の綺麗な海に魅せられたことから水中カメラマンとしての活動をするようになる。

 

現在は音楽家というよりも、水中カメラマンとしての活躍の方が際立っている。

 

羽田美智子の旦那はチェッカーズってホント?

羽田美智子の旦那・広部俊明はかつて第2のチェッカーズとも言われた【夢工場】のボーカルを担っていた。

 

夢工場はフジサンケイグループのイベントから派生したバンドであり、番組が単発のものであり現在は終了していても、バンドは存続。

 

かつてはフジテレビ側から他の番組やイベントなどへの出演制限がかけられていたが、TBSやテレビ朝日の歌番組にも登場。

 

現在も尚、頻繁ではないにしろ、夢工場でのライブを行っている。

 

ちなみに広部俊明がチェッカーズの一員だったと誤解する方々もおられるようだが、実際には夢工場が第2のチェッカーズと言われていただけのこと。

 

羽田美智子の旦那はクレイジーな水中探検家!

水中カメラマンである広部俊明はプロフィールなどでは、水中探検家とも称している。

 

素人目に見ても、水中での撮影は大きな危険が伴い、場合によっては命を落とすことさえあるのは、誰でも分かることだ。

 

そんな命知らずの冒険家や探検家を取材し公開する番組【クレイジージャーニー】に登場したことから、広部俊明はクレイジーと称されることにもなった。

 

確かに普通の常識しか持ち合わせていない一般人からみれば、探検家のやることのほぼ全てがクレイジーと感じてしまうだろう。

 

羽田美智子に子供はいない

羽田美智子と旦那の広部俊明との間には、子どもはいない。

 

元々、入籍を済ませた時はデキ婚などの切欠があったわけではなく、純粋に恋愛感情から結婚を決めたそうだ。

 

更に結婚当時は羽田美智子も42歳という高齢であった為に、子供が欲しいという気持ちは無かっただろう。

 

子供がいない夫婦は亀裂が生じやすいという考えも多いようだが、だからといって子供がいても離婚する夫婦も多い。

 

それは現在の2人の活動内容を見ていれば、非常に充実した幸せな生活を送れていることが容易に分かるだろう。

 

羽田美智子が子供を捨てたというデマが・・・

一つ気になる噂としては羽田美智子が過去に子供を捨てたということがある。

 

当然、これはデマ以外の何物でもなく、羽田美智子は今まで旦那の広部俊明以外に結婚したことはない。

 

更には隠し子などがいたという事実もないわけであり、もしもそんな過去があるならば、これだけのベテラン女優である。

 

とっくに週刊文春や週刊新潮などにネタとして抑えられているだろう。

 

それが無いというのは、そんな事実は無いということだ。

 

おわりに

羽田美智子と旦那のクレイジー(笑)と称される広部俊明や子供のデマなどについて、じっくりと紐解いてみた。

 

夢工場という第2のチェッカーズと言われたバンドは非常に懐かしく感じるムードがあり、どこか少年時代を思い起こさせてくれる。

 

最近はあまり活動がないのも、残念なところだが・・・。

 

>2017年約3000万PVマークした当サイト

2017年約3000万PVマークした当サイト

2021年現在はGの呪縛から逃れて気楽に運営中。
随時、ライターを募集しております。

CTR IMG